黄疸のかゆみはどうしたら改善しますか?良くなる方法を教えてください!

黄疸とかゆみにはどうやら関係があるようです。
黄疸があるとかゆみが生じてしまうのはなぜなのでしょうか?
かゆくなる仕組みや有効なケア方法をご紹介します!

 

 

◆黄疸とかゆみの仕組みとは?

 

黄疸とは肝臓や胆管などに障害があるために
ビリルビンという黄色い色素の分解・代謝ができずに血液中に混じり
皮膚などが黄色くなってしまう症状のことをいいます。

 

肝臓からは胆汁酸やコレステロールを含む胆汁が分泌され
胆のうを経由したのち、十二指腸から体外へと排出されています。

 

肝臓や胆管に障害があると、ビリルビンや胆汁酸が血液中で増加し
皮膚の末梢神経を刺激します。
つまり、かゆみを生じてしまうというわけです。

 

黄疸があるとかゆみを生じる関係にはビリルビンや胆汁酸があったんですね。

 

 

◆かゆみはどうケアしたら良いの?

 

かゆみはなかなか我慢できるものではありませんが
掻けば掻くほどに皮膚が敏感になってしまいます。

 

かゆみを生じたときには皮膚の温度を一時的に下げてみましょう。
水で濡らしたハンカチで押さえるだけでもかゆみがおさまることがあります。
温度変化があると汗をかきやすく、神経が刺激されてしまうため
衣服や室温をうまくコントロールすると良いですよ。

 

黄疸は肝臓の機能が下がっているときに出る症状ですから
肝機能を高める、あるいは回復させることでかゆみを改善することもできます。
肝機能は適度な運動や栄養バランスのとれた食事で高めることが可能ですし
アルコールやタバコを減らして肝臓を回復させてあげることも大事です。

 

肝機能をケアするのであればサプリメントがかなり有効です。
サプリメントは肝臓に有効な成分だけを体内に取り込むことができるため
金銭的な負担も少ないですし、脂肪肝のリスクを下げることができますよ。

 

サプリメントであればいつでもどこでも摂取できますし
黄疸の原因の根本である肝機能をケアすることで
かゆみを生じにくくすることができますから安心ですよね!
かゆみが気になるようでしたら、サプリメントも試してみてはいかがでしょうか?

関連ページ

総ビリルビンが高い原因はなにがありますか?改善する方法はありますか?
総ビリルビンが高い原因について。黄疸などの原因になる総ビリルビンが高い場合、原因は主に肝臓の機能低下によるものです。
黄疸が出てないから大丈夫!そんなあなたにこそ読んでほしい
総ビリルビンは色素の一つですので、黄疸と深いかかわりがあります。ここでは総ビリルビンがどのように黄疸と関係するのかを解説しています。
総ビリルビンと結石の関係
総ビリルビンが高いと結石ができやすい?気になる総ビリルビンと結石の関係についての詳細をぜひご覧ください。
白目に黄ばみがあって黄疸みたいです。肝臓が悪いのでしょうか?
白目が黄色っぽかったり黄ばみがあれば、それは黄疸かもしれません。総ビリルビンが高いと粘膜が薄い白目がビリルビン色(黄色)になってしまうことがあります。