肝臓にアントシアニンはどう効くの?生活が乱れていると感じるあなたに!

肝臓の悩みを解決する手助けをしてくれる成分のひとつ、アントシアニン。
アントシアニンとは何なのか?どのように肝臓に効果があるのか?さまざまな面から詳しく見ていきます!

 

・肝臓の数値に不安要素があるが、お酒をやめるのは社会的に厳しい…
・運動不足で脂っこいものが大好き!体に悪いと思ってはいるが美味しいものには勝てない
・特に具合が悪くはないが、最近お腹が出てきたねと言われ、メタボリックシンドロームが気になっている

 

「規則正しい生活習慣」、これが健康の第一条件だとはわかっていても、忙しい日々のなかで実現させるためには犠牲にしないといけないものが多いですよね。
それらを犠牲にするには社会的に厳しい面もあるから自分の体への意識を犠牲に…なんてパターンに陥り、肝臓を酷使しがちなのが現代の私たちです。

 

 

アントシアニンが持つ肝臓への効果は?

アントシアニンは植物ポリフェノールの一種で、その類の効能に漏れず高い抗酸化作用があります。
アントシアニンが持つ肝臓への効能は、この抗酸化作用が強く活かされるものとなっています。

 

肝臓の数値を正常に近づける

アントシアニンには肝臓の機能そのものをアップさせる効果もあり、肝臓の数値としてあらわされるALT、AST、γ-GTPの3つの数値を正常な値に近づける作用があります。

 

血液をサラサラに保つ

血液がドロドロの状態は血管に非常に負荷がかかる状態です。
血管の中をスムーズに巡ることのできないドロドロ血液は血管の詰まりの原因となり、通るときに血管に強い圧力を生じさせます。

 

 

これが血圧を高くするきっかけとなり、やがて高血圧動脈硬化などの生活習慣病の原因に発展します。

 

このような状態が肝臓にどう影響を与えるかと言うと、実は血圧と肝機能には深い関係があり、どちらかに不具合が生じるともう一方も同時に不具合が発生するという特徴があるのです。
肝臓の数値を測るために血液検査を行うことからも、血液・血管の健康度と肝臓の健康度に関連性があることがわかります。

 

アントシアニンを摂取することで、肝臓の機能はもちろん、肝臓の機能に関わる部分の不具合の予防と改善に繋がるというわけです。

 

 

アントシアニンは肝臓以外の健康維持にも効果的?その他の効果について

高い抗酸化作用に加え、アントシアニンに含まれる成分の作用から私たちの体に良いさまざまな働きを見せます。

 

視覚を調整する作用

私たちが物を見る際に脳に信号を与える物質に、ロドプシンというものがあります。
ロドプシンは光を受けると分解されてしまいますが、しばらくすると再び信号を受け取るために元の姿に戻ろうとします。
アントシアニンはこの元に戻ろうとする作用を補助し、ロドプシンの働きを正してくれるのです。

 

 

かすみ目目の疲れを感じやすい人、目を使う作業の多い人にピッタリの働きです。

 

肥満やメタボの予防

アントシアニンには血液中の脂肪を減らす作用があります。
そのため、血糖値の上昇を抑制したり、内臓に余分な脂肪がたまるのを予防してくれます。

 

普段の食生活や運動不足に対し不安を感じているものの、改善のための意識が不十分と感じている人のはじめの一歩の対策としておすすめです。

 

老化を防ぐアンチエイジング効果

アントシアニンを始めとするポリフェノールには高い抗酸化作用があり、私たちの体の中で増加し過ぎた活性酸素の行動を抑えてくれます。
細胞レベルからの老化予防になるため、内臓や血管を若々しく保つ健康効果が期待できるのです。

 

 

アントシアニン摂取のために食べたい食品

肝臓だけではなく、さまざまな場面で健康効果を発揮するアントシアニンを豊富に摂取できる食品にはどんなものがあるのでしょうか。

 

アントシアニンが豊富な食品

身近なところでは、黒大豆(黒豆)、ブルーベリー、シソが挙げられます。
アントシアニンの効率的な摂取において近年注目されている食品には、紫いももあります。
その他、ブドウ、ナス、紫キャベツ、紫たまねぎ、カシスなどにもアントシアニンが含まれています。

 

 

アントシアニン摂取時の注意点

アントシアニンは加熱や長期間の保存に弱く、効率的に成分を摂取するためにはフレッシュジュースなどがもっとも理想的とされています。
しかし、毎日フレッシュジュースを用意するのは大変ですから、アントシアニンが配合されたサプリメントでの摂取がおすすめです。

 

アントシアニンに副作用はある?

過剰に摂取しなければ特に問題はないとされています。
アントシアニンは余分な分は体の外に排出されてしまう成分なので過剰摂取にはなりにくいのですが、ほとんどの食品・サプリメントにはアントシアニン以外の成分も豊富に含まれています。
たくさん摂ることでそれらが過剰摂取になる場合があるので、きちんと適量を守るようにしてください。

 

 

まとめ

アントシアニンはブルーベリーサプリメントなどによって、目への効果があることが広く知られるようになりましたが、実は肝臓の健康維持にも大きな力を発揮することがわかっています。
肝臓の健康と機能の維持に効果的な成分はまだまだありますから、食事などでバランスよく組み合わせるのもおすすめですよ。

 

⇒肝臓に良い成分一覧はこちら

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

クエン酸が肝臓と体に良いと効きましたが、どういう効果があるんですか?
クエン酸が体に良い!ってけっこう良く聞きますよね。実は肝臓にも優しく作用するんです。クエン酸がどのように効果をもたらすのかを見ていきます!
タウリンの肝臓への効果が知りたい!どうして効果がある?どんな効果が期待できる?
今、タウリンが気になる!肝臓のパワーダウンを改善したい!タウリンがもたらすさまざまな作用についてまとめています。肝臓元気で毎日イキイキにしたいあなたに!
ムチンってなんですか?肝臓や体の疲れに効果があると聞いたのですが…
ムチンがもたらす肝臓や体への健康効果は!?ムチンが含まれる食べ物って何!?あなたがいま知りたいムチンの情報をまとめています。
ビタミンB2が脂肪肝の予防に必須?肝臓にどんな効果があるの?
ビタミンB2ってどんな成分?実は肝臓の健康維持・脂肪肝に効果てきめんな成分だったのです!ビタミンB2の何が肝臓に良いのかまとめてみました!
BCAAってなんだろう…?脂肪肝に効果がある?…詳しく知りたいです!
筋肉サプリへの配合が多いBCAA、実は脂肪肝の予防と改善に効果あり!なんです!詳しく知りたいあなたのためにまとめてみました。
スクワレンの健康効果にはどんなものがあるの?効果的な摂取の方法は?
スクワレンの健康効果は想像以上にすごかった!さまざまな生活習慣病や将来の健康が気になるあなた、いつまでも若々しくいたいあなたは必見です!
L-カルニチンは、脂肪肝の予防や改善に効果的な成分ですか?
L-カルニチンが脂肪肝に効果がある!?ダイエット効果だけじゃなかったL-カルニチンの健康パワーの魅力に迫ります!肝臓の健康が気になるあなたに…
カテキンは肝臓の健康維持に効果あり?たくさん摂取するコツも知りたい!
カテキンには実は肝臓を守る効果もあったんです!カテキンがなぜ肝臓に良いのか、どのように摂取するのが効果的かについてまとめています。
アスタキサンチンはなぜ肝臓の機能維持に効果があるんですか?
アスタキサンチン、聞いたことあります!でも肝臓に効果があるのは知らなかったです。どうして効果があるの?なぜ肝臓に良いの?教えてください!
田七人参が肝臓の健康に効果があると耳にしました。詳しく教えてください!
田七人参のパワーに迫りますよ!肝臓にも効果あり!体の健康のためには生活習慣を正常化しなきゃ…頭ではわかっていても難しい、でもなんとかしたいという方必見です!
「クルクミン」肝臓に良い成分と言えばこれ!〜クルクミンの効果について〜
クルクミンが肝臓に良いって情報はたくさん出てるけど、だからこそ今更人に聞けない感じ…もう一度その魅力的な効能についておさらいしましょう!
アルギニンはどう肝臓に効果があるの?お酒疲れや日頃のスタミナ不足を解消したい。
アルギニン…肝臓に効果的な成分の一つ。一度には色々覚えられないけど、まずは抑えておきたい成分の一つであるアルギニンについてまとめています!
セサミンは肝臓にも効果的?セサミンのパワーが肝臓にどう関係あるの?
セサミンを摂ると肝臓に良いことがこんなにいっぱい!肝臓の相棒と言ってもいいほどの素敵なパワーについてまとめています。肝臓の健康が気になるならセサミンですよ!
ビタミンEって肝臓の健康に良い成分なんですか?あまり意識したことがないんですが…
ビタミンEって肝臓に良いの?ビタミンだからそりゃ体には良いはず…肝臓におすすめの効果があるなら気になる!そんなあなたはまずは読んでみてください!
肝臓にタンパク質は良い成分?悪い成分?上手なタンパク質の摂り方講座
肝臓にタンパク質が良いと聞いたけど、本当なのでしょうか?タンパク質は分解時に毒素のアンモニアを排出します。毒を出すのにいい成分なのか。そんな疑問にお答えします。