オルニチン徹底解剖!オルニチンで総ビリルビンを下げる!

オルニチンとは?

オルニチンはアミノ酸の一つです。しじみ以外にも日常的に摂取する食事の中にも含まれています。体内に摂取されたオルニチンは血液中に溶け込み、肝臓に届けられます。肝臓は血中の毒素であるアンモニアなどの代謝を行うのですが、その時に活躍するのがオルニチンです。

 

アンモニアの代謝は体内のアンモニアをグルコースへ変化させたり、ATPを作り出すアンモニアの解毒など、有害なアンモニアを無害な形へ変化させる大切な機能の一つです。

 

オルニチンが体内に吸収されるまでの流れ

オルニチンは食事によって口から摂取されると、胃を通過し小腸で吸収されます。小腸で吸収されたオルニチンは筋肉や腎臓などに運ばれます。

 

肝臓は体内で「解毒」を担う臓器です。誰もが聞いたことがある「アンモニア」も人体にとっては有害物質です。アンモニアは体内でタンパク質を代謝するときに生成される産物で、この有害物質であるアンモニアを分解するのも肝臓の働きです。オルニチンはこのアンモニアを分解するときに手助けをする物質で、言い換えれば日々消費されている物質なのです。

 

しじみの「オルニチン」含有量について

オルニチンはしじみ以外にも「チーズ」や「パン」などにも含まれている一般的な成分です。しかししじみは、その含有量が他の食品と比較しても際立って多いのが特徴です。
チーズは100gあたり約0.7〜9mgの含有量に対して
しじみは100gあたり約11〜16mgという桁違いのオルニチンを含んでいます。

 

爪ほどの大きさしかないしじみの中には、他の食品とは比べ物にならないほどの栄養素がぎっしり詰まっています。

 

しかしいくらしじみが肝臓に良いからと言って、毎日しじみ料理を食べるのは、しじみが大好きの人にとっても苦痛だと思います。
そんな時にお勧めしたいのがサプリメントです。

 

肝臓サプリメントは一日あたり数円から始められ、飲むだけでしじみ数十個分の栄養素を摂ることが出来るメリットがあります。
下記にお勧めサプリメントをまとめてありますのでぜひ参考にしてください!

 

⇒オルニチン高配合本気のアナタへ送る肝臓サプリメント

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

しじみの歴史
しじみの有効成分が総ビリルビンを下げる働きがあるとされていますが、そのしじみ自体の歴史や変遷などについての情報をまとめています。
しじみの成分
しじみの成分「オルニチン」の総ビリルビンを下げる作用は実験でも立証されています。そんなしじみの成分「オルニチン」を解説しています。
オルニチンで慢性的な疲労感を改善できますか?
オルニチンはしつこい疲労感を改善してくれる効果がある成分です。多くの中年男性が悩む中性脂肪や脂肪肝等の悩みもオルニチンで解決!凄い効果をぜひ覗いてください!