アルギニンはどう肝臓に作用する?肝機能アップが期待できる成分の特徴を知ろう

アルギニンは普段の生活ではあまり聞き慣れない成分かもしれません。
私たちの体を維持するのに必要なアミノ酸の一種で、肝臓に対してもポジティブな効果を発揮します。

 

 

・疲れやすくなったうえに、その疲れがとれにくい
・風邪を引きやすくなり、免疫力の低下を感じる
・お酒を飲んだあとのぐったり感を解消したい
・とにかく最近元気が出ない

 

このような悩みの一部は、実は肝臓の疲労が引き起こしているかもしれません。
アルギニンの作用で肝機能の改善とアップを試みましょう!

 

 

アルギニンの肝臓への効果について

アルギニンが持つ肝臓への作用は、肝臓が持つ代謝と分解の働きを正常に維持し、肝臓の負担を減らして疲れを溜めないようにするものです。

 

アンモニアの分解機能を維持する

肝臓が代謝・分解するものにはさまざまありますが、その中でも有毒な物質であり、いち早く体外に排出したいものとしてアンモニアが挙げられます。

 

アンモニアはもともと体内にあるわけではなく、食べたものを代謝する過程で生まれてしまうものなので、私たちが生きていく中で必ず付き合わなければならない物質です。
アルギニンが不足するとこのアンモニアの分解がスムーズにできず、無害なものにできないまま体内に残ってしまいます。

 

アンモニアが体内にとどまることで体内がアルカリ性に傾き、その結果必要な栄養素が細胞に運ばれなくなったり、不要なものを外に出すサイクルが弱まったりします。
アルギニンは加齢につれて生成能力が低下するので、食事などからの摂取が必要となります。

 

アルギニンを補うことで、アンモニア分解の際にかかる肝臓への負担を軽減しましょう。

 

肝機能の低下を防いで疲労を予防する

先述のアンモニア分解の機能はもちろん、肝臓が持つさまざまな役割に関わる機能が低下することで疲れやすい体になっていきます。
なぜかと言うと、肝臓にはエネルギーの作成の役割もあり、「エネルギーの生産量が落ちる=スタミナ不足」になり疲れやすくなるということなのです。

 

肝機能の衰えは、肝臓が持つ役割の全てに影響を与えてしまうのです。
アルギニンには肝臓の負担を軽減する効果があることから、肝機能の低下を防いで疲れにくい体を維持するのに役立ちます。

 

 

アルギニンは肝臓以外にはどう作用する?その健康パワーを探る

アルギニンには肝臓を健やかに保ってその機能を正常に維持させる働きがあることがわかりました。
肝臓以外でのアルギニンはどのような効能を持つのでしょうか?

 

食欲を正常に保ち肥満を防ぐ効果

 

この効果を語る前に、まずは成長ホルモンというものについて見ていきます。
成長ホルモンというと成長期の子供を思い浮かべるかもしれませんね。
それは間違いではないのですが、免疫力の向上やできてしまった体の傷を早く癒やすためにも必要とされるのです。

 

そして肥満に関係の深い部分では、成長ホルモンが正常に分泌されることで食欲を抑えるというものがあるのです。
さらに、成長ホルモンは脂肪をエネルギーに変えて、燃焼・消費されるのを促進する効果があることにも注目です。

 

アルギニンにはこの成長ホルモンの分泌を高める効果があり、結果的に肥満やメタボリックシンドロームを防ぐ効果が期待できるわけです。

 

脂肪の消費が促進されるということは、体内への脂肪の蓄積も防ぐので脂肪肝の阻止にも繋がりますね。

 

妊活中の人にもおすすめ

アルギニンには質の高い精子を作る効果があります。
不妊の原因の約50%は男性の精子の質の低下によるものというデータもあり、妊娠に関わる条件を良くするためには男性側の事情も大いに関係してくるのです。

 

また、アルギニンにはEDの悩みを改善する効果もあるため、さまざまな治療に加えてアルギニンの摂取を取り入れてみるのも良いでしょう。

 

 

アルギニンを摂れる食べ物って何?含有量の多い食品と摂取のポイント

これだけ多くの嬉しい効果を持つアルギニンですが、「アルギニンが含まれている食品」と言うとパッと思いつかない人が多いのではないでしょうか。

 

アルギニンを含む食品

 

大豆、高野豆腐、ゴマ、ナッツ類、また鶏肉やエビにも含まれています。
さらに注目したいのが牛乳です。
子供の成長のために牛乳を!と言われるのは、カルシウムだけではなくアルギニンによる成長ホルモンの分泌促進が評価されているからかもしれません。

 

アルギニンには副作用はあるの?

食事はもちろん、アルギニンサプリメントなどでも極端に偏った摂取をしなければ、副作用の心配はありません。
ただし、過剰に摂取したケースにおいてはいくつかの副作用が報告されています。

 

個人差はあるものの、下痢腹痛など胃腸に関係ある部分に副作用が出るようなので、用量には十分に注意してください。

 

 

まとめ

アルギニンと言えば、今までは筋肉の発達目的やダイエット、美容方面での注目度が高い成分でした。
しかし実は、肝臓の機能向上や疲労をいたわる嬉しい健康効果もある成分だったのです。
用法・用量を守り、正しく活用して健康な肝臓ライフを過ごしましょう。

 

⇒実はあの成分が?!肝臓に良い【成分一覧】へ

関連ページ

クエン酸が肝臓と体に良いと効きましたが、どういう効果があるんですか?
クエン酸が体に良い!ってけっこう良く聞きますよね。実は肝臓にも優しく作用するんです。クエン酸がどのように効果をもたらすのかを見ていきます!
タウリンの肝臓への効果が知りたい!どうして効果がある?どんな効果が期待できる?
今、タウリンが気になる!肝臓のパワーダウンを改善したい!タウリンがもたらすさまざまな作用についてまとめています。肝臓元気で毎日イキイキにしたいあなたに!
ムチンってなんですか?肝臓や体の疲れに効果があると聞いたのですが…
ムチンがもたらす肝臓や体への健康効果は!?ムチンが含まれる食べ物って何!?あなたがいま知りたいムチンの情報をまとめています。
ビタミンB2が脂肪肝の予防に必須?肝臓にどんな効果があるの?
ビタミンB2ってどんな成分?実は肝臓の健康維持・脂肪肝に効果てきめんな成分だったのです!ビタミンB2の何が肝臓に良いのかまとめてみました!
BCAAってなんだろう…?脂肪肝に効果がある?…詳しく知りたいです!
筋肉サプリへの配合が多いBCAA、実は脂肪肝の予防と改善に効果あり!なんです!詳しく知りたいあなたのためにまとめてみました。
スクワレンの健康効果にはどんなものがあるの?効果的な摂取の方法は?
スクワレンの健康効果は想像以上にすごかった!さまざまな生活習慣病や将来の健康が気になるあなた、いつまでも若々しくいたいあなたは必見です!
L-カルニチンは、脂肪肝の予防や改善に効果的な成分ですか?
L-カルニチンが脂肪肝に効果がある!?ダイエット効果だけじゃなかったL-カルニチンの健康パワーの魅力に迫ります!肝臓の健康が気になるあなたに…
カテキンは肝臓の健康維持に効果あり?たくさん摂取するコツも知りたい!
カテキンには実は肝臓を守る効果もあったんです!カテキンがなぜ肝臓に良いのか、どのように摂取するのが効果的かについてまとめています。
アスタキサンチンはなぜ肝臓の機能維持に効果があるんですか?
アスタキサンチン、聞いたことあります!でも肝臓に効果があるのは知らなかったです。どうして効果があるの?なぜ肝臓に良いの?教えてください!
田七人参が肝臓の健康に効果があると耳にしました。詳しく教えてください!
田七人参のパワーに迫りますよ!肝臓にも効果あり!体の健康のためには生活習慣を正常化しなきゃ…頭ではわかっていても難しい、でもなんとかしたいという方必見です!
アントシアニンの肝臓への効果について知りたい!どうして良いの?
アントシアニン!一度は聞いたことのあるあの成分が実は肝臓に効果があると知っていましたか?アントシアニンの効果について知りたいあなたのための情報です!
「クルクミン」肝臓に良い成分と言えばこれ!〜クルクミンの効果について〜
クルクミンが肝臓に良いって情報はたくさん出てるけど、だからこそ今更人に聞けない感じ…もう一度その魅力的な効能についておさらいしましょう!