肝臓数値の種類と対策と下げる方法

 

肝臓数値というのは、いわゆる

 

・γ-GTP
・ALT/GPT
・AST/GOT
・ALT
・ウロビリノーゲン
・総ビリルビン

 

これらの肝臓の健康度合いを数字で表したものです。

 

 

これらの血液検査でわかる肝臓数値は、肝臓がどれだけ傷ついているかというものを表しています。

 

数字が大きく、高値になればなるほど、肝臓の病気、または肝臓の機能が衰えている証拠。

 

 

対策せすそのまま過ごしていると、ある日突然余命宣告されるということもあり得るのが肝臓。

 

 

肝癌や肝硬変、急性肝疾患を予防する意味でも、肝臓数値と向き合い、対策をおこないましょう。

 

 

こちらではそんな肝臓数値を、項目ごとに解説して下げる方法にも言及していますので是非ご覧ください。

肝臓数値医学情報記事一覧

肝臓の状態の検査数値のひとつにALT(GPT)と記載されます。この意味や、基準値、高い場合などについて詳しくまとめてみました。ALT(GPT)とはALT(GPT)とはいったいどんな数値なんでしょう。ALTとは、【アラニンアミノトランスフェラーゼ】の略のことをいいます。一昔前は、GPT(=グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの略)といわれていましたが、ALT(GPT)と国際的な基準で統一されまし...

γ-GTPの数値を下げるのに効果的とされる方法にはいくつかあります。もっとも効果的とされるのは禁酒ですが、仕事の付き合いなどでお酒の席が多い…となると改善が難しい場合があります。完全に禁酒するのは難しいが、控えめにしながらなら、という生活のなかで効果的な方法をピックアップしてみました。

尿酸値が高いといっても、その原因は様々にあり、原因によって生まれる弊害も異なります。薬剤の影響一部の薬剤の影響で、尿酸値が上昇することがあります。・フルイトランなどサイアザイド系の高圧利尿薬・テオドールなど、喘息の治療薬として用いられるテオフィリン・ラシックスなどのループ利尿薬・小児用バファリン等、アスピリンを用いたもの・ピラジナミドなど、結核治療薬のピラジナマイドこれらは服用後、尿酸値が上がる場...