肝臓に良い成分悪い成分記事一覧

酸味成分の一種で、お酢や柑橘類に豊富に含まれています。疲労から分泌される乳酸を抑え、疲労感の軽減や回復の効果に優れています。クエン酸の健康効果は?・ダイエット効果・筋肉痛の軽減・肝臓病、肝機能の低下の改善・エネルギーの生成・疲労の回復

アミノ酸の一種であるタウリンは、イカ、タコ、魚の血合い部分、貝類などの魚介類に多く含まれている成分です。体内ではほぼすべての部分に存在し、コレステロール値を下げるなどの作用により、糖尿病や動脈硬化など生活習慣病の予防に高い効果を発揮します。

ムチンは多糖類の一つで、優れた保水力を持っているのが特徴です。納豆や山芋、オクラなどのネバネバした部分に豊富に含まれており、粘膜の保護や水分の保持の役割があります。また、私たちの体の粘膜部分にも存在する成分です。

リボフラビンとも呼ばれる成分で、主に美容と健康に作用してくれるビタミンです。エネルギーの代謝と体の新陳代謝を促し、スムーズにすることで健康で若々しい皮膚や髪、爪などの生育に関わります。

BCAAとはバリン、ロイシン、イソロシンの3つの必須アミノ酸のことで、疲労感の軽減や筋肉痛の軽減に作用がある成分です。私たちの体内では生成することができず、食事やサプリメントからの摂取が理想とされています。

私たちの体にさまざまなポジティブな影響を与える不和脂肪酸の一種であり、原料はサメの肝油です。このことから別名を深海鮫エキスとも言います。深い海の底は日の光も届かず、さらに高い水圧と酸素の少ない過酷な環境です。スクワレンはそのなかで深海鮫が生きていくための大切な成分なのです。スクワレンという名前の由来は、最初に発見した博士がツノザメ科を意味するスクアリデーをもじったことが始まりです。

L-カルニチンはアミノ酸の一種で、体のなかの脂質の燃焼を促し、エネルギーとして消化する流れを作ってくれる成分です。細胞のなかでエネルギーの生産をおこなう”ミトコンドリア”の場所まで脂肪を運ぶ役割を持っているため、L-カルニチンが不足すると効率の良いエネルギー生産ができなくなる=エネルギーのもととなる脂肪の消費が滞るという仕組みを辿ります。実はL-カルニチンが食品として使用できるようになったのは20...

肝臓の働きは、私たちの生命機能にと切り離して語ることができない臓器。肝臓の不調は疲労感や寝起きの悪さなど、身体症状となり表出します。こちらではそんなカテキンの効果についてご紹介します。カテキンってなに?カテキンはポリフェノールの一種で、緑茶の渋み、苦味などの旨味成分のもととなっているものです。多くのポリフェールが持つ抗菌、殺菌作用、抗酸化作用を備え、体内の健康維持に役立つ有効成分です。肝臓の疲労を...

サプリメントだけではなく、化粧品に配合されることもあるアスタキサンチン。実は肝臓の健康を維持する効果にも優れていることを知っていますか?肝機能の低下や脂肪肝に悩む人にぜひ読んでほしいアスタキサンチンの働きについてまとめてみました。アスタキサンチンってどんな成分?赤い色を持つ天然の色素の一種で、自然界ではサケ、イクラなどの赤い食品に含まれています。とても強力な抗酸化作用を持つことで知られ、アンチエイ...

肝臓によいと言われている「田七人参」は、ウコギ科の植物です。健康成分として名高いサポニン、アルギニン、フラボノイドを豊富に含有しているのが特徴です。さらに現代人に不足しがちなビタミン、ミネラルも含んでおり、生活習慣の悪化によるさまざまな体の不調を懸念する人におすすめです。見た目は”にんじん”というよりショウガのようなイメージですね。こちらではそんな肝臓の機能向上のために摂取したい田七人参の成分に迫...

肝臓の悩みを解決する手助けをしてくれる成分のひとつ、アントシアニン。アントシアニンとは何なのか?どのように肝臓に効果があるのか?さまざまな面から詳しく見ていきます!・肝臓の数値に不安要素があるが、お酒をやめるのは社会的に厳しい…・運動不足で脂っこいものが大好き!体に悪いと思ってはいるが美味しいものには勝てない・特に具合が悪くはないが、最近お腹が出てきたねと言われ、メタボリックシンドロームが気になっ...

肝臓の機能向上・改善を目指すための成分として代表的なクルクミン。肝臓にどう作用するのか、どのような症状に効能を発揮するのかなど、正しく活用するためにもう一度おさらいしておきましょう。・二日酔いしやすくなり、翌朝が大変・お酒を飲まない日がほぼないので肝臓の状態が不安・カロリーの高いものが好きなので、脂肪肝に注意するよう言われた・朝からどんより、もっとスッキリと一日を迎えたいクルクミンはこんな悩みを抱...

アルギニンは普段の生活ではあまり聞き慣れない成分かもしれません。私たちの体を維持するのに必要なアミノ酸の一種で、肝臓に対してもポジティブな効果を発揮します。・疲れやすくなったうえに、その疲れがとれにくい・風邪を引きやすくなり、免疫力の低下を感じる・お酒を飲んだあとのぐったり感を解消したい・とにかく最近元気が出ないこのような悩みの一部は、実は肝臓の疲労が引き起こしているかもしれません。アルギニンの作...

セサミンと言えば、ごまの主要な健康効果として広く知られている成分です。セサミンが肝臓にもたらす良い効果にはどのようなものがあるのでしょうか。二日酔い・アルコールへのだるさセサミンの二日酔い・アルコールへの効果私たちの体に入ったアルコールは本来有毒なものであり、無害なものにするために肝臓が頑張って分解・代謝を行うのですが、このときアルコールの代謝を助ける酵素の数が日本人はもともと少ない人が多いと言わ...

ビタミン類は私たちの体の健康維持に欠かせない重要な栄養成分ですが、そのなかでも今回はビタミンEに着目してみます。・アルコールはあまり飲まないけれど、肝臓の数値が気になるようになってきた・気がつけばカロリーの高い食事ばかり摂っている・美味しいもの=脂や高カロリーでなかなかヘルシーな生活に持っていけない・できる限り肝臓に優しく、効果が高い成分でケアしたい近年、お酒を飲まない人にも発症する非アルコール性...