可能の働きをた高める生活習慣・下げる生活習慣

 

肝臓に限ったはなしではありませんが、私たちの体や起きている症状は、食べたものや行ったことによって引き起こされています。

 

体を作っているのは私たちが食事から摂取した食べ物によって作られていますし、運動を行えば、その運動に適応したからだが得られます。

 

これらを肝臓の症状に置き換えても説明がつきます。

 

二日酔いの症状が現れているときは、摂取したアルコールを肝臓が分解できず、処理仕切れなかったアルコールがアセトアルデヒドとなり
・頭痛
・吐き気
・めまい
などの症状となり表出します。

 

 

このように、何らかの原因によって引き起こされた肝臓由来の症状は、私たちを取り巻く生活習慣(食事・運動など)によって引き起こされ、その生活習慣によって良くも悪くも変化します。

 

こちらでは、そんな肝臓の症状をとりまく生活習慣という部分にスポットを当てて、肝臓の健康増進につながるお話をお伝えします。

肝臓と生活習慣情報記事一覧

肝臓は食事によるカロリーを代謝しているため、食べすぎや高カロリーな食事を繰り返していると負荷がかかってしまいます。とはいえ食事をしないわけにはいきませんから内容を見直すことが大切です。肝臓のためにできる食事の見直しとはどんなことでしょうか?食事の量を減らしつつ、カロリーを下げて、負荷をできるだけなくす方法を詳しくご説明していきたいと思います!

糖質毎日の三食の代わりにお菓子を食べてしまう、間食・夜食が多い…という人も現代には多く、一日のうちに摂取する糖質が多くなりがちです。しかし、逆に摂取を極端に制限しても糖質過多になりやすいので注意しなければなりません。糖質は本来体に必要なものであり、あまりにも量が少ないと体が必死になって糖質を集めようとするためです。運動をせず食事抜きのダイエットなどは危険な方法です。糖質の摂り過ぎによる病気リスク脂...

このページは、血液ドロドロがどのように肝臓や肝機能へ影響を及ぼすのかについてまとめたページです。・学生の頃から暴飲暴食気味、でも仕事が忙しくて運動不足・健康診断の結果がヤバイけど、大好きなお酒がやめられない・もともと食べ歩きが趣味で、お腹いっぱい食べる癖がある自分ではわかっているんだけど、食べ過ぎ、飲み過ぎに理性が効かないアナタ!暴飲暴食が肝臓に与えるダメージは大です!血液ドロドロの状態だと脳梗塞...