新生児黄疸の原因が気になる!うちのコだけじゃない新生児黄疸について

このサイトでは新生児黄疸の原因や治療法について詳しく紹介しています。

 

 

生まれたばかりの可愛い我が子を抱いて、「あれ?黄色くない?」と不思議に思ったことがあります。これは新生児黄疸といって生後すぐの赤ちゃんにはよくある症状のひとつ。

 

稀に病気が原因の場合もありますので、新生児黄疸の原因や治療法など詳しく紹介していきます。

 

 

新生児黄疸って何だろう?

新生児黄疸は、生まれたばかりの赤ちゃんの肌や白目の色が黄色く見える症状のことを言います。生後すぐの赤ちゃんの肝臓はまだ未発達で、血液中のビリルビンの値が非常に高く、そのビリルビンの量を処理しきれません

 

そのため元々黄色い色素をしているビリルビンの色素によって皮膚や粘膜が黄色く見えます。

 

 

新生児黄疸はいつまで続くことが多いの?

新生児黄疸は、生後直後から1週間〜2週間で落ち着きます。これは、赤ちゃんの生理現象のひとつなので、ママと退院する頃には赤ちゃんらしいピンク色の肌に戻っています。稀に2週間以上黄疸が続きます。

 

ウンチの色が白いなど気になる症状があれば胆道閉鎖症など他の病気の疑いがあるので要注意です。

 

 

新生児黄疸の原因は?赤ちゃんの病気?遺伝のせいなの?

新生児黄疸の主な原因は、血液中のビリルビンの量が増え、肝臓内での処理が追いつかない状況のため黄疸が発生します。新生児黄疸自体は生まれたばかりの赤ちゃんが必ず通る道なので遺伝的な要素は関係ありません。

 

大体の赤ちゃんが生後1〜2週間でビリルビンは尿として排出され、以降黄疸が出ることはありません。

 

新生児黄疸以外の黄疸として一般的なのが

 

・母乳性黄疸
・新生児溶血性貧血による黄疸
・肝細胞性黄疸
・閉塞性黄疸

 

などが挙げられます。
生後2週間〜1ヶ月経っても黄疸が抜けない場合は小児科に相談することをオススメします。

 

 

新生児黄疸を特定する数値とその基準値について

新生児黄疸の判断に病院側は「経皮的ビリルビン検査」を行います。これはミノルタ黄疸計といって採血の必要がなく、皮膚の上からビリルビンの量を計測する機械です。痛みもなく赤ちゃんが寝ている間に出来る機材なので安心です。

 

新生児黄疸を特定する気になる基準値や数値が知りたい!

 

出産時の体重にも寄りますが、一般的な新生児黄疸を疑う場合
出生体重が2500gの場合
・血液中のビリルビンの量が13mg/dl→5mg/dlまで減少する場合は正常です。

 

生後24時間以上経っても
・血液中のビリルビンの量が15mg/dl以上で、黄疸が続いている場合は治療が必要です。

 

赤ちゃんの症状が気になる方は、授乳の際や往診時に医師や看護婦さんに相談してみてください。

 

 

新生児黄疸になったら、詳しい治療法はこちら!

一般的に新生児黄疸の具体的な治療法として、

 

・光線療法
・部分交換輸血

 

が挙げられます。

 

新生児黄疸の治療法1、光線療法とは?

光線療法は、赤ちゃんにアイマスクをし、皮膚にブルーライトの特殊な蛍光灯を当てることでビリルビン値を下げる方法です。これは「核黄疸」を防止することが目的で、本来排出されるはずのビリルビンが体内に残ると、脳神経細胞が破壊され、「核黄疸」を引き起こす可能性があります。

 

太陽に当てても効果はありませんので、病院内できちんとした光線療法を受ける必要があります。

 

新生児黄疸の治療法2、部分交換輸血とは?

光線療法でビリルビン値に改善が見られない場合、部分交換輸血を行います。
これはママと赤ちゃんの血液型不適合が原因によるもので、壊れやすくなっている赤血球を抜き取り、新しい赤血球に交換します。ビリルビン値が安定するまで行われる治療です。

 

 

新生児黄疸のまとめ

 

新生児黄疸をはじめ、生まれたばかりの赤ちゃんの生理的な症状に戸惑うことも多いですが、お母さんの胎内から出てきた赤ちゃんは全てが未発達です。あまり神経質になるのではなく、気になる症状は早めに医師や看護婦さんに相談しましょう。

 

新生児黄疸の病的な原因を含め、生後1〜2週間の赤ちゃんの皮膚や目、どのぐらい黄疸が続いているか?授乳後のウンチの色などもノートにチェックすると今後の治療法に役立つのでオススメです。

 

早めに対処すれば治療も簡単に済むことが多いので、症状が改善されない、気になる場合は早めに受診してくださいね。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

総ビリルビンが高い原因はなにがありますか?改善する方法はありますか?
総ビリルビンが高い原因について。黄疸などの原因になる総ビリルビンが高い場合、原因は主に肝臓の機能低下によるものです。
黄疸が出てないから大丈夫!そんなあなたにこそ読んでほしい
総ビリルビンは色素の一つですので、黄疸と深いかかわりがあります。ここでは総ビリルビンがどのように黄疸と関係するのかを解説しています。
総ビリルビンと結石の関係
総ビリルビンが高いと結石ができやすい?気になる総ビリルビンと結石の関係についての詳細をぜひご覧ください。
黄疸でかゆみがひどいんですが、どうして起きるんですか?改善しますか?
黄疸とかゆみの関係と改善方法について。ビリルビンが血中に多いと、皮膚が黄色くなる黄疸が発生することがあります。かゆみも同時に発生することがあるので注意しましょう。
白目に黄ばみがあって黄疸みたいです。肝臓が悪いのでしょうか?
白目が黄色っぽかったり黄ばみがあれば、それは黄疸かもしれません。総ビリルビンが高いと粘膜が薄い白目がビリルビン色(黄色)になってしまうことがあります。
肝臓が悪化すると腹水の症状が出るのはなぜ?【治療って痛いの?】
肝臓の悪化によりお腹に水がたまる腹水の症状。なぜ起こるのかと共に、肝臓がんとの関連性やがんの予防、万が一に備えて意識したいことなどをまとめています。
肝臓がんの余命|再発率|治療|予防について
肝臓がんの情報をまとめたページ。余命や再発率などの統計や治療方法、食事における予防方法などを解説しています。
肝周囲炎について
肝周囲炎の気になる症状や具体的な治療方法について紹介しています。