総ビリルビンの高値と疾病

 

総ビリルビンが高かった場合は、大きく分けて
@肝機能障害
A胆管障害
の二つが考えられます。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われ、痛みや違和感を感じ病院に行くと、「時すでに遅し」という事も他の臓器と比べて多いのが特徴です。

 

また、食事やストレス、アルコールやたばこなどの影響も受けやすい臓器です。

 

健康診断で万が一、総ビリルビンが高値だった場合には、疾病についての予備知識を持っておくと不安になることも少なく済みます。

 

この機会に総ビリルビンと疾病について理解を深めてみるのも良いでしょう。

総ビリルビンと疾病記事一覧

総ビリルビンが高い原因は、本来体外に排出されなければならない総ビリルビンが、何らかの原因で留まってしまって高くなっていることを意味しています。総ビリルビンが体内に留まると、皮膚が黄色くなったりするなどの症状が現れてくることも。今回は総ビリルビンが高い原因について、詳しくみてみたいと思います。間接型ビリルビンが高値だった場合間接ビリルビンは、赤血球が約180日前後で寿命が訪れ、破壊されたときに生成さ...

総ビリルビンは体内にかならず存在する物質です。総ビリルビンは直接型と間接型に分けられますが、いずれにしても基準値を超えていると黄疸が出ることがあります。その黄疸にも種類があり、それぞれ原因が異なりますので、自分は何の原因が考えられるのか、しっかり把握することが大切です。【肝細胞性黄疸】肝細胞性黄疸は、肝臓の細胞の働きが弱っていることに由来しています。肝臓の細胞は、血液に含まれるビリルビンをキャッチ...

総ビリルビンが高い状態になる原因はさまざまにありますが、結石が原因で総ビリルビンが高い状態になることがあります。結石というと、真っ先に尿管結石などを思い浮かべてしまいがちですが、そうではありません。総ビリルビンが高い状態になる場合は、胆嚢に結石ができることを指します。総ビリルビンは、赤血球が破壊されたときに生成される間接型ビリルビンと、肝臓で処理された後の直接型ビリルビンに分けられます。肝臓で処理...

黄疸とかゆみにはどうやら関係があるようです。黄疸があるとかゆみが生じてしまうのはなぜなのでしょうか?かゆくなる仕組みや有効なケア方法をご紹介します!◆黄疸とかゆみの仕組みとは?黄疸とは肝臓や胆管などに障害があるためにビリルビンという黄色い色素の分解・代謝ができずに血液中に混じり皮膚などが黄色くなってしまう症状のことをいいます。肝臓からは胆汁酸やコレステロールを含む胆汁が分泌され胆のうを経由したのち...

白目の濁り・黄ばみは肝臓の機能が低下しているサインです。なぜ白目に濁り・黄ばみが目立ってしまうのでしょうか?詳しい症状や原因、改善の方法などをみてみましょう!白目の濁り・黄ばみはなぜ起こる?白目全体が黄ばんでいたり、濁ってみえるのはいくつかの原因がありますが、よく言われているのが肝機能低下による黄疸症状です。血液中の赤血球は一定期間を経て壊れるのですが、このときに黄色の色素であるビリルビンという物...

このサイトでは新生児黄疸の原因や治療法について詳しく紹介しています。生まれたばかりの可愛い我が子を抱いて、「あれ?黄色くない?」と不思議に思ったことがあります。これは新生児黄疸といって生後すぐの赤ちゃんにはよくある症状のひとつ。稀に病気が原因の場合もありますので、新生児黄疸の原因や治療法など詳しく紹介していきます。新生児黄疸って何だろう?新生児黄疸は、生まれたばかりの赤ちゃんの肌や白目の色が黄色く...

腹水とはその名の通り、何らかの原因でお腹に水がたまることを言います。肝臓が悪くなると腹水の症状を発することがありますが、肝臓が悪くなるとなぜ水がたまってしまうのでしょうか。健康診断などで肝臓の機能低下や数値の上昇などを指摘されて将来の健康が気にかかるようになった人のために、この記事では腹水と肝臓についてまとめていきます。腹水と肝臓がんの関係についてまず肝臓がんと腹水の関係性から探っていきましょう。...

肝臓がんは、他のがんと比べ再発性が高いとされており、たとえ早期発見・治療ができても、再発確率が高く維持される傾向があります。しかし、長年の研究の結果、治療後の生存率は高くなっており、適切な治療を進めることで再び元気を取り戻すことができる種類のがんでもあります。肝臓がんの余命肝臓がんを患った場合の5年生存率は約56%となっており、半数程度の肝臓がん患者の余命が5年をきることがわかります。これは、がん...

こちらでは、クラミジア感染症による肝周囲炎の具体的な症状や診断、治療方法について紹介していきます。肝周囲炎は、私たちが普段あまり聞きなれない病名のひとつです。「なんとなく数ヶ月前から腹部に鈍痛があって、調べたら肝周囲炎の症状・・・」「肝周囲炎と医師から告げられ、薬を処方されました。私生活で何を気をつければ良いの・・・?」感じたことの無い痛みに、聞いたことのない病名。お医者さんに行ったのに、余計に不...