え?自分からアンモニア臭が…それは体の疲れのあらわれ

なんだか最近体臭が気になる…そんなとき、原因はなんだと考えますか?

 

加齢による加齢臭、雑菌の繁殖による臭い、さまざまな原因が考えられますが、そのなかの一つに体の疲労も関係しているのです。

 

 

アンモニア臭は別名、疲労臭とも呼ばれており、汗の臭いが尿のようなアンモニア臭さを帯びるようになります。

 

 

今回はこのような、デリケートな問題になりかねない、アンモニア臭についての情報を解説します。

アンモニア臭の原因について

先述したとおり、アンモニア臭は疲労臭とも呼ばれ、自分だけではなく周りにも迷惑がかかる原因になってしまう、難しい問題です。

 

においの問題は様々にありますが、予防や改善できるものはなるべく対策したほうがよいのは事実。
では早速アンモニア臭の原因を探っていきましょう。

 

肝臓の機能低下が原因?

肝臓は毒素であるアンモニアを分解し、最終的に無害な尿素にして体外に排出する働きを持っています。

 

ところが、肝臓が疲弊して能力が低下すると、アンモニアを尿素に変換する「アンモニア代謝」のサイクルが滞るために、体内にアンモニアの状態で残って臭いを発生させる原因になるのです。

 

日々の飲酒や偏った食事など、肝臓に負担をかけやすい生活をしている人は特に注意が必要です。

 

アンモニア臭対策は体の中からおこなうことが必要

スプレーやクリームなど肌に塗布して匂いを防ぐ製品は、汗と雑菌が反応して発生する臭いには効果がありますがアンモニア臭の解決には向いていません

 

一時的に臭いを抑えることはできても、根本の原因を解決するには体の内側から改善することが必要です。

アンモニアによる臭い以外の症状

アンモニア臭が外に漏れているということは、体内のアンモニアが分解されずにたまっていることをあらわしています。

 

ぼーっとする、眠気がおさまらない

これらの症状の原因にもアンモニアが関わっていることがあります。

 

体内にたまったアンモニアが血液を巡りながら脳にたまり、それによって脳の働きが低下することで引き起こされるとされています。

 

これはアンモニアによる脳疲労と言われ、たまったアンモニアに対応するため、脳が自らの機能を制限することが大きな原因です。

 

 

つまり、アンモニアから自らを守るために脳がゆっくり稼働している状態となり、やる気や集中力の低下、過度な眠気、ぼーっとした状態の継続、また逆にイライラと怒りっぽくなるなどの症状があらわれます。

 

使い過ぎやストレスなどで脳は疲れをためていきますが、アンモニアがとどまることでさらに疲労感が蓄積すると、さまざまな脳の病気リスクを高める原因となります。

アンモニア臭を食事で改善・対策する場合のコツ

アンモニア臭の原因となる避けたい食べ物

 

ポテトチップス

子供から大人までおやつとして好まれるポテトチップスですが、脂質が多いことがアンモニア臭の原因となることがあります。

 

子供がなんだか汗臭い…という場合、おやつが原因となっているケースは少なくありません。

 

過剰な脂質は皮脂となって毛穴から排出されるサイクルを見せますが、皮脂となる脂質の量が多すぎると今度は毛穴を塞いでしまい、酸化を起こして臭いの素を発生させます。

 

ポテトチップスに限らず、脂質の多いジャンクフードやスナックなどの食べ過ぎには注意しましょう。

 

赤みの多い肉

肉には豊富なタンパク質が含まれ、これは私たちの体を構成するのに大いに役立ちますが、過剰に摂取するとアンモニアを生み出す原因になります。

 

体内に摂り込まれたタンパク質はアミノ酸へと変化して体に吸収されるのですが、過剰なアミノ酸の一部は代謝されずにアンモニアに変化してしまうことがあるのです。

 

臭いの予防のためにタンパク質を摂らない!という極端な方法はとても危険なので、一緒に食べることで体臭を予防できる食材を活用しましょう。

 

天然のポリフェノールを含み、臭いを防ぐ効果のあるりんごは食物繊維も豊富で、便秘によって腸内に便が残るのも防いでくれるので、体内のアンモニア臭の原因をスッキリさせる効果があります。

 

アルコール

アルコールが分解される過程で生み出されるアセトアルデヒドも臭いの原因となります。

 

アセトアルデヒドが血液を巡って汗腺にとどき、そこから汗と一緒に外に出ることで臭いも一緒に出てしまうのです。

 

アルコールによるアンモニア臭の予防にもっとも効果があるのは、お酒の適量を意識しながら肝臓の機能を高めることです。

 

アルコールの臭いによる体臭を抑えるのに効果があるヨーグルトを朝の習慣にするのもおすすめです。

 

 

アンモニア臭の予防に積極的に食べたい食材は?

 

肝機能が高まるオルニチン

オルニチンは肝臓が持つアンモニア分解の働きを補助する成分です。

 

オルニチンが多く含まれる食材の代表はしじみで、お酒に強い食べ物と言われるのは肝臓の機能を補助する働きを由来とするものです。

 

肝臓がアンモニアを分解し、無害な尿素に変える過程をオルニチンサイクルと呼び、このサイクルが整うことでアンモニア臭を防ぐことができます。

 

 

体を動かすエネルギー生成に関わるクエン酸

クエン酸が不足すると、体を動かすためのエネルギー生成がうまくいかず、体内が疲弊する環境になってしまいます。

 

体内の疲れは乳酸をためこむ原因ともなり、この乳酸は加齢臭などの体臭の原因になると言われています。

 

また、乳酸は肩こり頭痛など体の不調の原因の一つとも考えられ、疲れた体にさらに負担をかけることになりかねません。

 

クエン酸によるエネルギー生成の過程をクエン酸サイクルと呼び、これを整えることで乳酸をためにくくし、疲れによる体内の機能低下を防ぐことができるのです。

 

クエン酸は酸っぱい風味を持つ柑橘類に多く含まれ、グレープフルーツ、オレンジ、みかん、梅干しなどが代表的な食材です。

 

 

アンモニア臭を手軽に防ぐには?サプリメントで防げる?

オルニチンやクエン酸は食材からの摂取も可能ですが、毎日十分な成分を継続的に得るためには、練り込まれたメニューやそれを作る手間時間が必要とされます。

 

現実的に考えると、忙しい現代では十分な栄養や成分を手作りメニューで維持できる人は少ないでしょう。

 

 

それに加え、仕事での残業、徹夜、お酒の付き合いなど改善しきれない原因で体は疲弊しやすく、生活環境の改善が難しいケースは珍しくありません。

 

そこで有効となるのがサプリメントの活用です。

 

 

どんなサプリを選う必要がある?

オルニチンやクエン酸が配合されたサプリメントは体の機能を手助けし、肝臓の疲労感を軽減させてアンモニア分解の働きを高めます

 

また、クエン酸は一度に摂取しても効果がなく、余分なものは外に排出されてしまう特徴があるため、食事でたまに摂り入れるよりもサプリメントで毎日必要な分を得るのが効果的です。