血糖値を下げるサプリ情報

こちらでは、血糖値を下げるサプリを主軸に、血糖値を下げるための周辺情報についてご紹介しています。

 

 

「今まで血糖値が高くても何もしてこなかった」
「健康が気になるからと飲み会は断れない」
「運動しなきゃなー。の日々」

 

食事制限や運動が難しければ、まずはサプリから始めてみませんか?

 

「やろうと思っている」を「今日から始めた」に切り替えるきっかけになるページです。是非、ご覧下さい。

 

 

血糖値を下げるサプリランキング

当サイトの血糖値を下げる3つのサプリメントは、
@安全性
副作用や被害報告のないもの

 

A購入リスクの少なさ
すぐ解約できる、すぐ休止できるなど割引と引き換えのリスクがないもの

 

B始めやすさ
割引率や送料、代引き手数料、返金保証など、初めての方が選びやすいもの

 

この3つを軸に選んでいます。
「どれを選んでいいかわからない」という方の、サプリを選ぶ手助けになれば幸いです。

 

 

白井田七

・キャンペーン価格初回3,980円
・初回約39%オフ
送料無料
・サポニン、アミノ酸、ビタミンを豊富に配合
・15日間の返金保証つき
※毎月300名様限定

価格

容量

評価

6,480円⇒3,980円(税別)

1袋120粒(約1ヶ月分)

血糖値,下げる,サプリ,

 

サラシアプラス

・定期お届け価格6,420円
・定期お届けならいつでも10%オフ
・税込み送料無料
・4粒にサラシア300mgを配合
・10種類の有効成分が健康に役立つ

価格

容量

評価

7,180円⇒6,462円(税込)

1袋120粒(約1ヶ月分)

血糖値,下げる,サプリ,

 

 

DHA&EPA+N
DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン

・初回モニター価格980円
・初回76%オフ
送料無料
・特許成分「N-アセチルグルコサミン」配合
・DHA・EPA配合でサラサラをサポート

価格

容量

評価

4,191円⇒980円(税別)

1本120粒(約1ヶ月分)

血糖値,下げる,サプリ,

 

 

 

血糖値を下げるおすすめの食べ物

野菜類

玉ねぎ

イソアリイン⇒血液サラサラ効果

アボガド

カリウム⇒インスリンの働きを促進

ブロッコリー

クロム⇒インスリンの働きを促進、葉酸が血液サラサラ効果

キャベツ

糖分の吸収を抑え、血糖値の急上昇を抑える

オクラ

ガラクタン⇒血糖値を改善・低減

 

加工食品類

納豆

サポニン⇒血糖値改善効果

豆腐

イソフラボン⇒血糖値改善作用

 

その他

青魚

善玉コレステロール⇒血液サラサラ

こんにゃく

グルコマンナン⇒血糖値を下げる

きのこ

血糖値を下げるホルモン受容体を活性化

 

 

控えたほうが良い食べ物

GI値が高い食べ物は控えましょう。
GI値とは、食後2時間までの血糖値の上昇を表す指標で、数値が高くなれば血糖値も上がりやすくなります。

 

GI値が高い食品

炭水化物類

 

・ご飯
・パン
・うどん
・ラーメン
・パスタ
・お餅 等

 

乳製品類

・アイスクリーム
・加糖練乳 等

 

野菜類

かぼちゃ
・じゃがいも
・人参 等

 

その他

・卵
・チョコレート
・和菓子
・洋菓子 等

 

 

血糖値と飲み物の関係

血糖値に効果的な飲み物

コーヒー

クロロゲン酢酸⇒血糖値の上昇を防ぐ

緑茶

カテキン⇒血糖値を下げる

玄米茶

カテキン、ギャバ、オリザノール⇒血糖値のコントロールや低下、上昇を抑える

ヤーコン茶

フラクトオリゴ糖⇒血糖値下降効果

トマトジュース

リコピン⇒血糖値を下げる

 

避けたい飲み物

清涼飲料水

スポーツドリンクや炭酸水、ジュース等には多くの糖分や果糖が含まれ、血糖値が上がりやすいです。

 

お酒

日本酒や梅酒、紹興酒等甘味の多いお酒

 

 

食事でおさえておきたい3つのポイント

食事の時は野菜から

 

野菜に含まれる食物繊維は血糖値の急上昇を防ぐ効果があるので、血糖値を穏やかに上昇させます。

 

血糖値が急上昇すると、血管が糖分で詰まり、ダメージを受けます。これを防ぐ為にすぐにインスリンが分泌され、血糖を脂肪に変えてしまいますから、血糖値の急激な上昇を防ぐことが肥満の防止にもなります

 

よく噛む

1回口の中に食べ物を入れるにあたって、最低30回の咀嚼(そしゃく)は血糖値を下げます

 

咀嚼回数が多くなると、血液中のインスリン分泌促進を活発化させるGLP-1と呼ばれるホルモン濃度を上昇させてくれます。
インスリンは体内に入った血糖をタンパク質の合成やエネルギーに変換するので活発化することによって血糖値が上がりすぎない効果があります。

 

間食をしない

間食をすることによって血糖値のパターンが乱れ、下がりにくくなり血糖値が常に上がっている状態になります。

 

通常、血糖値は食前に下がり食事を摂ることによって上がります。
つまり、朝・昼・晩と3食しか摂らない場合は、血糖値がしっかりと下がった状態から食事をします。

 

ですが、朝食と昼食の間に間食をした場合は、昼食前に下がりきる血糖値が下がる前に間食よって上昇し、その上に昼食を食べます。このように、血糖値が下がり切る前に食事を重ねてしまう事で血糖値が常に高くなります

 

 

運動で血糖値を下げるために

帰宅の「ひとつ前の駅〜自宅」を歩く

 

血糖値を下げるのに運動は効果的です。
運動することによって、血液中にある糖分がエネルギーに変換される為、血糖値が下がります

 

有酸素運動が血糖値を下げるのには効果的ですから、帰宅時に自宅の最寄り駅のひとつ前の駅で降りて歩く等の工夫をしてみてください。
週に3日程度から始めていくと続けやすく負担にもなりにくいです。

 

 

血糖値上昇をもたらす病気について

糖尿病

1型糖尿病

膵臓のβ細胞が破壊されることによってインスリンの分泌がされない病気です。若い世代や子供の患者が多く、インスリンの注射を定期的に行わないと生命の維持に関わります。

 

病気の原因は明確にわかっておらず、多くの見解があります。
1型糖尿病患者は糖尿病患者の5%にも満たないこともあり、まだ完治する病気ではありませんが、病気と上手に付き合うことによって通常の生活に近い状態で暮らすことが可能です

 

2型糖尿病

国内の糖尿病患者の95%が2型糖尿病です。
食べ過ぎや運動不足、肥満、遺伝的な体質によってインスリンの分泌量が少なくなり、効果を発揮できないことで発病します。
太った中高年に多く、病気の進行もゆっくりですが、放置すると合併症を引き起こす可能性もあります。

 

糖尿病の合併症の中でも恐れられている三大合併症は、

 

・失明の危険がある【糖尿病網膜症】
・腎不全の危険がある【糖尿病腎症】
・様々な神経障害が起こる【糖尿病神経障害】

 

です。
食事や運動療法で改善していくことが可能です。

 

その他の病気

クッシング症候群

クッシング症候群は、腫瘍ができコルチゾールと呼ばれるホルモンが増える病気で、腫瘍を摘出することによって治療は可能です。

 

腫瘍ができる場所は以下のいずれかです。

 

1.脳の下にある下垂体
2.腎臓の上にある副腎皮質

 

コルチゾールは、肝臓で糖代謝促進と血液中のブドウ糖の増加をさせ、血糖値を上昇させる為、クッシング症候群になると糖尿病のリスクが高まります。

 

また、コルチゾールは糖代謝やタンパク質や脂質の代謝にも関わっているので、糖尿病の他にも合併症を引き起こす可能性が高くなります。
心不全感染症による肺血症等が代表的です。

 

 

甲状腺機能亢進症

甲状腺が必要以上に活性化し、甲状腺ホルモンが過剰分泌します。
その結果、体の生命維持に必要なエネルギーが上手に利用できないようになってしまう疾患です。

 

そもそも甲状腺はホルモンの分泌を行い体に指示を出しています。
ホルモンが分泌されることによって、必要な場所に必要とするエネルギーを供給することができますが、過剰分泌により必要以上にエネルギーを送ってしまったり、逆に必要なところにエネルギー供給がされない場合もあります。

 

甲状腺機能亢進症の代表的な病気として、

 

・バセドウ病
・プランマー病

 

などが有名です。

 

遺伝の影響

血糖値が上がりやすく、インスリンの働きが低下しやすい体質の遺伝の確立は以下になります。

 

・片親が上記のような体質の場合…約30%
・両親が上記のような体質の場合…約50%

 

遺伝するのは「血糖値が上がりやすい体質」と「インスリンの働きが低下しやすい体質」であって、糖尿病は遺伝しません
ですから、自分自身の体質を理解し、食事の摂取方法や運動を意識することによって糖尿病は予防できます

 

 

血糖値とは?働きについて

 

血液中に含まれるブドウ糖(グルコース)の濃度を示す指標です。
ブドウ糖は白米等の炭水化物や果物など食品に含まれ、生命の維持をするエネルギーです。

 

血液中にあるブドウ糖は、多すぎても少なすぎても問題が生じます。
血液中にブドウ糖が多すぎる場合を「血糖値が高い」と表現し、少なすぎると「低血糖」と表現します。

 

糖尿病患者は血糖値が高い状態が続き、血液中に糖が多く存在します。
糖は血液をドロドロにし、動脈硬化の原因になり、心筋梗塞肝硬変等の病気へのリスクを高めます。

 

反対に低血糖の場合、意識障害痙攣などを引き起こす可能性があります。

 

健康であっても血糖値は食事の度に上がり、空腹時には下がりますから、正常な数値の範囲であれば心配は不要です。

 

 

基準値

一般的な血糖値の基準値・正常値

・空腹時血糖値【70〜109mg/dl】
・食後2時間以内血糖値【140mg/dl未満】

 

空腹時血糖値が
【100〜109mg/dl】
の場合は正常高値とされ、糖尿病になる可能性が高いと判断されます。

 

健康な人だとおおよそ
【70〜130mg/dl】
の間を変動します。

 

糖尿病だと判断される基準

・空腹時血糖値【126mg/dl】
・食後2時間以内血糖値【200mg/dl】

 

血糖値からすぐに糖尿病とは判断せず、他の病気も視野に診断がくだされます。

 

 

血糖値が高い場合の自覚症状

のどが渇きやすい

血糖値が高い場合、血液中にある糖を水分と一緒に尿として排泄します。糖と一緒に水分も排泄されてしまうので、体は水分不足となり水分を補給しようする為、喉が渇きます。

 

体重減少

血糖値上昇の元であるブドウ糖は、生命維持の為のエネルギーです。
血糖値が高くなる事により食事から摂取した栄養素をブドウ糖に変化させるシステムが壊れ、体内に保持していた脂肪や筋肉を消費し生命維持を行うので、体重が減少します。

 

尿の量が多い

理由は複数あります。

 

・血液中にある糖を水分と一緒に排泄する事による増加
・喉が渇くので水分を多飲することにより増加
・腎臓が高血糖の影響により水分の再吸収が上手くできず増加

 

上記の理由により、尿が通常よりも多くなる傾向にあります。

 

 

まとめ

 

血糖値が高い場合は、サプリメントを上手に併用して、負担の内容に食事制限や運動をしていくことによって平常値に戻すことができます。
毎日少しだけの努力の積み重ねがサプリメントの効果を最大限に発揮し、健康をサポートしてくれます。
通常の食事だと多くなってしまうカロリーや、必ず含まれてしまう中性脂肪・糖質などの成分も、サプリメントならカットして、栄養素だけを摂り込むことができます

 

上手に活用して、健康的な生活を送ってください。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

高いALT・GPT数値を下げる方法・対策
ALT・GPTの数値が高く、下げる方法をお探しの方の為の肝臓数値対策情報。ALTとGPTは同じ意味で、どちらも対策によっては下げる方法がございますのでぜひチェック!
高いγ-GTP値を下げる方法|サプリメントの効果|
γ-GTPの高い数値を下げる方法とサプリメントについて解説していまる。γ-GTPの数値が高かったり、あわせて肥満気味だったり脂肪肝で悩んでいる方におすすめの情報をまとめました。
尿酸値が高いのですが、下げる方法が知りたいです。下げる食べ物などは?
健康診断の結果、尿酸値が高いみたい!下げるにはどうしたらいい?どんな病気が待っている?今知っておきたい「尿酸」のあれこれをまとめています。
ウロビリノーゲンの基準値や改善方法、病気などの情報集
ウロビリノーゲンの基準値や改善方法、病気などの情報を集めたページです」。ウロビリノーゲンが基準値外だった方向けの情報を多く集めました。
中性脂肪(TG)を下げる食べ物ってありますか?普段食べやすいもので教えてください。
中性脂肪(TG)を下げる食べ物や、生活で気をつけたいポイントなどなど。余計な中性脂肪を増やさない・ためこまないためのヒントをまとめています。