L-カルニチンって何?脂肪肝・肥満への効果情報

L-カルニチンはアミノ酸の一種で、体のなかの脂質の燃焼を促し、エネルギーとして消化する流れを作ってくれる成分です。

 

細胞のなかでエネルギーの生産をおこなう”ミトコンドリア”の場所まで脂肪を運ぶ役割を持っているため、L-カルニチンが不足すると効率の良いエネルギー生産ができなくなる=エネルギーのもととなる脂肪の消費が滞るという仕組みを辿ります。

 

 

実はL-カルニチンが食品として使用できるようになったのは2003年のことで、一般的に摂取が可能となったのはごく最近のことです。
それまでは心臓病の治療薬としてごく一部でのみ使用されていましたが、厚生労働省からの許可がおりてからはさまざまなサプリメントに配合されるようになりました。

 

 

L-カルニチン自体は体内での生成が可能な成分ですが、年齢を重ねることで徐々に減ってしまうことが判明しており、補うためのサプリメントへの注目が集まっています。

L-カルニチンが持つ健康効果

L-カルニチンがサプリメントなどで摂取が可能になったのは最近のことですが、その期待度はとても高く、特に、脂肪燃焼に対する効果が代名詞となっています。

 

脂肪の燃焼を促す

脂肪をエネルギーに変える流れを作ってくれる成分なので、L-カルニチンには脂肪の燃焼を促す効果があります。
事実、近年のダイエット系のサプリメントにはL-カルニチンが含まれることがとても多くなっています。

 

 

脂肪は外気の冷えから体を守る、外部の衝撃から内蔵を守るクッションの役割があるのも事実ですが、過剰にたまってしまうとメタボリックシンドロームのほか、脂肪肝などの内臓脂肪の原因にもなります。

 

L-カルニチンを十分に摂取することで、体にとって余分な脂肪をためこまないようにできるのです。

 

痩せやすく、太りにくい体をつくる

余分な脂肪をためこまない体は太りにくい体と言えます。
さらに、L-カルニチンの「エネルギーのもととなる脂肪を生産工場へ運ぶ」という役割からもわかるように、十分な量が機能していれば痩せやすい体づくりにも役立つのです。

 

これ以外にもある!L-カルニチンの健康効果

・作業などによる脳の疲労を軽減する
・記憶力を向上させる
・体の疲労回復
・運動能力のアップ

L-カルニチンが含まれている食品はある?

L-カルニチンがもっとも多く含まれる食品は羊の肉です。
しかし、羊の肉は独特のクセがあるため苦手な人も多いですし、普段の食卓に加えるにはそこまで一般的な肉の種類でもありません。

 

身近な肉の種類で言えば牛肉もL-カルニチンを含んでいます。

 

肉以外でL-カルニチンを含む食品

・お米
・赤貝
・牛乳、チーズなどの乳製品
・マシュルーム
・カジキマグロ

L-カルニチンの効果を高める食べ合わせ

L-カルニチンは脂肪燃焼効果を持つ、脂肪肝肥満などの方にはとても期待度が高い成分のひとつ。
そんなL-カルニチンの効果を最大限に引き出すポイントはお野菜です。

 

野菜と一緒にとる

L-カルニチンは羊や牛の肉に多く含まれているため、肉と相性の良い野菜と組み合わせるのが良いでしょう。

 

羊肉と緑黄色野菜の炒め物や、牛肉を使ったスープ、シチュー、カレーなどは手軽に作れて美味しくいただける優秀メニューです。
スープやシチューなど、煮汁を余すことなく食べられるメニューは、水に流れてしまう野菜の水溶性のビタミンもきちんととることができるのでおすすめです。

 

また、低カロリーながら高タンパクな豆腐との組み合わせも良いでしょう。

サプリメントでL-カルニチンを摂取するときの注意点は?

羊や牛の肉にL-カルニチンが多いとは言っても、肉を食べすぎるとカロリー過多になってしまうのが困りものですよね。
そこで、体に必要な量がしっかりとれてカロリー過多の心配も不要なサプリメントを活用する方法があります。

 

L-カルニチンには目立った副作用は報告されていませんが、稀に腹痛などのお腹の異常を訴える人もいるため、きちんとサプリメントの用量・用法を守って摂取することがポイントです。

 

適度な運動を加えるなら

健康維持のために適度な運動の習慣を持つことはとても良いことです!
L-カルニチンの運動効果を高める効果に期待するのであれば、運動の約30分〜1時間ほど前に摂取するのが適しています。

 

空腹時と食後はどっちがいいの?

これについては、はっきりとこっちが適している!と言いづらい部分があります。

 

というのも、体に早く吸収させるためには空腹時が適しているものの、腹痛など消化器系の不調を感じる人もいるため、消化器系が弱い自負があるのであれば無理をせずに食後に摂取するのが良いと思います。

 

食後の場合は食べたものと一緒に消化が始まるので体に吸収されるまでに時間はかかりますが、お腹を壊してしまってはつらいですからね。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

クエン酸が肝臓と体に良いと効きましたが、どういう効果があるんですか?
クエン酸が体に良い!ってけっこう良く聞きますよね。実は肝臓にも優しく作用するんです。クエン酸がどのように効果をもたらすのかを見ていきます!
タウリンの肝臓への効果が知りたい!どうして効果がある?どんな効果が期待できる?
今、タウリンが気になる!肝臓のパワーダウンを改善したい!タウリンがもたらすさまざまな作用についてまとめています。肝臓元気で毎日イキイキにしたいあなたに!
ムチンってなんですか?肝臓や体の疲れに効果があると聞いたのですが…
ムチンがもたらす肝臓や体への健康効果は!?ムチンが含まれる食べ物って何!?あなたがいま知りたいムチンの情報をまとめています。
ビタミンB2が脂肪肝の予防に必須?肝臓にどんな効果があるの?
ビタミンB2ってどんな成分?実は肝臓の健康維持・脂肪肝に効果てきめんな成分だったのです!ビタミンB2の何が肝臓に良いのかまとめてみました!
BCAAってなんだろう…?脂肪肝に効果がある?…詳しく知りたいです!
筋肉サプリへの配合が多いBCAA、実は脂肪肝の予防と改善に効果あり!なんです!詳しく知りたいあなたのためにまとめてみました。
スクワレンの健康効果にはどんなものがあるの?効果的な摂取の方法は?
スクワレンの健康効果は想像以上にすごかった!さまざまな生活習慣病や将来の健康が気になるあなた、いつまでも若々しくいたいあなたは必見です!
カテキンは肝臓の健康維持に効果あり?たくさん摂取するコツも知りたい!
カテキンには実は肝臓を守る効果もあったんです!カテキンがなぜ肝臓に良いのか、どのように摂取するのが効果的かについてまとめています。
アスタキサンチンはなぜ肝臓の機能維持に効果があるんですか?
アスタキサンチン、聞いたことあります!でも肝臓に効果があるのは知らなかったです。どうして効果があるの?なぜ肝臓に良いの?教えてください!
田七人参が肝臓の健康に効果があると耳にしました。詳しく教えてください!
田七人参のパワーに迫りますよ!肝臓にも効果あり!体の健康のためには生活習慣を正常化しなきゃ…頭ではわかっていても難しい、でもなんとかしたいという方必見です!
アントシアニンの肝臓への効果について知りたい!どうして良いの?
アントシアニン!一度は聞いたことのあるあの成分が実は肝臓に効果があると知っていましたか?アントシアニンの効果について知りたいあなたのための情報です!
「クルクミン」肝臓に良い成分と言えばこれ!〜クルクミンの効果について〜
クルクミンが肝臓に良いって情報はたくさん出てるけど、だからこそ今更人に聞けない感じ…もう一度その魅力的な効能についておさらいしましょう!
アルギニンはどう肝臓に効果があるの?お酒疲れや日頃のスタミナ不足を解消したい。
アルギニン…肝臓に効果的な成分の一つ。一度には色々覚えられないけど、まずは抑えておきたい成分の一つであるアルギニンについてまとめています!
セサミンは肝臓にも効果的?セサミンのパワーが肝臓にどう関係あるの?
セサミンを摂ると肝臓に良いことがこんなにいっぱい!肝臓の相棒と言ってもいいほどの素敵なパワーについてまとめています。肝臓の健康が気になるならセサミンですよ!
ビタミンEって肝臓の健康に良い成分なんですか?あまり意識したことがないんですが…
ビタミンEって肝臓に良いの?ビタミンだからそりゃ体には良いはず…肝臓におすすめの効果があるなら気になる!そんなあなたはまずは読んでみてください!
肝臓にタンパク質は良い成分?悪い成分?上手なタンパク質の摂り方講座
肝臓にタンパク質が良いと聞いたけど、本当なのでしょうか?タンパク質は分解時に毒素のアンモニアを排出します。毒を出すのにいい成分なのか。そんな疑問にお答えします。