BCAAって何?脂肪肝や肝臓への働きは?

BCAAとはバリン、ロイシン、イソロシンの3つの必須アミノ酸のことで、疲労感の軽減や筋肉痛の軽減に作用がある成分です。

 

私たちの体内では生成することができず、食事やサプリメントからの摂取が理想とされています。

BCAAの脂肪肝への働きについて

アルコールの飲み過ぎや脂肪のとり過ぎによって疲れてしまった肝臓にアミノ酸を補給し、解毒や代謝などの肝機能をサポートする作用があります。

 

わかりやすく言えば肝臓のストレスを軽減してスムーズに働けるようにしてくれます。

 

肝機能の低下は体内のBCAAを減少させる?

BCAAは肝臓自体では代謝ができないアミノ酸で、主に筋肉を使う運動の際に消費されて減っていきます。

 

一方、肝臓でしか代謝できないアミノ酸も存在します。

 

この肝臓でしか代謝ができないアミノ酸は肝機能の低下によりそのまま体内に残ることになってしまい、やがてアンモニアなど体の毒となる物質へ変わってしまいます。

 

肝臓が多くの脂肪に覆われてしまう脂肪肝の状態になるとこの傾向が強まり、さらに肝硬変や肝臓ガンを招きやすくなります。

 

 

BCAAによる肝機能の補助を目指すのであれば、まず肝臓の脂肪を減らして肝機能の低下を防ぐことがポイントとなるわけです。

 

どんなに肝機能をサポートする作用があるとしても、たまった脂肪によって代謝が衰え、のちのち有毒な物質を生むのであれば肝臓への負担はまったく軽減されないのです。

BCAAの働きを高めるための筋力トレーニング

脂肪肝の予防と改善を試みながらBCAAの効果を高めるには、激しい運動よりも軽めの筋力トレーニングや運動が適しています。

 

目的はマイオカインという物質の分泌を促すことで、マイオカインとは筋肉を収縮させることで生み出されます。

 

マイオカインには脂肪を分解を活発化させる作用があります。

 

 

軽めの筋力トレーニングを具体的に言うと、ゆったりとしたスクワット10回程度、その後に散歩やゆったりしたウォーキングを10分程度の運動となります。

 

思ったよりも続けやすいイメージですよね。

 

マイオカインの分泌を促すのに適した運動のタイミングは食後30分〜1時間の間です。

 

この時間にゆったりと体を動かすことで、BCAAの働きを高めながら脂肪を燃焼させることが期待できます。

 

筋力のアップは脂肪の燃焼にとても効果的

基礎代謝が上がると痩せやすくなると耳にしたことがある人は多いでしょう。

 

基礎代謝とは、私たちの内蔵を機能させたり、体温を維持するために使われる最低限のエネルギーのことです。

 

この基礎代謝が高くなることで、運動以外に消費されるエネルギーが高まります。

 

基礎代謝のうち、約40%は筋肉に集中しています。

 

この数字は基礎代謝のなかでもっとも大きく、筋肉を鍛えることで消費されるエネルギーを増やすことができるようになります。

筋力アップに効果のある食事

BCAAは筋肉のもととなるアミノ酸が豊富なうえ、疲労した筋肉の修復にも役立ちます。

 

BCAAを多く含む食品は豆腐、豆乳、納豆などの大豆製品、サンマなどの魚類、チーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品、牛肉、鶏肉、豚肉などの肉類が挙げられます。

 

これらをバランスよく食事メニューにとり入れてみましょう。

 

BCAAと一緒にとると良いビタミン

ビタミンB1ビタミンB2は体内の糖質や脂質をエネルギーに変えてくれるため、BCAAと一緒に摂取したい成分です。

 

どちらも水溶性のビタミンなので、味噌汁やスープなど汁も一緒に食べられるメニューにするのが良いでしょう。

 

ビタミンB1は豚肉、玄米、うなぎなどに、ビタミンB2はレバー、魚肉ソーセージ、ブリ、海苔、こんぶなどに含まれています。

BCAAの働きはほかにもある

脳の疲労を軽減する

脳が疲労を感じる原因の一つがセロトニンという物質の分泌です。

 

脳内にセロトニンが増加することで疲労として感じ取るのだと言われています。

 

血中のBCAA濃度が高まるとセロトニンの分泌が軽減されるため、BCAAは脳の疲労をいやす効果があります。

 

普段の生活で集中力が途切れやすいシーンがある人や、ストレスを感じやすい人にもおすすめです。

 

肝臓の保護に役立つ

肝臓になんらかの疾患を持った人は、体内のBCAAが低下気味になるとされています。

 

BCAAは肝臓の栄養バランスを整え、働きを補助する作用があるため、傷ついた肝臓の回復に効果が期待できます。

BCAAの効果のまとめ

BCAAは筋肉を育てる効果に着目され、スポーツ系のサプリメントに配合されることが多かった成分ですが、筋力アップだけではなくさまざまな健康効果が期待できる成分です。

 

脂肪肝の予防や、脂肪肝改善のために内臓脂肪を減らしたいと思ったとき、BCAAのエネルギー消費の効率を底上げする効果は大いに役立ちます。

 

また、脳の疲労回復や肝臓の保護の効果は現代人の健康の悩みの解決を手助けしてくれるでしょう。

関連ページ

クエン酸が肝臓と体に良いと効きましたが、どういう効果があるんですか?
クエン酸が体に良い!ってけっこう良く聞きますよね。実は肝臓にも優しく作用するんです。クエン酸がどのように効果をもたらすのかを見ていきます!
タウリンの肝臓への効果が知りたい!どうして効果がある?どんな効果が期待できる?
今、タウリンが気になる!肝臓のパワーダウンを改善したい!タウリンがもたらすさまざまな作用についてまとめています。肝臓元気で毎日イキイキにしたいあなたに!
ムチンってなんですか?肝臓や体の疲れに効果があると聞いたのですが…
ムチンがもたらす肝臓や体への健康効果は!?ムチンが含まれる食べ物って何!?あなたがいま知りたいムチンの情報をまとめています。
ビタミンB2が脂肪肝の予防に必須?肝臓にどんな効果があるの?
ビタミンB2ってどんな成分?実は肝臓の健康維持・脂肪肝に効果てきめんな成分だったのです!ビタミンB2の何が肝臓に良いのかまとめてみました!
スクワレンの健康効果にはどんなものがあるの?効果的な摂取の方法は?
スクワレンの健康効果は想像以上にすごかった!さまざまな生活習慣病や将来の健康が気になるあなた、いつまでも若々しくいたいあなたは必見です!
L-カルニチンは、脂肪肝の予防や改善に効果的な成分ですか?
L-カルニチンが脂肪肝に効果がある!?ダイエット効果だけじゃなかったL-カルニチンの健康パワーの魅力に迫ります!肝臓の健康が気になるあなたに…
カテキンは肝臓の健康維持に効果あり?たくさん摂取するコツも知りたい!
カテキンには実は肝臓を守る効果もあったんです!カテキンがなぜ肝臓に良いのか、どのように摂取するのが効果的かについてまとめています。
アスタキサンチンはなぜ肝臓の機能維持に効果があるんですか?
アスタキサンチン、聞いたことあります!でも肝臓に効果があるのは知らなかったです。どうして効果があるの?なぜ肝臓に良いの?教えてください!
田七人参が肝臓の健康に効果があると耳にしました。詳しく教えてください!
田七人参のパワーに迫りますよ!肝臓にも効果あり!体の健康のためには生活習慣を正常化しなきゃ…頭ではわかっていても難しい、でもなんとかしたいという方必見です!
アントシアニンの肝臓への効果について知りたい!どうして良いの?
アントシアニン!一度は聞いたことのあるあの成分が実は肝臓に効果があると知っていましたか?アントシアニンの効果について知りたいあなたのための情報です!
「クルクミン」肝臓に良い成分と言えばこれ!〜クルクミンの効果について〜
クルクミンが肝臓に良いって情報はたくさん出てるけど、だからこそ今更人に聞けない感じ…もう一度その魅力的な効能についておさらいしましょう!