ALT・GPTを下げる方法お勧めしたい取り組みなどの情報をまとめました!

肝臓の状態の検査数値のひとつにALT(GPT)と記載されます。
この意味や、基準値、高い場合などについて詳しくまとめてみました。

 

ALT(GPT)とは

ALT(GPT)とはいったいどんな数値なんでしょう。

 

ALTとは、【アラニンアミノトランスフェラーゼ】の略のことをいいます。
一昔前は、GPT(=グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの略)といわれていましたが、ALT(GPT)と国際的な基準で統一されました。

 

ALT(GPT)とは、細胞内で作られている酵素のことをいいます。

 

この大半が、肝細胞に存在します。

 

そして、アミノ酸、エネルギーを代謝するときに大切な役割をはたすのがALT(GPT)です。

 

ですが、肝細胞がダメージを受けてしまうと、ALT(GPT)は血液の中に漏れ出してしまいます。
すると、血液検査でのALT(GPT)の数値が高くなってしまいます。

 

 

肝細胞がダメージを受けてしまっている原因は、

 

ウイルスによる感染
アルコールの過度な摂取

 

などによる原因があります。

 

 

ALT(GPT)基準値

ALT(GPT)の基準値は

 

「30IU/L以下」とされています。

 

ALT(GPT)の数値が高い場合は、肝臓内の何らかの病気が原因とされています。

 

なぜならALT(GPT)の大半が、肝細胞に存在しているからです。
また、肝臓に深く関係しているAST(GOT)といわれる数値とのバランスでも、

 

どんな病気にかかっているのかが変わってくるのです。

 

ALT(GPT)値から読み取る病気の種類

ALT(GPT)の数値が高いと考えられる病気が

 

「ウイルス性肝炎、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎、肝硬変」

 

などが挙げられています。

 

ALT(GPT)の数値が高いと、すでに病気が進んでしまっている場合もあるので、すぐに医師と相談をしましょう。

 

ALT(GPT)の数値と肝臓へのダメージの側面

ALT(GPT)の数値が高い場合は、肝細胞にダメージを受けている場合がほとんどです。

 

これは、肝臓の働きすぎが原因で、肝臓に負担がかかりすぎていることです。ですので、ALT(GPT)の数値が高い場合は、肝臓を休ませてあげることが大切になってきます。
これを、休肝日ともいわれますね。

 

 

このような言葉があるくらいですから、肝臓を休ませることは必要なんです。
どうやって、肝臓を休ませてあげるのかというと、肝臓に負担をかけてしまう、タバコ、お酒をやめるということです。

 

週に2日以上はこれらのことをやめ、休肝日をつくってあげましょう。

 

また、高カロリーな食事も肝臓に負担をおわせる原因です。
ですので、高カロリーな食事をさけたり、カロリーを抑えることも、肝臓を休ませてあげることになります。

 

 

肝臓によい食べ物などもあり、牡蠣、しじみ、レバーなどの食品を食べることも大切です。
また、抗酸化ビタミンを含む緑黄色野菜、果物も肝臓にとってよい食べ物となります。

 

 

少し、生活習慣をみなおしてみることで、ALT(GPT)の数値を下げることができます。

 

関連ページ

高いγ-GTP値を下げる方法・サプリメントの効果のホント
γ-GTPの高い数値を下げる方法とサプリメントについて解説していまる。γ-GTPの数値が高かったり、あわせて肥満気味だったり脂肪肝で悩んでいる方におすすめの情報をまとめました。
尿酸値が高いのですが、下げる方法が知りたいです。下げる食べ物などは?
健康診断の結果、尿酸値が高いみたい!下げるにはどうしたらいい?どんな病気が待っている?今知っておきたい「尿酸」のあれこれをまとめています。