しじみって肝臓に良いって聞くけど、ホントなの?真相ズバリ解決!

 

肝臓に良いとされる【しじみ】。細菌ではテレビでも特集を組まれ、肝機能を改善する方法として【しじみ】を摂取する方法を紹介しています。
こちらでは、

 

◆しじみのどの成分が体に良いのか
◆肝臓に良い理由は何なのか
◆どれくらい食べたらいいのか
◆低価格でしじみの成分だけを摂取する方法

 

 

これらの疑問に対して様々な角度からしじみを解説していますので是非参考にしてください!

しじみの成分解説記事一覧

総ビリルビンは肝臓の健康状態を示す一つの手がかりです。総ビリルビンが高いと、肝臓の機能が低下しているなど、その機能を発揮できていない事を意味しています。そんな肝臓に良いとされている食品の代名詞は「しじみ」です。なぜ「しじみ」が肝臓に良いのか、そしてなぜ、総ビリルビンを下げるのに有効なのかを解説していきたいと思います。◆しじみの歴史しじみを食品として摂取していた歴史をたどると、それは江戸時代よりもさ...

しじみは他の貝類と比較しても、とびぬけて肝臓に良い成分が含まれています。ざっと上げただけでもしじみには疲労回復・解毒促進などの効果があります。こちらではしじみの成分について肝機能と関連付けながら説明していきたいと思います。◆しじみの主な成分しじみの成分で最も有名なのが【オルニチン】です。肝機能を高めるサプリなどには必ずと言っていいほど含まれている成分です。他には・アミノ酸・カルシウム・鉄分・ビタミ...

オルニチンとは?オルニチンはアミノ酸の一つです。しじみ以外にも日常的に摂取する食事の中にも含まれています。体内に摂取されたオルニチンは血液中に溶け込み、肝臓に届けられます。肝臓は血中の毒素であるアンモニアなどの代謝を行うのですが、その時に活躍するのがオルニチンです。アンモニアの代謝は体内のアンモニアをグルコースへ変化させたり、ATPを作り出すアンモニアの解毒など、有害なアンモニアを無害な形へ変化さ...