肝臓の為にもタバコを辞めたい気持ちはあるけど…

このページでは、タバコが肝臓に対してどのような悪影響を及ぼすのかを説明しています。

 

 

「肝機能も気になる上にタバコもやめないと…」
「生活の一部になっているタバコを今更やめるのは難しい」
「飲酒とタバコは肝臓に悪影響だときいて不安…」

 

ストレスや飲酒、付き合いでの飲み会で肝機能が心配な上に、タバコもやめることができない。
そんな辛い思いを抱えた方のために、情報を集めました。
ぜひご覧ください。

 

 

タバコが与える肝臓への悪影響

肝臓の解毒機能の解説

肝臓の解毒機能の代表はアルコールですが、体に有害な物質であるアンモニアや薬物、細菌(ウィルス)なども肝臓で解毒されています
また、空気中にあるダイオキシンやタバコに含まれるタールやニコチン等の多くの体に悪影響のある物質が体内に入った時も、肝臓で解毒されています。

 

タバコの有害物質について

タール・ニコチン

タールは、発がん性と飲酒時に発生する有害物質のアセトアルデヒドの分解過程を邪魔します。アセトアルデヒドは、肝臓で無毒化されるのでタールは肝臓へ悪影響があります

 

ニコチンは血液中に入り込み、肝臓で解毒されます。血液中にニコチンがなくなると喫煙したくなり、再度ニコチンを取り込むことになるので、肝臓は常に解毒を行っている状態になります

 

アセトアルデヒド

 

タバコにはアセトアルデヒドが含まれています。
アセトアルデヒドをタバコに含むことによってタバコの燃焼効率が上がり、ニコチンを体内に取り込みやすくなります。

 

アセトアルデヒドは飲酒時に発生する有害物質としても有名で、肝臓で解毒されます。
もちろん、タバコによって摂取されたアセトアルデヒドも肝臓で処理されるので、肝臓への負担を増加させます。

 

飲酒とタバコを両方同時に行う場合は、アセトアルデヒドによってかなりの負担を肝臓にかけていることになります。

 

ヒ素

ヒ素はアリの駆除剤にも含まれています。人を殺害できるほどの毒性をもっています。
ヒ素中毒に陥ると多臓器不全になり、死に至ります。

 

長期的に喫煙をすることでヒ素が体内に溜まり、肝硬変骨髄への障害血管や心臓を損傷する可能性が高くなります。

 

一酸化炭素

一酸化炭素は酸素と結合し、体内の酸素量を減らしてしまいます。

 

肝臓は体の中で最も大きい臓器であるため、細胞の酸素の使用量も多くなります。一酸化炭素によって酸素量が激減すると肝臓の機能が低下しますが、それを補うために働いてしまうことにより肝細胞が炎症を起こし、肝炎などのリスクを高めます。

 

アセトン

アセトンは、ペンキ除去剤にも使用されている物質で、体内でも脂肪を分解する時に発生します。肝臓では200mlまでのアセトンに対処できます。

 

しかし、処理しきれなくなると頭痛無気力な状態になり、悪化してしまうと昏睡状態死に至ることもあります。また、息や尿が甘酸っぱい匂いにもなります。

 

カドミウム

カドミウムは肝臓や腎臓に蓄積します。
カドミウムの栄養を受けやすいのは腎臓ですが、腎臓に障害があると肝臓はしっかりと濾過された血液が運ばれてこないことから、負担増加につながります。

 

蓄積量が一定をオーバーすると、吐き気やカルシウム不足による骨折発熱腹痛等が引き起こされます。

 

 

タバコはビタミンCを極度に欠乏させる

タバコはビタミンCを欠乏させる

タバコを吸うと有害物質が体内に入り込むため、活性酸素が働きかけ有害物質を排除しようとします。
この活性酸素ですが、増えすぎると体そのものを攻撃してしまう性質があり、それを防ぐために消費されるのが抗酸化成分のビタミンCです。
タバコおよそ1本あたり約25mgのビタミンCが失われます。

 

ビタミンCの肝臓への働き

優れた抗酸化作用

解毒を担っている肝臓は、ビタミンCの抗酸化作用によって毒素からのダメージを軽減しています。
また近年の研究では、肝硬変等の肝臓の疾患を緩和させる効果もあることが分かっています。

 

脂肪付着を防ぐ

脂肪肝にも効果的で、脂肪を肝臓から排出し、脂肪が合成されるのを防ぐ効果もあります。
この他にも、肝炎や肝硬変、癌等にもビタミンCは効果を発揮し、多くの研究者が効果を認めています。

 

喫煙によってビタミンCが激減すると、これらの本来ビタミンCから受けている働きを弱体化させることにもつながってしまいます。

 

 

IQOSなどの電子タバコは肝臓に悪影響?

 

IQOSは今話題の電子タバコ。一般的にニコチンを含まないといわれていますが、肝臓には影響があるのでしょうか?

 

電子タバコは有害なの?

電子タバコは少なからず肝臓に悪影響があります。
通常のタバコに比較すると有害物質は少なくなりますが、あくまでも少なくなるだけであって含まれているのは事実です

 

製造元であるフィリップモリスジャパン合同会社は、90%の有害物質低減に成功と発表しています。裏を返せば、10%は有害物質ありということですから、肝臓にはやはり悪影響があると考えられます。

 

電子タバコはまだまだ研究が足りない

電子タバコのアイコスは、2016年4月に全国で販売されています。
まだ流通してから日が浅いので、健康への影響などの実態が明らかになっていません。

 

流通が開始してから通常のタバコと比べて健康への研究結果が乏しいので、これから徐々に明らかになっていくようになります。
万が一のことも考え、情報収集は常にしておきたいものです。

 

 

肝臓とタバコの悪影響の終わりに

 

タバコは、肺だけではなく肝臓にも悪影響があります。
肝臓では体全身に回る血液の浄化や、生命維持に関わるエネルギーの生成も行っているので、ダメージが蓄積すると生死に関わる重大な損失になるリスクを高めます
禁煙は大変かもしれませんが、吸い続けることによって命を脅かすことにもなりかねないので、今一度考え直してみてはどうでしょうか。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

肝臓の働きまとめ
総ビリルビンと深い関係がある肝臓。その肝臓は体のどのような働きをになっているのでしょうか?
ストレスは肝臓にも影響を及ぼす
総ビリルビンを高めてしまう肝機能低下。肝機能を低下させてしまうものにストレスも関係するってしていましたか?こちらで詳しく解説しています。
最も重要な食生活
総ビリルビンは肝臓からのメッセージ。弱っていると総ビリルビンが高くなります。肝臓によい食生活を心掛け、肝機能を高めて総ビリルビンを下げましょう!
お酒・アルコールから肝臓を守るためにできる【たった3つ】のこと
お酒・アルコールが与える肝臓への影響を説明しています。肝機能に不安があるけれど飲み会が断れない等の悩みを抱えた方必見です。