肝臓サプリランキング【本気で対策したいあなたにおすすめ3選】

 

【この肝臓サプリランキングの概要】
こちらの肝臓サプリランキングは、
@お客様の満足度
A原材料に海外産不使用
B初め購入される方でも安心

 

この3つを重視した肝臓サプリメントの紹介ページになります。
しじみやウコン、牡蠣など、肝臓に良い食べ物・食品はたくさんあり、各社から様々な肝臓サプリが販売されています。こちらでは何十とある肝臓サプリの中から「失敗しない」肝臓サプリ選びをサポートします。
本気のあなたにこそ選んでほしい肝臓サプリメントをご紹介します!

 

 

【レバリズムL】お客様満足度97%

 

 

 

【レバリズムLの概要】

 

・初回購入は通常価格より5,000円オフ!
・しじみ&牡蠣+スクワレンの3大成分配合
・数値撲滅キャンペーン中!

 

【レバリズムLはこんな人におすすめ!】

 

・まだまだお酒を楽しみたい、禁酒は考えたくない…
・年齢とともに衰えてきた「元気」「スタミナ」を取り戻したい
・薬ではなく、自然な成分で元気になりたい
こんなお悩みを抱えている方々

 

【レバリズムLの注目成分】

 

 静岡県産のしじみエキス
肝臓に効く!と昔から親しまれてきたしじみ。
体に有毒なアンモニアやアルコールの分解と排出の作用を補助し、肝臓の負担を減らしてくれる現代の救世主です。
お酒を飲んだ翌日、なんだかスッキリしない、体がだるいという人にピッタリです。

 

 岡山県産の牡蠣エキス
海のミルクとも言われ、豊富な栄養素を誇る牡蠣もまた、肝臓の機能を助けて負担を減らす作用があります。
解毒と排出の働きをスムーズにさせるだけではなく、たまった中性脂肪の排出においても活躍します。
お酒による肝臓の弱りだけではなく、内臓脂肪の蓄積による脂肪肝が気になる人のための成分です。

 

 千葉県産のスクワレン
スクワレンとは深海鮫の肝油から抽出される成分で、体の新陳代謝と免疫力の維持に役立ちます。
スクワレンは体内に新鮮な酸素を運ぶ働きもあるため、内臓の細胞の隅々に酸素を運んで機能を維持させる効果が期待できます。
つまり、肝機能の低下も予防してくれるというわけです。
体内にももともと存在しているスクワレンですが、年齢を重ねると徐々に減少してしまうとされています。
レバリズムLで外部からきっちり補充して健康な体の維持を目指しましょう!

 

【私たちレバリズムL愛用者】

 

・とにかく目覚めがスッキリして、毎朝ぼーっとしていたのが嘘のようです。
・酒豪+多忙な仕事で慢性的だった疲れが抜け、体が軽くなったと思う。
・半分嫌になっていた酒の席が、また楽しくなってきた!飲んだ翌日もスッキリですよ。

 

【レバリズムLをお得にゲットしよう】

 

 ◎数値撲滅モニターキャンペーン
肝臓数値が気になるあなたへ…
通常価格5,980円⇒初回モニター価格980円(5,000円オフ!)

 

⇒レバリズム【公式】を今すぐチェック!

 

⇒レバリズムL詳細ページへ

 

\数値・朝のスッキリ対策ならレバリズムL!/

 

 

 

【肝パワーEプラス】お客様満足度95%

 

 

 

【肝パワーEプラスの概要】

 

・発売以来750万袋の大ヒット!
・ユーザー満足度95%!
・2016年度モンドセレクションの金賞受賞

 

【肝パワーEプラスの注目成分】

 

 広島県産の大粒の牡蠣
たんぱく質やビタミン類など、体に必須の栄養素を豊富に、しかもバランスよく含んでいることで「健康総合食品」と言っても過言ではに牡蠣。
特に注目したいのは亜鉛の含有量で、一般的に多いと言われるスッポンの約8倍もあります。
亜鉛は細胞が生まれ変わる際に必要とされるため、飲酒や喫煙、ストレスなどで大きな負担のかかる肝臓を健康的に保つためにも必要です。
肝臓のダメージはそのまま代謝・分解の機能に影響するので、お酒を飲んだ翌日の体の重さ、だるさなど二日酔いの症状に悩まされている人にこそ必須の成分と言えます。

 

 見た目の大きさだけじゃない!健康パワーも大きい長野県産のジャンボにんにく
にんにくは滋養強壮や疲労回復に大きな効果をもたらします。
にんにくで特徴的な成分はアリシンと呼ばれるもので、このアリシンの働きによって疲労回復が促進されます。
まず、私たちが疲れを回復するのに重要な成分にはビタミンB1がありますが、アリシンはこのビタミンB1の吸収や体内にとどめておく作用に優れているのです。
また、にんにくの特徴的な成分にはスコルジニンというものがあり、こちらは食事などから摂取した栄養を効率よくエネルギーに変えてくれます。
仕事に集中したいときに限ってやる気が出ない、スタミナが切れてしまう…という人にもピッタリの成分です。

 

 疲労回復にピッタリ!和歌山県産のブランド梅・南高梅
独特の旨味と酸味で好きな食べ物に挙げる人も多い梅干し。
そのなかでもトップブランドの南高梅は和歌山県で丁寧に育てられた信頼性があります。
クエン酸、リンゴ酸、食物繊維などを含んでいますが、注目したいのはクエン酸の作用です。
やる気の低下や疲れの蓄積に関連性が高いとされる乳酸が体内にたまり始めると細胞が傷つき、修復を必要としてエネルギーの補充を求め始めます。
このとき、エネルギーが不足してしまうと「なんだかやる気が出ない」「集中できない」という状況になってしまい、”たまった疲労感”のもとともなってしまうのです。
クエン酸は細胞の修復に最適なエネルギー源・アデノシン三リン酸をつくり出すサイクルをスムーズにさせる働きがあり、やる気の低下や疲労感の回復にへの効果が期待できます。

 

【肝パワーEプラスの口コミ】

 

・寝ても休んでもとれなかった疲れが回復、若い頃のようなスタミナが!
・お酒好きがたたって負担がかかりがちだった肝臓が元気に…お酒の席も安心
・多忙な毎日で睡眠時間が短く、お酒の付き合いもあるので将来が不安でしたが、肝パワーEプラスを飲み始めてから疲れを感じにくくなっています。

 

【肝パワーEプラスをお得にゲットしよう】

 

 ◎毎月100名限定!メガヒット感謝企画
5袋お試しセット通常価格1,500円⇒980円(520円オフ)

 

【肝パワーEプラスはこんな人におすすめ!】

 

・体の疲れはもちろん、心の疲れも改善したい
・まだまだ気持は若い、体も若々しくありたい
・生活習慣をいきなり大きく変えるのは…無理

 

⇒ステラ漢方公式ページはこちら

 

⇒肝パワーレビューページはこちら

 

\肝臓や日々の生活習慣正常化に!/

 

 

 

新商品【オルニパワーZnプラス】

 

【オルニパワーZnプラスの概要】

 

・実感力に自信があります!
・業界トップクラスの成分配合
・初回購入約89%オフ!

 

【オルニパワーZnプラスの注目の配合成分】

 

 業界トップクラス・800mgたっぷり配合のオルニチン
しじみに含まれている成分で、疲れて傷ついた肝臓の機能を改善する作用があります。
仕事の付き合いやストレスの解消目的でお酒を飲むことが多く、休肝日がない…そんな人は多いのではないでしょうか?
飲酒の翌日の吐き気、だるさ、体や頭の重さなど、いわゆる”二日酔い”の症状は肝臓の元気のなさ=オルニチン不足が原因かもしれません。

 

 真っ赤なパワー・アスタキサンチン
アスタキサンチンは自然界に存在する色素の一種で、エビやカニ、サケ、イクラなど赤系統の色素となっています。
強い抗酸化力で細胞を若々しく、みずみずしく保つほか、注目したいのが悪玉コレステロールの酸化を抑える作用で、さまざまな大病を引き起こしかねない動脈硬化を予防する効果が期待できます。
また、疲労のなかでも特に眼精疲労の改善に効果的なため、目を使う仕事が多い人にピッタリの成分と言えます。

 

 現代人に不足しがちなミネラル・亜鉛
牡蠣は亜鉛の含有量トップを誇る食品です。
亜鉛は肝臓の細胞の代謝を促進し、常に若々しく保つのに役立ちますが、アルコールの分解・代謝のためにも大量に必要となります。
亜鉛が不足するとアルコールの分解が落ち込むばかりか、若々しい細胞に生まれ変わる力も弱まり、肝臓の負担が増大してしまうのです。
肝臓の負担は体のだるさや重さに繋がり、疲れを翌日に残す大きな原因となります。

 

【オルニパワーZnプラスの口コミ・評価】

 

・酒の席を「ツライ」としか思わなくなっていたのに、若い頃のように楽しく飲めるように!
・深夜まで忙しくてもスッキリ。翌日にはスタミナが回復しているのが嬉しい。
・健康診断の結果が気になり、改善のために飲み始めました。明らかに体の調子が違うので、次の健康診断が楽しみです。

 

【オルニパワーZnプラスをお得にゲットしよう】

 

 ◎1袋お試しコース
通常価格4,500円⇒初回限定500円(約89%オフ)

 

【オルニパワーZnプラスはこんな人におすすめ!】

 

・長く続けたいから、できるだけお得なものがいい
・改善+予防の効果が高いものがいい
・効果が実感できるものを見つけて、そろそろサプリメント難民を脱したい

 

⇒オルニパワー公式ページをチェック!

 

⇒オルニパワーレビューページへ

 

\オルニチン800mgの健康パワーをあなたに!/

肝臓サプリの副作用【成分上限摂取量・アレルギーに注意!】

 

肝臓サプリは肝機能を向上させ、気になる肝臓数値をサポートしてくれる健康食品です。
サプリメントは薬ではなく食品の扱いになりますのでどなたでも気軽に飲みやすく副作用が起こりにくいという側面があります。

 

肝臓サプリを飲む際に注意するべきポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

副作用を起こさないために知っておきたい成分上限摂取量

 

健康維持に必要な成分には上限摂取量が設けられています。
どんな成分であっても必要以上に摂取すると副作用を起こす可能性がありますので、ここでは肝臓サプリによく配合されている成分の上限摂取量を確認しましょう。

 

肝臓サプリには1日の摂取目安量が記載されており、正しく飲めば上限摂取量を気にする必要はありません。

 

オルニチン

オルニチンは肝臓が正常に働くために不可欠なアミノ酸です。
オルニチンの摂取目安量は400〜1,000mg/日ですので、上限摂取量は1000mgとして考えておきましょう。

 

亜鉛

亜鉛もまた、肝機能に深い関わりをもつ成分です。
男性は45mg/日女性では35mg/日が上限摂取量となります。

 

クエン酸

クエン酸は肝臓の脂質代謝をたすけ、疲労回復にも効果があります。
摂取目安量は通常の場合2g/日で、日常的に運動をしている場合では5g/日です。

 

クエン酸の効果は2時間程度ですから多めに摂取しても特に問題はありませんが、性質上、こまめに補給する形をとる方が効果を感じやすくなります。

 

タウリン

 

肝機能向上に効果のあるタウリンは500mg/日が摂取目安量ですが、慢性的にアルコール摂取する場合には3,000mg/日が必要になります。
これ以上の摂取は避けるようにしましょう。

 

金属アレルギーは亜鉛を摂取してもOK?アレルギーに関する注意点

アレルギー体質の方は肝臓サプリを飲んでも大丈夫なのか気になりますよね。
肝臓サプリを摂取する前にアレルギーとの注意点についても確認しておきましょう。

 

金属アレルギーと亜鉛の関係

肝臓サプリによく配合されている亜鉛は必須ミネラルであり、健康を保つために毎日摂取することが大切です。
しかし、亜鉛は金属ですからアレルギーがある場合には注意が必要です。

 

全身型金属アレルギーでは食品やサプリメントに含まれる金属が汗として分泌され、手足にかゆみや発疹が現れます。
金属接触アレルギーなら問題ありませんが、全身型の場合には亜鉛の過剰摂取は避け、なんらかの症状が出た場合にはかかりつけの病院を受診してください。

 

貝アレルギーとオルニチンの関係

オルニチンはしじみなどの貝類に多く含まれる成分です。
貝アレルギーをもっている方は貝類を使用している肝臓サプリは飲まないようにしましょう。

 

クエン酸のアレルギー反応について

クエン酸を摂取してアレルギーに似た症状が出る方がいるようですが、クエン酸自体にアレルギーはありません
ただし、クエン酸以外の成分に反応している可能性がありますので、アレルギーが心配なようであれば一度検査してから肝臓サプリを飲んだほうが良いかもしれません。

 

その他の症状へのオルニチン・亜鉛の副作用情報

もともと持病のある方がオルニチンと亜鉛を摂取する場合に、副作用の可能性があるのでしょうか?

 

高血圧

高血圧の治療に使われる降圧剤であるカルシウム拮抗剤血管拡張性降圧剤亜鉛と飲み合わせることで効果が下がります
降圧剤を飲んでいるときには亜鉛を含む肝臓サプリは避けましょう。

 

糖尿病

糖尿病は血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高い状態です。
血糖値をコントロールするインスリンの合成には亜鉛が必要ですし、オルニチンにはインスリンの分泌促進作用があります。
つまり、糖尿病の改善にはどちらの成分も副作用はなく、メリットがあるというわけです。

 

脱毛症

脱毛症の治療によく使われるプロペシアは亜鉛と併用することで相乗効果が得られます。
亜鉛には脱毛を減らして髪質を向上させる効果がありますし、プロペシアの副作用である性欲減退をサポートする働きもあるからです。

 

また、オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進し、脱毛症の改善に働きかけてくれますよ。

サプリメントはどうして効果が分かりにくいの?

サプリメントのパッケージには効果が書かれていますが、表現が厳しく制約されているため、一見するとなにが良いのか分かりづらくなっています。
科学的根拠に基づいた効果が認められるものを薬(医薬品)としている薬事法には政治的な側面があり、これがサプリメントの表現に影響しているのです。

 

一例ですが、現在国内で使用されているがん治療薬のアバスチンは、2015年の売上高が約950億円です。
もしも、がんを治すサプリメントが作られた場合にはアバスチンの売上が大幅に下がり製薬会社の利権等が失われてしまう可能性があります。

 

薬事法は製薬会社を守るという意味合いも持っています。
サプリメントが○○に効く、という表示をできるようになれば薬が売れなくなってしまいますから、制限がされているというわけです。

肝臓サプリのタイプはさまざま!特徴やメリットについて

肝臓サプリといっても形状はさまざまです。
・ソフトゲル(液体含む)
・タブレット(錠剤)
・カプセル

 

それぞれの特徴についてはこちらで確認してみてください。

 

ソフトゲル(液体)タイプ

 

【特徴】
・飲みやすい
・吸収されるのが早い

 

成分を液体状にして柔らかいジェルカプセルに閉じ込めたものです。
ソフトゲルタイプの特徴はなんといっても吸収効率の高さにあります。
口腔内や腸内での吸収が早いため、胃腸が弱い子供や高齢者、ストレス耐性が下がっている成人に最適でしょう。

 

肝臓サプリで大人気のレバリズムLはこのタイプです。
誰でも飲みやすくて効果を実感しやすいのでオススメですよ。

 

タブレット(錠剤)タイプ)

 

【特徴】
・保存性が高い
・市販品に多い

 

粉末や顆粒状の成分を圧縮したタブレットタイプは保存しやすいため、市販されているものの大半を占めています。
手軽に飲みやすいというメリットがありますが、成分の苦味などを感じやすく、大きさによっては飲み込みにくいこともあります。

 

カプセルタイプ

 

【特徴】
・不安定な成分を摂取しやすい
・多機能である

 

カプセルタイプは成分が安定しやすい性質をもつため、加工しにくい成分を摂取しやすいメリットがあります。
味や香りにクセがある成分でも無味無臭になりますが、大粒のものが多いので飲みにくいと感じることがあります。

肝臓サプリは飲み方やタイミングが肝心!

肝臓サプリを飲むにあたって、飲むタイミングや飲み合わせなどが分からないことはありますよね。
肝臓サプリの効果を高めるタイミングや注意点をまとめました。

 

肝臓サプリを飲む最適なタイミングとは

肝臓サプリは基本的にいつ飲んでも大丈夫なのですが、飲むタイミングを工夫すれば効果をより実感しやすくなります。

 

お酒を楽しみたい人はアルコールを飲む前に

肝臓サプリには悪酔いや二日酔いを防ぐ成分が含まれています。
アルコールによる悪影響を減らし、お酒を楽しく飲みたいときには飲酒前に肝臓サプリを飲むようにすると効果的です。

 

急な飲み会にも対応できるよう、普段から持ち歩いておけばさらに安心ですね。

 

お酒をセーブしたい人はアルコールを飲んだ後がオススメ

お酒に強い人は頭痛や不快感を感じにくいため、結果的に飲酒量が増えてしまう傾向があります。
当然、アルコールによって肝臓の負担が増えてしまいますから、もう飲めないと感じた段階で肝臓サプリを摂取するのがおすすめです。

 

飲酒後に肝臓サプリを飲むことで肝臓の負担を減らせますし、飲酒量をセーブできます。

 

脂肪肝・慢性的な疲労対策は飲み忘れ防止を!

肝臓が弱ってくると慢性的な疲労感があったり、脂肪肝になったりします。
疲労感や脂肪肝対策に肝臓サプリを飲むなら、飲み忘れを防ぐためにも毎日決まった時間に摂取するようにしましょう。

 

肝臓サプリを飲むタイミングはいつでも構いません。

 

肝臓サプリ以外の飲み方Q&A

肝臓サプリはいつでもどこでも簡単に飲むことができますが、薬となるとそういうわけにはいきません。
薬を飲む時に気になる疑問を解決していきましょう。

 

薬はなぜ食後に服薬するものが多い?

飲むタイミングが食後となっているものは、食事をして30分以内に服薬する必要があります。
処方薬も市販薬も食後に服用するものが多いですが、なぜなのでしょうか?

 

・胃が荒れる成分を配合している

 

薬の有効成分のなかには胃壁に刺激を与え、荒れさせてしまうものがあります。
風邪薬などに多く、こうした薬は食後に飲むことで胃を守ることができます。

 

・食事ととることで吸収力を高める

 

食事をとると胃が活発になり、有効成分が早く腸内に届いて吸収されやすくなります。
また、油に溶けやすい性質をもつ成分は食べ物の油脂によって吸収力が高まりますので、食後に服用したほうが良いですね。

 

薬の飲み方を変えても効果は同じ?

飲みにくいからといって薬を割って服用してはいけません。
薬によっては必要な加工がされていますから、錠剤を半分に割ったり、カプセルを外して飲まないようにしましょう。

 

中には半分に割って飲むことができる薬もありますが、基本的には医師の指導がない限り、そのままの形状で飲んでください。

関連ページ

ビリルビンを下げるお勧めサプリメントTOP5
総ビリルビンを下げるにはサプリメントが最も効率的で、経済的にもおすすめです。数あるサプリメントの中から厳選したサプリメントをご紹介しています。
株式会社Bella Pelle【レバリズム・L】使った感想とレビュー情報
総ビリルビンなどの肝臓数値を下げるなら、肝臓を元気にする必要があります。【レバリズム・L】は肝臓に直接働きかけるので最もお勧めのサプリの一つです!
セラクルミンの肝臓数値【γ-GTP・ALT(GPT)】効果情報まとめ
セラクルミンは肝臓数値であるγ-GTP、ALT (GPT)AST(GOT)をはじめとする肝機能数値を下げる働きに特化した肝臓サプリメントのひとつ。セラクルミンで肝臓数値がどれくらい下がるのかについてを解説しています。
はつらつ堂【しじみん】
総ビリルビンを下げるには肝機能を高めることが重要。【しじみん】は厳選されたしじみを余すことなく抽出してサプリメントにしています!
自然食研【しじみ習慣】
総ビリルビンを効率的に下げるなら【しじみ習慣】がおすすめ!選び抜かれた厳選しじみのエキスを凝縮したサプリメントの代名詞です。
八幡物産【やわたのしじみの力】
総ビリルビンなどの肝臓数値を下げる方法を探しているけど、どんなサプリが良いかわからないという方にまずお勧めしたいのが【やわたのしじみの力】です。豊富なミネラル、肝機能を高める成分についてご覧ください。
国産しじみエキス粒【Wのオルニチン】
総ビリルビンを下げる働きがあるオルニチンが2種類も入っており、その成分にもっとも自身がある【Wのオルニチン】の詳細情報をご覧ください。
レバーが肝心は二日酔いに効果てきめんらしいですが、ほんとですか?
レバーが肝心がアルコールを飲んだ後のだるさ、倦怠感や、二日酔いなどにどうして効果的なのかについて、価格情報をあわせて解説しているページ。レバーが肝心は話題のオルニチンをはじめとして、肝臓エキスなどのほかにはない特徴的な成分をふんだんに配合しているのが特徴です。
牡蠣美人が効果ありますか?PMSの症状が辛くて…効果を教えてください
牡蠣美人のPMSへの効果について解説しています。イライラしたり怒りっぽくなったり、集中できない、情緒不安定などの症状に効果があるとされる亜鉛と高麗人参をたっぷり配合した牡蠣美人の情報をごらんください。
オルニパワーZnプラスの効果は信用できますか?次の日の疲れが…
オルニパワーZnプラスの翌日の疲れやだるさへの効果について解説。どうして疲れが残ってしまうのか、どうしたら疲れが残らないのか、どうしてオルニパワーZnプラスは効果があるのかをごらんください。
肝パワーEプラスの成分はどんな効果がありますか?肝臓数値にはOK?
肝パワーEプラスの効果について。配合されている成分に特徴がある肝パワーEプラス。高血圧や動脈硬化にいたるまで幅疲労効果をご紹介します。
牡蠣のチカラの効果に脂肪肝・肝機能を向上させる働きはありますか?
牡蠣のチカラの配合成分における効果についてご紹介!特に肝臓サプリとしての側面(脂肪肝や、肝機能を高めるなど)について、どう肝臓に効果が現れて、どんなメリットがあるのかをご紹介します!
エグゼ酵素が気になります!気づいたらぽっこりしてるお腹が悩みです。
エグゼ酵素って知ってますか?今話題の「お酒疲れケア」+「体型ケア」両方が1つでできるハイブリッドサプリメントなんです!気になったあなたのためにまとめてみました!
エカスは二日酔いの悩みをしっかりサポート!次世代成分の効果とは!?
エカスはお酒を飲んだときのスッキリ感を本格的にサポートしてくれるサプリメントです。エカスはなぜ二日酔い対策に効果があるのか?気になる成分と効果を徹底解析!
イマークSは中性脂肪に効果があるということは、脂肪肝にも良いですか?
イマークSの中性脂肪と脂肪肝への効果・改善へのプロセスを解説しているページです。中年の方が陥りやすい中性脂肪増加。生活習慣病との関連も多いので、イマークSで中性脂肪を対策して脂肪肝も改善しちゃいましょう!
きなりの成分と効果を教えてください!あと最安値は公式サイトでしょうか?
きなりの成分がからだにどのように浸透し、効果を実感できるのかについて、からだの仕組みと合わせて成分を解説しています!きなりを購入予定の方は必見です!
ゲンキウコンは本当に効果あり?色々なウコンを試してきたけど、実感できず…
ゲンキウコンは効果絶大な今大注目のウコンなんです!秋ウコン、春ウコン…いろいろ試したきたウコン好きのあなたへの決定版・ゲンキウコンについてまとめていますよ!
海宝の力は疲労感やだるさ、アルコールの不快感に効果はありますか?
海宝の力は疲れや疲労に効果あり?!亜鉛の驚くべき疲労改善効果と海宝の力の独自配合成分からみるその他の効果情報!
ヘパリーゼZのアルコール疲れへの効果を教えて!なぜ良いの?
ヘパリーゼZはアルコール疲れに効果あり?今までサプリメントを使ってこなかったけど、肝臓のために興味はあります!手軽に簡単に使えるものですか?