ゼロカロリーはダイエットに本当に効くかどうか?

ゼロカロリーのものを食べればダイエットに繋がる。
ダイエットをする上でカロリーは大切な指標ですが、本当にゼロカロリーがダイエットに効果があるのか気になるところ。

 

 

・ゼロカロリーならたくさん食べても太らないの?
・そもそもゼロカロリーのカロリーは本当にゼロ?
・ゼロカロリー食品を使ったダイエットは脂肪肝を改善させる?

 

このページでは、脂肪肝などの生活習慣病を予防する上で、ダイエットが必要な方に本当に効果的かどうか?
ゼロカロリーとダイエットの有効性について検証していきます。

 

 

カロリーとはなにか?

カロリーとは、人が食物を食べる熱量を表します。また、私たちが代謝で消費する熱量のことを言います。
 
ダイエットを行う上でカロリーは大切な数値ですが、摂取したカロリーと同等の代謝カロリーが最もバランスの良い状態だと言えます。
次に糖類ゼロ、糖分ゼロについて詳しくみていきましょう。

 

糖類とは、糖質とは

糖類とは

・ブドウ糖
⇒飲料水の甘味料として使用されている
・果糖
⇒くだものなどに多く含まれる
・砂糖
⇒サトウキビなどを原材料に作られる甘味料の一つ
・乳糖
⇒乳製品が元になっている糖分

 

これらの総称です。

 

糖質とは

糖質とは、糖類で紹介したものを全て含み、さらに

 

・オリゴ糖
・糖アルコール
・でんぷん

 

などを含む、糖類の上位概念的なものになります。

 

 

糖類・糖質ゼロの本当の意味

糖類ゼロとは

糖類ゼロとは、先に挙げた糖類(ブドウ糖・果糖・砂糖・乳糖)を100mg中5g以下含有しているという意味になります。
つまり、使っていない・含まれていないわけではありません。

 

糖質ゼロとは

糖質ゼロとは、先に挙げた糖類と糖質に分類されるでんぷんなどを100ml中0.5g内含しているという意味になります。こちらもゼロとうたっていますが、数値的にはゼロではありません。

 

糖類ゼロと糖質ゼロの2択の場合、糖質ゼロのほうが上位概念になり、より多く制限しているのでおすすめです。

 

 

ゼロカロリー表示のからくり

「栄養表示基準」の解説

 

栄養表示基準とは、成分と成分量の含有量を一目でわかるよう数値化したものです。
 
スーパーやコンビニに並ぶたくさんの食品には、必ず栄養表示基準が明記されています。
栄養表示基準を把握することは、ダイエットを成功させる秘訣と言えるでしょう。

 

ゼロカロリーとカロリーオフの違い

ゼロカロリーとカロリーオフとは、栄養表示基準における強調表示のひとつです。

 

「カロリーが少ない」「含んでいない」などの表記は、栄養表示基準法が定める基準値以下でなければ表記ができません。

 

ダイエットをする上で気になるカロリーですが、次に

 

・ゼロカロリー
・カロリーオフ

 

この2つがどのように違うのか詳しく見ていきましょう。

 

ゼロカロリーとは

ゼロカロリーとは、100mlに対して5kcal未満の食品を表します。ノンカロリー、カロリーゼロといった表記もあります。

 

カロリーオフとは

カロリーオフとは、100mlに対して20kcal未満の食品を表します。カロリー控えめ、ローカロリー、低カロリーといった表記もあります。

 

このように、ゼロカロリーとカロリーオフを見ると、ゼロカロリー商品を選択する方がダイエットには有効と考えられます。

 

 

ゼロカロリーが太らせてしまう要因

カロリーオフした分食べてしまう

ゼロカロリーはダイエットに本当に有効なのでしょうか?
意外な落とし穴ですが、ゼロカロリーダイエットは、カロリーオフした分、心理的に食べ過ぎてしまう傾向にあります。
具体的にカロリー計算をしているなら別ですが、大雑把に「カロリーを抑えたから食べても大丈夫だろう」という発想になりかねないので注意が必要です。

 

 

ゼロカロリーでダイエットに成功した例が少ない

ゼロカロリーの食事だけを行えばダイエットに成功するかどうか?答えはノーです。あくまでもカロリーが低い食べ物・飲み物の代表品であり、ダイエットの中核を担うのは、正しい「食生活と運動」です。
あくまでも補助的なものとして捉え、生活全般を正すという意味でも、生活習慣改善の視点から取り組みましょう。

 

また、ダイエットで成功する秘訣は、長続きさせることです。ゼロカロリーやカロリーオフの表示は、あくまで食品を選ぶ際の目安とすること。
栄養を考えたバランスの良い食事や健康な食生活を定着させることが、脂肪肝改善への近道になります。

 

 

脂肪肝改善の為に行いたいダイエット

 

脂肪肝改善のためにダイエットを行う場合、最も大事なことは栄養バランスを考えた食事と適度な有酸素運動です

 

ダイエットに良いからと言って、カロリーゼロの食品を大量に食べたり、糖質ゼロの飲み物をたくさん飲んでしまっては本末転倒。闇雲にゼロカロリーを意識するのではなく、適度な運動バランスの良い食事を行って脂肪肝を改善して生きましょう。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

牡蠣は肝臓に良い食べ物だと聞きましたが、どんな効果があるの?
牡蠣が肝臓の健康に効果バツグンらしい!とは聞いたものの、どんなふうに効果があるのか知りたいあなたのための情報をまとめています。
青汁が脂肪肝の予防と改善に効果があると聞きましたが、それはなぜですか?
青汁が肝臓の健康維持、特に脂肪肝の予防に効果ありって知っていましたか?飲むとどんな良いことがあるのか、今だからこそオススメしたい青汁についてまとめました!
コーヒーが肝臓病や生活習慣病の予防に良い?本当だったら嬉しいです
コーヒーって実は肝臓病の予防に効果があるって知っていましたか!?健康には悪い飲み物と言われてきたコーヒー…実は違うんです!
核酸は肝臓の健康に効果があるんですか?核酸ってそもそもなんですか…?
核酸って何!?という基本的な疑問から、肝臓への健康効果や体への働きについてまとめています。今日からあなたも核酸のパワーについて意識してみましょう!
梅や梅干しが肝臓の機能アップに効果的と聞きましたが、本当ですか?
梅や梅干しは実は肝臓に効く食べ物だった!どうして効くの?どんなふうに効くの?梅と肝臓のおいしい関係についてまとめています。
レバーは肝臓に効果あり!よく聞きます。本当のところはどうなんでしょう?
レバーが肝臓に効果があるなら嬉しい限りです。レバーは好きなほうなんです!でもどうして効果があるんですか?あと、肝臓以外にも嬉しい効果は何かありますか?教えてください。
機能性表示食品て何?トクホとどう違うんでしょうか?
健康食品の新たな基準である「機能性表示食品」。平成27年から始まったこの新しい制度についてまとめています。健康食品表示の違い、わかりますか?
肝臓に良いにんにくの効能について
にんにくが肝臓に良いとされる効果・効能について詳しく紹介しています
ヨーグルトは脂肪肝に効果的?ヨーグルトの成分に注目しました。
ヨーグルトは脂肪肝に効果があるのかをヨーグルトの成分を調べ確認してみました。実はダイエット効果や脂肪分解効果が豊富!どのように脂肪肝に働きかけるのか、必見です。