二日酔いをサプリで改善するための情報ページ

このページでは、二日酔いを予防してくれるサプリメントを詳しく解説しています。

 

 

「二日酔いを予防するサプリは効果があるのかな?」
「少ししか飲んでないのに二日酔いだ」
「若い頃のように楽しくお酒を飲めるならサプリもアリ?」

 

等、二日酔いが気になってお酒を楽しめないという悩みを解決する情報をわかりやすくまとめています。
二日酔い知らずで楽しいお酒が飲めるようになるので、ぜひご覧下さい。

 

 

二日酔い対策サプリメントランキング

 

レバリズムL

レバリズムLは、満足度97%で初回は驚きの5,000円値引き980円で購入できる二日酔いサプリです。

 

二日酔いの予防に欠かせないシジミ牡蠣の有効成分を豊富に含み、幅広い年齢の方に親しまれています。

 

飲み続けている人からは、肝機能の数値も、飲み過ぎも気にならなくなり毎日、快適に過ごせていると声が寄せられています。

価格

容量

評価

5,980円⇒980円(税・送料込)

1袋90粒(30日分)

二日酔い,サプリ,ランキング,おすすめ,

 

 

ヘパリーゼ

ここで紹介するヘパリーゼは、通販限定のサプリメントのへパリーゼです。テレビCMなどでも認知度が高く、コンビニなどでも気軽に入手できますが、それらの商品よりも二日酔いなどに効果的な成分である「肝臓エキス」や「オルニチン」などが段違いに含まれています。

 

約15日分で3,645円で始めることができます。知名度の高いゼリア新薬の商品です。品質には折り紙つきですので安心してご利用ください。

価格

容量

評価

1,350円⇒980円(税・送料込)

1袋3粒×5袋(5日分)

二日酔い,サプリ,ランキング,おすすめ,

 

 

ゲンキウコン

ゲンキウコンは、二日酔いなどに効果のある「クルクミン」が桁違いに豊富な「クスリウコン」を使用した二日酔いサプリです。

 

クスリウコンには、ウコンの種類である春・秋ウコンと比較しても、クルクミンが
・秋ウコン→約15倍
・春ウコン→約70倍
という桁外れの含有量を誇ります。

 

初回は980円から気軽に始められることもあり、多くの方に愛されています。個別梱包なので携帯にも便利で、ウコン特有のニオイや味を気にしないで飲むことができ、人気を集めています。

価格

容量

評価

3,500円⇒980円(送料込)

1袋30包(約1ヶ月分)

二日酔い,サプリ,ランキング,おすすめ,

 

 

【お悩み別】二日酔いサプリを飲むタイミング講座

悪酔い対策

悪酔いを対策したいのであれば、お酒を飲む前にサプリメントを飲むのが効果的です。

 

サプリメントの種類にもよりますが、ウコンを含むタイプの商品であれば、飲酒前に飲むことによって肝機能である「代謝機能」を高め、胆汁の分泌を促進し、アルコールやアセトアルデヒドの分解・排出を効率的に行ってくれます。

 

おおよその目安としては、飲酒前30分〜1時間前が望ましいでしょう。

 

もし、飲み忘れてしまったとしても、気がついた時点で服用することによって効果を発揮してくれます。

 

二日酔い対策

 

二日酔いを対策するためには、飲み終わりに二日酔いサプリを摂取するのがおすすめです。
その理由は、サプリ摂取によってお酒を普段より飲めてしまい、結果的に自分の肝臓の処理能力を超えて飲んでしまうことを予防するところにあります。

 

お酒を飲めるようになるのは楽しいですが、その分肝臓に負担をかけることになります。
普段のお酒の量でセーブし、飲酒後にしっかりサプリを摂取して翌朝の二日酔い症状を対策するのがおすすめです。

 

慢性的な肝機能低下を改善するために

継続的・習慣的に飲み続けることが、慢性的な肝機能低下の改善を左右します。
飲み忘れを防ぐ為に食前や食後など、自分が決めたタイミングを毎日続けるようにしましょう。

 

また、飲み忘れをしてしまった場合でもすぐに飲めるように毎日身に付けるカバンや財布等に予備を忍ばせておくのも良い方法です。
個別梱包タイプの商品やピルケースを活用して持ち歩く癖をつけておくと、飲み忘れや急な飲み会に対応することができます。

 

 

二日酔いに効果的といわれているあれこれの真相

「ウコンの力」は有効成分量が少ない?

ウコンの力の有効成分量は、当サイトで紹介している二日酔いサプリと比べても半分以下です。

 

「ウコンの力」には、二日酔い予防の為の有効成分、クルクミンが30mg含まれています。
その他、二日酔い対策に効果的な有効成分としてビサクロンは400μgやビタミンB群4種を含んでいます。

 

しかし、ランキング3位の「ゲンキウコン」は70mgのウコン含有量です。
ウコンの力の倍以上の配合量ですので、圧倒的に恩恵を受けることができるでしょう。

 

タウリンは二日酔いにも効果的?

 

タウリンには、二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの無毒化を促進してくれる効果があります。よって、二日酔いにも効果的と言えます。

 

タウリンは、居酒屋のメニューにもあるイカやタコ、アサリ、牡蠣などに多く含まれるので、おつまみとして食べるのも二日酔いサプリに次ぐお勧めの方法です。

 

水素水の抗酸化作用は二日酔いにGOOD

水素水には、二日酔いの原因になる活性酵素を除去し、二日酔いの症状対策に効果的です。

 

活性酵素はアルコール分解時に発生し、肝細胞を攻撃する特性があります。活性酵素を除去することによって肝臓が働きやすくなり、スムーズにアルコールを無毒化し体外へ排出してくれます。

 

また、水素水は水分ですから飲酒時における脱水症状の対策にもなり、頭痛や喉の渇きなどの症状も和らげることができます。

 

 

肝臓数値には注意!

γ-GTPやALTが高い場合は要注意

肝臓の細胞がダメージを受けている場合には、「γ-GTP」や「ALT」が高くなります。
高くなる原因として自分の肝臓の処理能力を超えるアルコールの摂取が挙げられます。

 

γ-GTPは、肝臓の細胞が死滅した際に血液中に流れ出ます。アルコールを飲むことが多い場合は、肝臓がダメージを受け、負担が増しているサインです。
男性の正常値は50で、100以上の場合は脂肪肝等の進行が考えられます。

 

⇒γ-GTPをさらに詳しく

 

 

ALTの殆どは肝細胞に含まれ、γ-GTPと同様、細胞がダメージを負うことで血液中に流れ出ます。数値が高い場合は肝臓の疾患が疑われます
基準値は30以下で、31以上になると何らかの障害を受けていると判断します。

 

飲み会が多かったり飲酒の習慣がある場合は、禁酒や食生活の改善を行うことによって、正常値に戻る場合もあります。

 

⇒ALTをさらに詳しく

 

 

肝臓の働きが低下するとこんな症状が

慢性的な疲労

 

慢性疲労の原因は、疲労物質のアンモニアの滞留です。
本来肝臓の働きで除去されるはずのアンモニアが体に蓄積してしまうことで、疲労となり現れます。

 

肝臓は、私たちが生きていくためのエネルギーを作り出す臓器でもあります。しかし、その働きがアルコールの影響でさえぎられてしまうと、アンモニアを除去する肝臓の働きに使うエネルギー自体が不足し、「エネルギー不足⇒アンモニア除去不足⇒疲労感」の負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

二日酔いは、肝臓が疲労している状態として捉えても過言ではありません。お酒を飲む習慣がある方は、二日酔いサプリを使用して肝臓をいたわることが、慢性的な疲労感を改善させる有効的な方法のひとつと言えます。

 

⇒より詳しい肝臓と疲労の情報へ

 

 

寝ても寝ても眠い

睡眠をとっても眠たいと感じるのは、肝臓が作り出すエネルギーの不足が原因のひとつとして挙げられます。
過度の飲酒等は、エネルギーを生成する役割のある肝細胞(ミトコンドリア)の働きを弱体化させます。

 

飲酒につきものであるアンモニアやアセトアルデヒドの増加も相まり、「寝ても寝ても眠い」状態が慢性化していきます。

 

気づかないうちにアンモニア臭が・・・

アルコール摂取は、アンモニア臭の発生を促進させてしまいます。

 

飲酒によってアセトアルデヒドの解毒に手一杯の肝臓は、アンモニアの解毒まで手がまわらず体内に滞留してしまいます。
血液中に滞留したアンモニアは、汗腺(汗を出す腺)を介して排出されるため、体がアンモニア臭くなります。

 

⇒アンモニア臭の詳細へ

 

 

二日酔いサプリを上手に取り入れ、お酒を楽しく!

 

若い頃に比べてお酒に弱くなったと感じる場合、それは肝臓の働きが弱くなっている可能性大です。

 

肝臓の働きをサポートする二日酔いサプリを上手に生活に取り入れ、本来楽しいはずのお酒をより楽しむきっかけになればと思います。
これからの時期、お酒がおいしくなる季節だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら