お酒・アルコールによって受ける肝臓の本当の影響ってご存知ですか?

このページでは、お酒・アルコールによって肝臓がどのような影響を受けるのかをまとめています。

 

 

「今日も付き合いで飲み会か…肝臓が心配だな」
「肝臓数値が気になるけど、お酒も大好きなんだよな…」
「肥満も気になるし脂肪肝も気になるけど、飲みたい!」

 

日々の生活の中で、付き合いや自分の癒しのために口にするお酒やアルコールですが、肝機能も心配ですよね。

 

そんなお酒・アルコールと肝機能の関係についての不安を解消し、肝臓のサポートを上手に取り入れる方法をお伝えします。

 

 

お酒・アルコールを肝臓で分解されるまでの流れ

アルコールが吸収されるまで

アルコールを吸収する最初の臓器は、胃です。
胃で約20%、そのあとに腸で80%吸収されます。

 

吸収されたアルコールは血液によって肝臓に送られます。

 

【ワンポイントアドバイス】
胃に食べ物が入っている場合は吸収速度が遅くなりますから、急激に血液中のアルコール濃度が上昇してしまうことを防ぎ、悪酔い二日酔いの防止になります。

 

アルコール分解フロー

アルコールが血液中から肝臓に運ばれる

アルコール脱水素酵素(ADH)によってアセトアルデヒドに変えられる

アセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸へ

酢酸はアセチルCoA合成酵素等の働きで水と二酸化炭素に分解

尿や呼気となり体外へ排出

 

お酒・アルコールの強さは何に比例するのか

体内に保持しているアセトアルデヒド脱水素酵素によって決まります。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素は19種類に分けることができ、種類によってアセトアルデヒドの分解能力に差がでます。
一番弱いものと強いものの差は75倍以上で、強い酵素を持っている人はお酒が強いと表現されます。

 

 

お酒・アルコールの肥満への影響

肝臓はアルコールによって脂肪を蓄える?

アルコールには以下の働きがあります。

 

・内臓脂肪を増やすホルモンの分泌促進
・肝臓脂肪を合成する酵素の活発化

 

また、アルコールはカロリーも高く、大ジョッキ1杯当たり約300kcalです。ご飯1膳(150g)で252kcalですから、高カロリーな飲み物です。
カロリーを必要以上に摂取してしまえば、体に蓄えられる脂肪も増えますから、アルコールは肝臓や体に脂肪を増やします。

 

太りやすいお酒・アルコール

 

・ビール(黒ビールや発泡酒)
・日本酒
・紹興酒
・ワイン  等

 

果実や穀類(麦や米)を原料とし、発酵させたお酒を醸造酒とよびます。糖質が多いのが特徴です。

 

また混成酒も糖質が多く、太りやすいお酒です。
リキュールや梅酒、ベルモット等を指し、醸造酒や蒸留酒に果実や糖分を加えたお酒です。

 

太りにくいお酒・アルコール

蒸留酒は太りにくく、糖質がゼロのお酒です。

 

・ブランデー
・ウイスキー
・ウォッカ
・ジン
・ラム
・焼酎等

 

蒸留酒は醸造酒を蒸留(醸造酒を熱してできた蒸気を集め冷やす方法)したお酒です。

 

比較的アルコール度数の高いお酒が多いので、割って飲むケースがあると思いますが、この際にジュースなどの糖質の多いもので割らずに、「水・お茶」などのカロリーの低いものを選択するようにしてください。

 

ノンアルコールビールは肝臓に無害?

ノンアルコールビール・アルコールテイスト飲料という名前で販売されていますが、肝臓にどのような影響があるのでしょうか?

 

アルコールが含まれていないわけではない

アルコール0%とうたえるのはアルコール度数が1%未満の商品です。
また酒税法ではアルコール1%以上の物を「お酒」としています。

 

国内有名メーカーのほとんどが「アルコール0.00%」の商品を出していますが、まれに0.5%や0.9%という商品もあるので注意が必要です。

 

糖質が高い場合も

糖質を含むノンアルコールビールもあります。
2〜3g程度ですが、普通のビールは含まれていない商品もあるので、糖質が気になる場合は逆に脂肪肝などのリスクを上げてしまう可能性もあります。

 

アルコールを飲まないのに肝臓数値が悪い場合はどういうこと?

肝臓数値が悪くなる理由は、アルコールだけが原因とは考えられません。

 

アルコールを飲まない方でも肝臓数値は悪くなります。
非アルコール性脂肪肝炎(NASH/ナッシュ)と呼び、肥満糖尿病、投薬等が原因とされています。

 

改善するには、栄養バランスがよく低カロリーな食生活、適度な運動などが必要になります。

 

肥満や血糖値が高い人はアルコールを飲まなくても注意して、定期的に血液検査を受け肝臓数値を確認しましょう。

 

 

アルコールを飲むことで起きる症状の解説

倦怠感

 

疲労感を感じる物質のアンモニアが処理されにくくなるので、倦怠感となって表出します。

 

飲酒によってアセトアルデヒドが増加し、肝臓はアセトアルデヒドの処理に追われてしまいます。すると、アンモニアの処理が遅れてしまい、どんどん体内に蓄積されていくので「疲れた」と体は感じるようになります。

 

⇒疲れと肝臓の関係

 

筋肉・関節、節々が痛い

飲酒によって筋肉が痛いと感じるのは「急性アルコール筋症」と呼び、原因はビタミン不足によるものです。(別名:ミオパチー)

 

肝臓でアルコールを分解するのに使われる栄養素のひとつがビタミンです。体内にあるビタミンが減少すると筋肉の繊維が切れてしまい、筋肉痛となります。

 

毎回お酒を飲むと筋肉痛になる場合は、飲酒前に野菜ジュースやサプリ等のビタミンを摂取しておくといいです。

 

二日酔い

アセトアルデヒドが二日酔いの原因のひとつです。
アセトアルデヒドが体内に残っていると、吐き気疲労感頭痛だるさの症状があり、二日酔いと言われます。

 

アセトアルデヒドの分解を早めるためにはごまやしじみ、ひまわりの種が効果的です。

 

⇒二日酔い対策法へ

 

アルコールを飲むと肝臓に痛みが出る?

肝臓には神経がないので痛みを感じることがありません。
ですから、アルコールを飲んでも肝臓に痛みが出ることはないです。

 

ただし、肝臓がんが進行し、肝臓の周りにある膜(肝皮膜)が伸びることによって痛みを感じる受け口が刺激を受け痛みを感じます。

 

この場合の痛みは、肝臓が痛いというよりも内蔵全体が痛いと感じることが多く、肝臓がんがかなり進行している可能性が高くなります。

 

 

アルコールによって引き起こされる肝臓の病気

脂肪肝

 

脂肪肝は、肝臓が30%以上脂肪化されたことをさします。

 

血液検査で脂肪肝の検査が可能です。

 

・AST,ALT 31以上
・y-GTP 男性51以上 女性31以上

 

上記の数値であると、脂肪肝等の肝臓に疾患がある可能性が高くなります。医師の指示に従い、再受診や生活改善などを行ってください。

 

⇒より詳しい脂肪肝ページへ

 

肝硬変

肝硬変は肝臓が硬くなり小さくなり、正常な働きができなくなります。
脂肪肝から肝炎肝硬変肝臓がんの順番で進行してきます。

 

また、アルコールが原因の場合は、アルコール性肝硬変ともいいます。
明確な治療法も少なく、食事制限や禁酒等が主になり、肝硬変を患った多くの人が肝臓がんに進行しています。

 

 

肝臓をいたわるために行いたいこと

おすすめの食べ物・成分

しじみ

しじみには肝臓をいたわるタウリンやオルニチンが含まれています。どちらも肝臓を活性化し働きを助けてくれる有効成分です。

 

しじみは毎日の食事に取り入れるのが少し難しく感じるかもしれませんが、インスタント食品としても販売されているので活用してみてください。

 

牡蠣

牡蠣はタウリンや亜鉛、グリコーゲンを豊富に含んでいます。
タウリンは、中性脂肪を排出する働き、亜鉛は、肝臓がアルコールを分解する際に役立つ成分です。また、グリコーゲンは肝臓に蓄えられ体を動かすエネルギーを作る役割があります。

 

⇒牡蠣がもつ4つの肝臓への効果とは?

 

えだ豆

 

枝豆は脂肪肝を防ぐサポニンやレシチン、良質のたんぱく質を含んでいます。
また飲酒時の肝臓に働きかけ、二日酔い防止にも効果を発揮するなど肝臓に良い効果のある食品です。
冷凍食品として年中販売されているので、冷凍庫に常備しておくと便利に活用できます。

 

お酒・アルコールを飲んでいる時にできる取り組み

お水をたくさん飲む

お水を飲むことによって、二日酔いや悪酔いの原因となる脱水症状血中アルコール濃度の急上昇はお水を摂ることによって防止できます。
場の雰囲気でお水だけを注文しにくい時は「チェイサー」としてお水をもらうようにしましょう。

 

サプリメント等の活用

 

お酒を飲んでいる間に二日酔い防止のドリンクを飲むのは、タイミングもつかみにくいですし、カバンに忍ばせておくのにも不便です。サプリメントはポケットにも入れられるので、トイレに行く時などにごまかして飲酒中にも飲んでおきましょう。

 

おつまみを工夫

飲酒時のおつまみを工夫してみましょう。
枝豆はビタミンCが豊富でアルコールの代謝を手助けします。
チーズは胃壁を守り、肝機能を向上させアルコール分解の手助けします。

 

このような肝臓などの働きを手助けするおつまみは、あさりや冷奴、トマト等があります。

 

 

その他肝臓にまつわるあれこれ

ウコンの力って効果あるの?

ウコンの力に効果はありますが、デメリットがあるのでサプリメントの方がおすすめです。

 

ウコンの力の主力成分であるウコンに含まれるクルクミンは、吸収率が低く、また含有量も少ないので、効果を発揮するのに時間もかかってしまいます。

 

サプリメントであれば、クルクミン等の栄養素も豊富に含み、吸収率もよくなるように工夫されて製造されてるのでお勧めです。

 

サプリメントは飲むとかえって良くないの?

サプリメントは、以下のような方でない限り有効的です。

 

・毎日大量の飲酒をしている方
・アレルギー等があり、サプリメントが向いていない方

 

サプリメントは健康的な体を維持する、取り戻すために補助をしてくれる食品ですから、薬とは違うので比較的誰でも飲むことができ、体によい働きをしてくれます。
ですから、体に異常がない限りは良い効果を発揮してくれます

 

 

お酒・アルコールの注意点

お酒・アルコールを飲み続けてもお酒に強くならない

飲酒を続ける事によってお酒に強くなることはありません。
なぜなら、アルコール分解時に発生するアセトアルデヒドを分解する酵素は、生まれつき決まっていて増やすことができないからです。

 

ですから、無理に飲酒を続けても全く意味がないので、楽しく飲むコツをつかむ努力をしましょう。

 

休肝日を設けましょう

諸説ありますが、休肝日は週に2日程度必要とされています。
肝臓を休ませることによって、脂肪肝等の肝臓の疾患の予防やアルコール摂取によって肝臓に溜まった中性脂肪の排出を促すこともできます。

 

また、アルコール依存症の予防などもできるので積極的に取り組みましょう。

 

 

お酒・アルコールと肝臓情報まとめ

 

お酒やアルコールと肝臓の関係についてまとめました。
肝臓は、飲酒によって解毒を行い、体を正常に保ってくれる働き者です。しっかりと休肝日を作ることによって体本来の力を発揮できるようになるので、肝臓と飲酒、どちらも上手にお付き合いして下さい。

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

肝臓の働きまとめ
総ビリルビンと深い関係がある肝臓。その肝臓は体のどのような働きをになっているのでしょうか?
ストレスは肝臓にも影響を及ぼす
総ビリルビンを高めてしまう肝機能低下。肝機能を低下させてしまうものにストレスも関係するってしていましたか?こちらで詳しく解説しています。
最も重要な食生活
総ビリルビンは肝臓からのメッセージ。弱っていると総ビリルビンが高くなります。肝臓によい食生活を心掛け、肝機能を高めて総ビリルビンを下げましょう!
タバコは肝臓を殺す
総ビリルビンは肝臓の状態によって高くなったり低くなったりします。その肝臓にダメージを与えてしまうものに、なんとタバコが含まれるんです。 意外と知らないタバコと肝臓の関係をご覧ください。