クエン酸とは?

酸味成分の一種で、お酢柑橘類に豊富に含まれています。

 

疲労から分泌される乳酸を抑え、疲労感の軽減回復の効果に優れています。

 

クエン酸の健康効果は?

・ダイエット効果
・筋肉痛の軽減
・肝臓病、肝機能の低下の改善
・エネルギーの生成
・疲労の回復

クエン酸がもたらす肝臓への効果

二日酔いを抑えてくれる

肝臓はアルコールの代謝と分解も担っていますが、お酒の飲み過ぎなどで代謝の機能が落ち込むと体内にアルコールが残る状態になり、体の不調として頭痛、めまい、だるさなどの二日酔いの症状があらわれます。

 

クエン酸には代謝の促進効果があるので肝臓にも優しく、肝臓の疲労を軽減しながら機能を補助してくれます。

 

血液をサラサラにしてくれる

肝臓は血のかたまりと言っても良いほど多くの血管があり、たくさんの血液が巡っている臓器です。

 

血液がドロドロになると肝臓の機能が低下し、必要な代謝やエネルギー補給の役割が果たせなくなります。

 

クエン酸は血液の流れをさらさらに保つ効果もあるので、血液の流れが多い肝臓の健康維持に欠かせない成分と言えます。

 

肝臓へのクエン酸の役割のまとめ

・肝臓の疲労を軽減し、機能を高める
・血液をサラサラに保ち、肝臓を巡る血液を健康に保つ

肝臓の症状以外にもクエン酸は効果がある

高血圧の予防

高血圧とは血液がドロドロしているなどの状況下で血管がつまり、血液の流れが悪くなって血管に圧力がかかっている状態です。

 

クエン酸を含む柑橘類が持つポリフェノールには血管の拡張効果があり、血液をサラサラに保つ効果が期待できます。

 

また、高血圧になる原因の一つと言われる塩分の摂り過ぎを抑えるのにクエン酸が役立つという研究結果もあります。

 

これはクエン酸の大きな特徴の一つである酸っぱい風味を活かした健康法で、私たちの舌が感じるしょっぱさと酸っぱさには近いものがあり、料理にレモン汁を使うことで塩分を抑えたメニューが可能になるというものです。

 

動脈硬化の予防

血液を運ぶ動脈の柔軟性が失われ、硬くなってしまった状態のことを言います。

 

動脈硬化になると、うまく血液を押し流すことができないので心臓に大きな負担がかかってしまいます。

 

血液には酸素や各種栄養素も一緒に含まれて運ばれるため、血液の流れの悪さは臓器の酸素不足・栄養不足にも繋がる懸念があります。

 

クエン酸は血液内の血小板が集まりすぎるのを防ぎ、血液がスムーズに流れるのを補助する働きがあります。

 

アンチエイジング効果

カルシウム、鉄分、亜鉛などの体に必須のミネラル分を吸収されやすいように整えてくれる作用のことをキレート作用と言います。

 

クエン酸はこのキレート作用を持つ成分なので、年齢とともに不足しがちなミネラル分の補給が効率的にでき、アンチエイジング効果を高めることに繋がります。

クエン酸が豊富な食べ物と摂り方のコツ

すっぱーい食べ物

クエン酸が含まれているのはお酢や柑橘類など、口に入れたときに「すっぱい!」と感じる食べ物です。

 

梅干し

酸っぱい食べ物の代表とも言える梅干しはクエン酸はもちろん、カテキン酸の豊富さにも注目したい食べ物です。

 

・疲労回復
・肝機能アップ
・食欲の増進
・血の巡りを良くする

 

レモン

クエン酸よりもビタミンCのイメージが強いレモンですが、クエン酸ビタミンCのダブルのパワーで風邪の予防美肌効果をもたらします。

 

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける、ストレスによるイライラを防止する、美白効果などがあり、特に女性に嬉しい食べ物と言えるでしょう。

 

・疲労回復
・ストレスの軽減
・美肌効果
・高血圧の予防
・免疫力アップ

 

グレープフルーツ

爽やかな酸味と風味で生のまま食べるのも良し、ジャムやお菓子の素材として使うも良しの人気のあるフルーツです。

 

クエン酸のほかに注目したいのはヌートカトンという成分で、脂肪の燃焼を促すたんぱく質の生成を促してくれます。

 

また、含まれるリモネンには穏やかな気持の維持や血行促進の作用があります。

 

・疲労回復
・ダイエット効果
・リラックス効果
・血行促進

 

お酢

お酢に含まれる酢酸という成分は、私たちの体内に入るとクエン酸となって働くことがわかっています。

 

クエン酸によるキレート効果でミネラル分が体内で酸化するのを防ぎ、新鮮な状態のまま吸収できるよう働いてくれます。

 

さまざまな料理に使いやすいところもポイントです。

 

・疲労回復
・カルシウムの効率良い吸収による骨粗鬆症の予防
・美肌効果
・血行促進

 

クエン酸の働きを高める食べ合わせは?

柑橘類に豊富に含まれていることを活かし、ジャムや手作りのお菓子などに使うのもおすすめです。

 

加熱しても壊れにくい成分というのもクエン酸のメリットなので、さまざまな料理に活かしやすいのがメリットです。

 

手作りであれば糖分なども抑えられますし、子供から大人まで無理なく食べられるメニューとうのもおすすめのポイントです。

 

 

梅干しは和食との相性がとても良いので、各種野菜や魚、肉と合わせたメニューや和風サラダのドレッシングなども良いでしょう。

 

ドレッシングで考えれば、レモン、お酢も使いやすい食材になります。

クエン酸の健康効果を薄めてしまう食べ合わせ

紅茶とレモン

相性はいいはず?と思いがちな紅茶とレモンですが、レモンティーに含まれるカフェインと添加されている防カビ剤相性が悪いようです。

 

カフェインと防カビ剤が組み合わさることで発がん物質を生んでしまう可能性があります。

 

梅干しとうなぎ

こちらはクエン酸の食欲促進効果が逆効果になるケースです。

 

食欲が増すことで食べ過ぎに繋がり、胃のもたれや不快感を起こすことがあります。

 

風味の点から言えば相性が良い食品であることも、食べ過ぎを助長する原因となりがちです。

 

特に胃が弱っているときなどは注意したほうが良いでしょう。

 

クエン酸の働きのまとめ!

・疲労回復
・食欲の促進
・アンチエイジング効果
・キレート効果
・ストレスを和らげる

 

など…

 

こうしてみると、子供から大人までに嬉しい効果がぎゅっと詰まった成分だとわかります。

 

クエン酸を含む食べ物は風味も良く調理しやすいものが多いのも嬉しい点です。

 

さらに素材ごとに含まれる成分との相乗効果で食欲の促進や疲労回復は夏バテしやすい時期に、免疫力アップの効果は風邪が流行しやすい冬の時期にと、一年を通して大活躍してくれそうなのもポイントです。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

タウリンの肝臓への効果が知りたい!どうして効果がある?どんな効果が期待できる?
今、タウリンが気になる!肝臓のパワーダウンを改善したい!タウリンがもたらすさまざまな作用についてまとめています。肝臓元気で毎日イキイキにしたいあなたに!
ムチンってなんですか?肝臓や体の疲れに効果があると聞いたのですが…
ムチンがもたらす肝臓や体への健康効果は!?ムチンが含まれる食べ物って何!?あなたがいま知りたいムチンの情報をまとめています。
ビタミンB2が脂肪肝の予防に必須?肝臓にどんな効果があるの?
ビタミンB2ってどんな成分?実は肝臓の健康維持・脂肪肝に効果てきめんな成分だったのです!ビタミンB2の何が肝臓に良いのかまとめてみました!
BCAAってなんだろう…?脂肪肝に効果がある?…詳しく知りたいです!
筋肉サプリへの配合が多いBCAA、実は脂肪肝の予防と改善に効果あり!なんです!詳しく知りたいあなたのためにまとめてみました。
スクワレンの健康効果にはどんなものがあるの?効果的な摂取の方法は?
スクワレンの健康効果は想像以上にすごかった!さまざまな生活習慣病や将来の健康が気になるあなた、いつまでも若々しくいたいあなたは必見です!
L-カルニチンは、脂肪肝の予防や改善に効果的な成分ですか?
L-カルニチンが脂肪肝に効果がある!?ダイエット効果だけじゃなかったL-カルニチンの健康パワーの魅力に迫ります!肝臓の健康が気になるあなたに…
カテキンは肝臓の健康維持に効果あり?たくさん摂取するコツも知りたい!
カテキンには実は肝臓を守る効果もあったんです!カテキンがなぜ肝臓に良いのか、どのように摂取するのが効果的かについてまとめています。
アスタキサンチンはなぜ肝臓の機能維持に効果があるんですか?
アスタキサンチン、聞いたことあります!でも肝臓に効果があるのは知らなかったです。どうして効果があるの?なぜ肝臓に良いの?教えてください!
田七人参が肝臓の健康に効果があると耳にしました。詳しく教えてください!
田七人参のパワーに迫りますよ!肝臓にも効果あり!体の健康のためには生活習慣を正常化しなきゃ…頭ではわかっていても難しい、でもなんとかしたいという方必見です!
アントシアニンの肝臓への効果について知りたい!どうして良いの?
アントシアニン!一度は聞いたことのあるあの成分が実は肝臓に効果があると知っていましたか?アントシアニンの効果について知りたいあなたのための情報です!
「クルクミン」肝臓に良い成分と言えばこれ!〜クルクミンの効果について〜
クルクミンが肝臓に良いって情報はたくさん出てるけど、だからこそ今更人に聞けない感じ…もう一度その魅力的な効能についておさらいしましょう!
アルギニンはどう肝臓に効果があるの?お酒疲れや日頃のスタミナ不足を解消したい。
アルギニン…肝臓に効果的な成分の一つ。一度には色々覚えられないけど、まずは抑えておきたい成分の一つであるアルギニンについてまとめています!
セサミンは肝臓にも効果的?セサミンのパワーが肝臓にどう関係あるの?
セサミンを摂ると肝臓に良いことがこんなにいっぱい!肝臓の相棒と言ってもいいほどの素敵なパワーについてまとめています。肝臓の健康が気になるならセサミンですよ!
ビタミンEって肝臓の健康に良い成分なんですか?あまり意識したことがないんですが…
ビタミンEって肝臓に良いの?ビタミンだからそりゃ体には良いはず…肝臓におすすめの効果があるなら気になる!そんなあなたはまずは読んでみてください!
肝臓にタンパク質は良い成分?悪い成分?上手なタンパク質の摂り方講座
肝臓にタンパク質が良いと聞いたけど、本当なのでしょうか?タンパク質は分解時に毒素のアンモニアを排出します。毒を出すのにいい成分なのか。そんな疑問にお答えします。