にんにくは肝臓に効果あり!効果・効能について

 

にんにくは、昔から肝臓に良いと重宝されてきた食材のひとつです。このページではにんにくが肝臓にどのような効果があるか?肝臓への働きを含めて詳しく紹介しています。

 

・健康診断で肝臓の機能が低下していると言われてしまった。
・肝臓の状態が気になって、食事もお酒も楽しめない
・肝臓のことが気になるけど、特に何もやっていない・・・

 

など、日々葛藤を抱えながら生きていくのはシンドイですよね・・・
このページでは、脂肪肝を含め肝臓に良いとされるにんにくの効果について詳しく解説しています。にんにくは、肝機能を強化してくれたり、肝臓障害を予防する効果があります。

 

それでは、にんにくの成分や肝臓への働きについてみていきましょう。

 

 

にんにくの効果

にんにくが肝臓にもたらす効果には3つあります。にんにくに含まれる栄養素が肝臓の働きにどのように効果的なのか具体的にみていきましょう。

 

糖質の代謝促進について

にんにくには、食べ過ぎ、飲み過ぎによって増えた糖質・脂質の代謝を促す作用があります。にんにくに含まれるアリシンが肝臓内の消化吸収を助け、肝臓の代謝不足を補う効果があり、肝臓の負担を軽減させることが出来ます。

 

疲労回復効果について

にんにくに含まれるアリシンやスコルジニンが体内のビタミンB1の吸収率を上げ、疲労回復に効果があります。ビタミンB1を含む食材とにんにくを食べ合わせることでより効果的な作用が期待できます。

 

抗菌・殺菌作用について

にんにくに含まれるアリシンには、強い殺菌効果があります。様々な病気に対する抗菌作用が高く、最近では胃潰瘍の原因とされるピロリ菌にも有効と検証結果も出ています。

 

また、体の中だけではなく皮膚にも強く、水虫やダニなどの害虫にも効果が高いことがわかっています。

 

にんにくはこんな症状に

にんにくは、どんな人が食べるとより効果的なのでしょうか?

 

・普段食べ過ぎ・飲み過ぎで肝臓に負担がかかっている方
・疲れがたまりやすい方
・体の中から若返りたい方

 

にんにくは、栄養豊富で肝機能改善に一役買ってくれる最高の食材です。毎日どのように摂取するとより効果が高まるのか具体的に見ていきましょう。

 

 

にんにくの効果的な食べ合わせ

このように、にんにくが肝臓に良いとされる理由を具体的にみていきましたが、栄養素を逃さないためには食べ合わせも重要です。ここでは、にんにくと食べると効果的な食べ物について紹介しています。

 

今日からすぐに実践できる簡単レシピも参考にしてみてください。

 

ビタミンB1が豊富な肝臓に良い食べ物

にんにく+豚肉で疲労回復に効果的!

豚肉に含まれるビタミンB1は、にんにくのアリシンと結びつくことで代謝を促し、活性酸素を除去してくれます。また、アリシンにはタンパク質の分解消化を助ける効果もあるので、豚肉は最強の食べ合わせです。活性酸素が除去されることで疲労回復に効果的ですね。

 

にら、ねぎ、玉ねぎと合わせるとスタミナ増強UP!

にんにくのニオイの元、アリシンをしっかり含む食材としてにら、ねぎ、玉ねぎなどが挙げられます。このアリシンは水に溶けにくい性質を持つので、にんにくと一緒にスライスして様々な料理に活用すると便利ですね。

 

にんにくは擦り下ろして食べるのがgood!

にんにくは磨りおろすことで繊維を壊し、アリシンが生成されやすくなります。生で食べることでアリシンを直接摂ることができるので滋養強壮効果も高くなります。

 

お腹が弱い人はにんにくを加熱すると食べやすくなる!

ニンニクは強い抗菌・抗酸化作用がある反面、消化しづらい面もあります。胃や腸への刺激も強いので、胃が弱く、下痢しやすい方はにんにくを加熱すると食べやすくなりますよ!

 

 

肝臓の働きアップ!にんにくプラスαで食べたい簡単レシピ

【豚ニラ玉】

中華の定番豚ニラ玉ですが、にんにくとの相性が最高のオススメレシピです。
豚肉のビタミンB1が疲労回復を助け、卵黄に含まれるセレンには血液サラサラ効果があります。

 

この2つの成分を一緒に摂ることで抗酸化作用が高まるので、アンチエイジングにも最適ですね。

 

【アジの南蛮漬け】

 

イワシやアジなど青魚に含まれるDHA、EPAは血液をサラサラにする成分が高く、中性脂肪を排出し、コレステロール値を低くするので脂肪肝に効果的です。青魚は毎日積極的に摂りたいタンパク質のひとつですね。

 

にんにくの臭みや魚の骨が気になる方は南蛮漬けで食べると美味しくいただけますよ!

 

 

にんにくを食べるときに気をつけたい注意点

にんにくは肝臓の働きに効果があるので毎日食べたいものですが、一日にどれくらい食べると良いか知っていますか?肝臓の働きに良いからといってたくさん食べては害をもたらすこともあります。

 

ここでは、にんにくを食べるときに気をつけたい注意点について紹介しています。

 

にんにくの一日に摂取する量は?

にんにくの一日に摂取する適量は、

 

・生(擦り下ろした)場合は1片
・加熱した場合、2〜3片

 

肝臓に良いからといってたくさん食べるのではなく、毎日少しずつにんにくを摂取することで効果を実感できそうですね。

 

にんにくの副作用

にんにくを食べ過ぎるとどのような副作用があるのでしょうか?

 

・お腹が痛くなる
・下痢をする
・息が臭くなる
・血が止まらなくなる
・めまいがする

 

強い抗菌作用がある反面、胃や腸への刺激も強いです。お腹が弱い人は加熱するなど食べるときに工夫しましょう。

 

また、にんにくの血液サラサラ成分が、ワーファリンなどの血液凝固剤を服用されている方や血液凝固障害がある方には危険ですので注意が必要です。

 

 

まとめ

 

にんにくは、疲労回復や肝機能改善など肝臓の働きに直接アプローチしてくれるお助け食材です。にんにくは栄養も豊富で安価なので手軽に摂取できる反面、食べ過ぎなど副作用にも気をつけてください。

 

にんにくは、肝臓の働きを改善し脂肪肝や生活習慣病にも効果が高いので、あなたの健康を助けてくれます。新しい生活をにんにくと共に始めてみてはいかがでしょうか。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

牡蠣は肝臓に良い食べ物だと聞きましたが、どんな効果があるの?
牡蠣が肝臓の健康に効果バツグンらしい!とは聞いたものの、どんなふうに効果があるのか知りたいあなたのための情報をまとめています。
青汁が脂肪肝の予防と改善に効果があると聞きましたが、それはなぜですか?
青汁が肝臓の健康維持、特に脂肪肝の予防に効果ありって知っていましたか?飲むとどんな良いことがあるのか、今だからこそオススメしたい青汁についてまとめました!
コーヒーが肝臓病や生活習慣病の予防に良い?本当だったら嬉しいです
コーヒーって実は肝臓病の予防に効果があるって知っていましたか!?健康には悪い飲み物と言われてきたコーヒー…実は違うんです!
核酸は肝臓の健康に効果があるんですか?核酸ってそもそもなんですか…?
核酸って何!?という基本的な疑問から、肝臓への健康効果や体への働きについてまとめています。今日からあなたも核酸のパワーについて意識してみましょう!
梅や梅干しが肝臓の機能アップに効果的と聞きましたが、本当ですか?
梅や梅干しは実は肝臓に効く食べ物だった!どうして効くの?どんなふうに効くの?梅と肝臓のおいしい関係についてまとめています。
レバーは肝臓に効果あり!よく聞きます。本当のところはどうなんでしょう?
レバーが肝臓に効果があるなら嬉しい限りです。レバーは好きなほうなんです!でもどうして効果があるんですか?あと、肝臓以外にも嬉しい効果は何かありますか?教えてください。
機能性表示食品て何?トクホとどう違うんでしょうか?
健康食品の新たな基準である「機能性表示食品」。平成27年から始まったこの新しい制度についてまとめています。健康食品表示の違い、わかりますか?
ヨーグルトは脂肪肝に効果的?ヨーグルトの成分に注目しました。
ヨーグルトは脂肪肝に効果があるのかをヨーグルトの成分を調べ確認してみました。実はダイエット効果や脂肪分解効果が豊富!どのように脂肪肝に働きかけるのか、必見です。
ゼロカロリーはダイエットに有効?
ゼロカロリーはダイエットに有効かどうか検証しています。