非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)の概要

非アルコール性脂肪肝炎は現代の日本での肝疾患のトップとも言える症状で、その患者数は国内だけで300万人〜400万人がいるとされています。

 

アルコール性脂肪肝炎という病名から、お酒を飲まない人には関係のない病気のイメージもありますが、非アルコール性脂肪肝炎はお酒をまったく飲まない人にも起こりうる肝疾患です。

 

中年層〜高齢層に最も多く、男女の差はありませんが、近年はこれよりもっと若い世代にも注意が必要とされています。

 

自覚症状はほとんどなく、そのため潜在的に非アルコール性脂肪肝炎を抱えている人の数は多いと考えられ、現代の日本人の肝臓健康度の不安要素となっています。

 

また日本だけではなく、アメリカやオーストラリアなどにおいても最も多い肝疾患として注意が促されています。

非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)の原因

非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)の原因は、私たちの生活に深く関わっているゆえ、一言で語れないのも特徴の一つです。

非アルコール性脂肪肝炎ってどんな状態?原因は?

 

まず肝脂肪について知ろう

肝脂肪とは、肝臓の細胞の3分の1以上が脂肪に侵されている状態を言います。

 

肝臓に存在する脂肪は通常であれば肝細胞の2%〜3%の範囲にとどまります。

 

非アルコール性脂肪肝になる原因

原因を簡単に言ってしまえば、肥満体質の人が増えたことです。

 

肥満体質の人に非アルコール性脂肪肝炎を患っている人は多く、日本に肥満の少なかった頃に比べると患者数は2倍〜3倍に膨れ上がっています。

 

どうして肥満が肝臓の病気に繋がるの?

肝臓はアルコールだけではなく、摂取したさまざまな食べ物を代謝してエネルギーに変換する役割もあります。

 

変換されたエネルギーは内蔵などの臓器に回されて機能しますが、余分なものは中性脂肪として貯蔵されていきます。

 

 

肥満の主な原因は暴飲暴食にありますが、摂取する食べ物が多すぎると肝臓による代謝が追いつかず、肝臓が汗を流しながら必死に頑張る状態が続きます。

 

例えればたまった物を消費するために休憩なくずっとジョギングを続けている状態と同じで、そんな状態では疲れがピークに達してうまく走れなくなると容易に想像できます。

 

暴飲暴食は肝臓に大きな負担をかけ、代謝がうまくできずにどんどん中性脂肪としてたまっていくことになるのです。

 

ストレスも原因になる?

ストレスは非アルコール性脂肪肝炎を直接的に引き起こす原因ではありません。

 

しかし、ストレス解消のために食べ放題や飲み放題に行く人は多いでしょう。

 

このことが暴飲暴食に繋がって肝臓の負担を増幅させている場合があります。

 

そのため、ストレス解消と称して食べ過ぎてしまう傾向がある人は注意が必要です。

非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)の症状

”これは非アルコール性脂肪肝炎の症状では?”と一般の人が判断できるような自覚症状はほとんどありません。

 

しかし、症状が進行した際に現れるものがいくつかあります。

 

倦怠感、お腹の張り

体がだるい状態が続く、お腹が膨張して張るなどの症状があります。

 

非アルコール性脂肪肝炎が肝硬変肝臓がんに進行している場合があるので注意しなければなりません。

 

肝臓は別名を沈黙の臓器とも呼ぶように、目立った症状が表に出てくる頃にはすでに初期症状の範囲を超えてしまっていた…ということも珍しくありません。

 

そのため、定期的な健康診断と普段から食事の内容や暴飲暴食を抑える意識を持つことがポイントです。

 

肝硬変とは

肝臓の細胞の約30%以上が脂肪に侵された状態のことを言います。

 

つまり、脂肪肝炎がさらに進行した状態です。

 

アルコール性脂肪肝炎ではアルコールの飲み過ぎを原因とし、非アルコール性脂肪肝炎では食べ過ぎ・飲み過ぎによる脂肪の蓄積を原因とします。

 

肥満体型や糖尿病を患っている人にも多く見られ、とくに糖尿病患者の死亡のケースのうち、肝硬変を合併していた人の割合がとても多くなっています。

 

肝臓がん

非アルコール性脂肪肝炎を患っている人の約10%は数年以内に肝臓がんに進行するというデータがあります。

 

つまり、暴飲暴食による肝臓の機能低下、それによる代謝の滞りと脂肪の蓄積がゆくゆくはがんの原因になってしまうということです。

 

致死率もとても高いがんであり、患者のうち約70%は死に至ります

 

この数字は日本人のがんにおける致死率1位のすい臓がんに次ぐものとなっています。

非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)改善のための食事法

非アルコール性脂肪肝炎に有効な薬はありません。

 

内蔵に付着した脂肪を燃焼させ、脂肪の蓄積を改善するのがもっとも効果的な治療法となります。

 

効果的な食べ物は?

低脂肪で良質なたんぱく質や食物繊維を含む食べ物がおすすめです。

 

ごまやきのこ類、しじみ、海藻類、納豆や豆腐・味噌などの大豆の加工食品との組み合わせレシピが良いでしょう。

 

これらの食べ物は後述する控えたい食べ物と組み合わせることで負の作用を軽減させる効果もあります。

 

控えたい食べ物は?

飽和脂肪酸の多いラード、バターなどは極力控えるようにします。

 

代わりに不和脂肪酸の多い大豆油オリーブオイルがおすすめです。

 

お菓子に含まれる糖分は中性脂肪のもととなりやすいため、こちらも過剰に摂取することは控えましょう。

 

控えたい食べ物を摂取するときの組み合わせ

肝臓に脂肪がたまりやすくなる原因の一つとして糖質のとり過ぎが挙げられますが、この糖質は日本人の主食である白米にも豊富に含まれているものです。

 

白米を食べない生活は難しいため、食べたときに悪い影響を軽減してくれる食べ物との組み合わせで乗り切りましょう。

 

大豆の加工食品や海藻・きのこ類、しじみを入れられるレシピの代表は味噌汁です。

 

具がたっぷりの味噌汁はお腹が満たされる効果もあるので、白米の食べ過ぎを防ぐことができます。

 

また、魚の脂は脂肪として体内にたまりにくい性質があるため、白米に味噌汁、焼き魚などの和風メニューは脂肪肝炎に優しい食事の代表とも言えます。

 

食べる順番で脂肪の吸収率が変わる!?

食事を摂る際に食べる準場を意識することでも脂肪の吸収をある程度ガードすることができます。

 

最初に野菜類を食べることで食物繊維を体内に入れ、穀物からの糖質の吸収を和らげる効果があります。

 

食物繊維にはコレステロールの排出を促す作用もあるので、糖質や脂肪の多い食べ物の前に口に運んでおきましょう。

 

野菜(汁物)→魚や肉などのおかず→ご飯の順番を覚えておくと良いでしょう。

 

極端な制限はかえって危険

脂肪肝炎を改善するために、食事の内容を意識することはとても大切です。

 

しかし、極端に制限をし過ぎると体が過剰に反応し、かえって危険な場合があります。

 

極端に制限することで体内にその成分が入った際に普通より多く摂取してしまうケースがあるので、バランスよく減らしていく方向で考えましょう。

非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)の改善に向けた運動法について

内臓脂肪を燃焼させるには有酸素運動を

内蔵に蓄積した脂肪を効率よく燃焼させる運動法は、ジョギングや水泳、ウォーキングなどに代表される有酸素運動です。

 

効果をだすためには週に3回以上、一度につき30分以上が理想です。

 

泳ぐのは苦手という人でも、水中でのウォーキングは適度に負荷もかかり、脂肪の燃焼に効果的なので試してみましょう。

 

脂肪を減らすためのダイエットは方法に注意

基本的に、脂肪は運動をして燃焼させるのがおすすめです。

 

運動はせずに食事をカットして痩せる人もいますが、健康的な痩せ方ではないので真似はしないほうが良いでしょう。

 

脂肪は確かにある程度燃焼されるかもしれませんが、体の機能を保つのに必要なビタミン、ミネラルなどが不足する恐れがあります。

 

体の機能が崩れると代謝も衰え、脂肪を蓄えやすい体になってしまいます。

 

食事カットによる脂肪の燃焼は”その場しのぎ”と認識しましょう。

 

脂肪の燃焼をサポートする成分を摂る

アミノ酸の一つであるオルニチンは普段は血液の中に存在しています。

 

注目したいのは摂取後に運動をすると脂肪の燃焼効率がアップするということです。

 

また、オルニチンは肝臓の代謝機能を補助し、正常に保つ作用があることにも注目です。

 

肝機能を高めて肝臓の負担を軽減する、脂肪の燃焼を促すダブルの効果で脂肪肝炎の予防が期待できます。

非アルコール性脂肪肝炎(NAFLD)の対策としておすすめのサプリメントの紹介

レバリズムL

 

脂肪の燃焼に効果的な配合成分

運動による脂肪燃焼の効率をアップさせるしじみの成分が配合されています。

 

牡蠣やスクワランも配合され、不足しがちなアミノ酸ミネラルの補給面でもバッチリです。

 

レバリズムLの愛用者の声

・肝臓の健康も気になる年齢だが、それよりもっと気になっていたぽっこり腹をどうにかしたくて飲み始めた。

 

まとまった運動時間がとれないため、脂肪燃焼の効率を上げられればと…。

 

通勤に徒歩の時間を取り入れたが、継続しているうちに効果を実感し始めた。

 

肝臓の負担を減らす作用も酒の席が多い私には嬉しい。

 

レバリズムLの価格とキャンペーン情報

・通常価格一ヶ月分 5,980円980円

 

初回限定モニター価格の適応で5,000円オフになります!

 

肝パワーEプラス

 

脂肪の燃焼に効果的な配合成分

紀州産南高梅に含まれるバニリンには脂肪細胞に刺激を与え、燃焼を促す効果があります。

 

梅干しが好きで食事によくとり入れる人はあまり食べない人に比べ、肥満度が低いというデータもあります。

 

肝機能アップに効果的な牡蠣、スタミナアップなどに効果的なにんにくの成分も配合しています。

 

肝パワーEプラスの愛用者の声

・牡蠣のパワーで肝機能も元気に、梅に含まれるクエン酸で体も元気に、いろいろな疲労に働きかけてくれるのが気に入りました。

 

なんだか体が軽くなったと思っていますが、機能がアップしただけではなく脂肪が減っているのかも…?

 

肝パワーEプラスの価格とキャンペーン情報

3粒×5袋のお試しセット 通常価格1,500円980円

 

肝パワーEプラスをまずは試してみたい人におすすめのセットです。

 

イマークS

 

脂肪の付着そのものを抑える効果

イマークSの特徴は、ついてしまった脂肪を燃焼させるのではなく、ついてしまう前に抑えることを目的としていることです。

 

青魚に含まれるEPAとDHAに着目し、善玉コレステロールの活発化や、中性脂肪の合成を抑制する効果が期待できます。

 

イマークSの愛用者の声

・錠剤やカプセルタイプのサプリメントがどうも合わず、どうしようかと思っていましたがイマークSはドリンクタイプ!

 

毎日続けやすいのがお気に入りです。

 

また、これからついてしまう脂肪を抑えてくれる効果も嬉しいです。

 

減らすのも大事ですが、増やさないことも大事ですからね。

 

イマークSの価格とキャンペーン情報

お試し10本セット 通常価格3,000円1,000円

 

ドリンクタイプだし、飲みやすさなど自分に合うか試してみたい…という人に最初におすすめしたいセットです。

非アルコール性脂肪肝炎の予防にサプリメントを活用する

基本的に食事の見直しと運動が必要とされますが、まとまった時間がない、食事の内容が不安定で困るなどの場合はサプリメントを活用し、必要な成分の摂取や脂肪燃焼の効率を上げてみましょう。

 

食べ物は好みによって摂取の差が大きいですが、サプリメントであれば苦手な食品から成分を得ることも容易になります。

 

自分に合ったサプリメントを上手に活用しましょう。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

脂肪肝改善の為の成分考察とサプリメントの真意
脂肪肝改善の為に摂取したい成分・食事や食べ物を中心に、補いきれない・効率的に補給するという側面からサプリメントをご紹介しています。サプリメントは薬と比較して安全で手軽に始められるので、偏見なくサプリメントの使用をおすすめします。
脂肪肝の予防に最適なウォーキングにもう一度注目したい!楽しく続けるコツも知りたい!
脂肪肝の予防と改善にとり入れたい運動法で最も適しているのはウォーキング!なぜウォーキングが優れているのかをさまざまな面から見ていきます。
炭水化物を抜いて脂肪肝を改善させるための【2つの注意点】
炭水化物ダイエットを正しい方法で実践し、脂肪肝改善につなげるための情報ページです。