ALT・GPTを下げる方法お勧めしたい取り組みなどの情報をまとめました!

 

肝臓の状態の検査数値のひとつにALT(GPT)の情報が記載されています。
ALT(GPT)の意味や、基準値、高い場合、サプリメントについてなどについて詳しくご紹介していきます。

 

ALT(GPT)とは

ALTとは、【アラニンアミノトランスフェラーゼ】の略のことをいいます。
一昔前は、GPT(=グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの略)といわれていましたが、ALT(GPT)と国際的な基準で統一されました。

 

ALT(GPT)とは、主に肝胞内で作られている酵素のことをいいます。
他の臓器などにも含まれる酵素ですが、大半が肝細胞に存在します。

 

そして、エネルギーを代謝するときに大切な役割をはたすのがALT(GPT)です。

 

ALT(GPT)基準値

ALT(GPT)の基準値は、男女共に

 

【30IU/L以下】とされています。

 

また、肝臓数値にはAST(GOT)といわれる肝臓数値との比較によって、高い数値の背景に潜む病気がわかります。

 

ALT(GPT)が高くなる仕組み

ALT(GPT)が血液検査で高くなる理由は、肝細胞が受けるダメージです。

 

肝細胞が何らかの原因によってダメージを受けてしまうと、ALT(GPT)は血液の中に漏れ出してしまいます。
普段は一定範囲内の値で推移しますが、ダメージを受けることでALT(GPT)の血中濃度が高くなってしまいます。

 

ALT(GPT)が高くなる原因

肝細胞がダメージを受けてしまっている原因は、

 

アルコール性肝障害
ウイルス性肝炎
非アルコール性脂肪肝炎
肝硬変
これらが挙げられます。

 

ALT(GPT)の数値は肝臓に多く存在する酵素であるため、数値が高い場合は既に病気が進行している可能性が高いので、すぐに医師に相談をしましょう。

 

ALT(GPT)を下げる方法

ALT(GPT)の数値が高い場合は、肝細胞にダメージを受けているサインです。

 

病気によって高い場合・生活習慣によって高い場合いずれも、肝臓に負担をかけない・肝臓に良い生活習慣の指導を医師から伝えられます。

 

肝臓のためにアルコールを断つ

 

アルコールは肝臓で分解されます。
体に入ったアルコールは「アルコール脱水酵素(ADH)」によってアセトアルデヒドに変えられます。
アセトアルデヒドはその後「酢酸」に変えられます。

 

このアセトアルデヒドによって肝臓はダメージを負います。

 

アセトアルデヒドは肝臓の細胞を壊す

アセトアルデヒドは強い毒性を持っている物質です。
肝臓の細胞内にあるミトコンドリアと呼ばれる部分が、アセトアルデヒドを分解して酢酸に代謝(変換)しています。
DNAなどと結合することで一部分を変化させてしまう物質で、

 

・大量飲酒
・代謝能力を超えた飲酒
・習慣化した飲酒

 

などを原因として、アセトアルデヒドによって肝臓の働きが低下し、血中濃度が高まることで(10μM以上で)

 

頭痛
吐き気
嘔吐
顔面発赤

 

などの症状が現れます。

 

酢酸は脂肪酸の合成を促す物質でもあるので、アルコールを大量に摂取することは脂質異常症(高脂血症)を招き、脂肪肝の原因になります。

 

肝臓へのダメージを抑えて数値改善

肝臓は休憩が許されない臓器です。
しかし、肺や心臓とは異なり、不安を軽減することができます。

 

休肝日を設ける

休肝日はとっても効果的な改善策の一つです。
肝臓は日々働き尽くめで、その機能は何百種類にもわたります。

 

アルコールを摂取するということは、その何百種類の仕事を滞らせることになります。
一気にやめてしまうのもストレスになり逆効果ですから、まず週一日から初めて、徐々に間隔をあけていくように休肝日を設けましょう。

 

肝臓に良い成分を摂取する

肝臓は、食べ物に含まれる成分で働きをサポートすることができます。
牡蠣、しじみ、レバーなどの食べ物はその代表です。

 

カテキン

カテキンはご存知の方も多い、お茶に豊富な成分。
カテキンは、胃から吸収されるアルコールを抑えてくれる成分です。吸収されずにそのまま排出することができれば、その分肝臓に負担を強いることもなくなり、悪酔いや二日酔いなども未然に防ぐことができます。

 

亜鉛

 

亜鉛は、タンパク質でできた細胞が生まれ変わろうとするときに必要な材料です。
肝臓はアセトアルデヒドなどからダメージを負っては回復します。
しかし回復に使われる亜鉛が不足すると肝臓は回復できず、機能が100%⇒90,80,70%と下がっていきます。
牡蠣などに豊富な亜鉛ですが、継続的に摂取するには経済的なデメリットがあり、サプリメントなどを選んでいる方のほうが圧倒的に多いのが特徴です。

 

クルクミン

コンビニで購入できるアルコール対策用ドリンクにも含まれていて、比較的認知度も高いクルクミン。
ウコンに含まれる成分で、アセトアルデヒドを代謝して、酢酸に変える働きをサポートしてくれます。アルコールを飲む前に摂取するのがお勧めです。

 

オルニチン

オルニチンは貝類、特にしじみに豊富な有効成分です。
直接的なアルコールへの効果というよりも、飲酒食べすぎなどによって生まれる疲労成分アンモニアの代謝を助け、疲労感や体のだるさを除去してくれる成分です。

 

 

ALT(GPT)を下げるサプリ3選

 

レバリズムL

・モニター価格980円
・初回は1ヶ月分が5,000円OFF
税込・送料込でお得に試せる
しじみエキス牡蠣エキススクワレンが肝臓をしっかりサポート
・満足度97%
※先着500名様限定

価格

容量

評価

5,980円⇒980円(税・送料込)

1袋90粒(約30日分)

ALT,GPT,下げる,方法,

 

 

 

肝パワーEプラス

・初回特別価格980円
送料&手数料無料で試しやすい
・厳選3大素材、ジャンボにんにく牡蠣南高梅を贅沢に使用
ハイクオリティ認証取得で品質・安全性を保証
モンドセレクション金賞受賞
※毎月100名様限定

価格

容量

評価

1,580円⇒980円(税・送料込)

3袋×5袋(約5日分)

ALT,GPT,下げる,方法,

 

 

 

セラクルミン

・定期初回2,980円
・定期購入初回70%引き
税込み・送料込みでお得
・肝臓をサポートする日本初の機能性表示食品
・吸収量を27倍まで高めたセラクルミンを配合

価格

容量

評価

9,980円⇒2,980円(税・送料込)

1袋60粒(約30日分)

ALT,GPT,下げる,方法,

 

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

高いγ-GTP値を下げる方法|サプリメントの効果|
γ-GTPの高い数値を下げる方法とサプリメントについて解説していまる。γ-GTPの数値が高かったり、あわせて肥満気味だったり脂肪肝で悩んでいる方におすすめの情報をまとめました。
尿酸値が高いのですが、下げる方法が知りたいです。下げる食べ物などは?
健康診断の結果、尿酸値が高いみたい!下げるにはどうしたらいい?どんな病気が待っている?今知っておきたい「尿酸」のあれこれをまとめています。
ウロビリノーゲンの基準値や改善方法、病気などの情報集
ウロビリノーゲンの基準値や改善方法、病気などの情報を集めたページです」。ウロビリノーゲンが基準値外だった方向けの情報を多く集めました。
中性脂肪(TG)を下げる食べ物ってありますか?普段食べやすいもので教えてください。
中性脂肪(TG)を下げる食べ物や、生活で気をつけたいポイントなどなど。余計な中性脂肪を増やさない・ためこまないためのヒントをまとめています。