お酒は肝臓に負担をかけ、総ビリルビンを高める

 

酒は百薬の長とも言われているので意識はないかもしれませんが、人体にとってお酒は異物で有害です。

 

体内にアルコールが侵入すると、肝臓はそれを分解しようとし、その産物として
アセトアルデヒド」が生まれます。これはとても猛毒で、肝細胞にダメージを与え、直接的に肝臓を壊す働きをもっています。

 

壊されてもある程度は自己再生能力が働きますが、続けてアルコールを摂取していると、肝臓に脂肪が蓄えられてしまいます。これがアルコール性脂肪肝です。

 

量にすると、
・ビール大3本
・ワイン6杯
・ウィスキーダブル3杯
を5年以上続けた場合、そのリスクが飛躍的に高まります。

 

 

アルコールによって肝臓がダメージを負ってしまうと、当然ですが総ビリルビンが高くなります

 

こんな状態になったとしても、肝臓は痛みなどの症状をきたしません。

 

偶然、総ビリルビンの数値によって肝臓の異変に気付けた時は、
速やかに総ビリルビンを下げる生活習慣に変えるべきと言えるでしょう。

 

→総ビリルビンを下げるなら〇〇が一番効果的?!

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

肝臓の働きまとめ
総ビリルビンと深い関係がある肝臓。その肝臓は体のどのような働きをになっているのでしょうか?
ストレスは肝臓にも影響を及ぼす
総ビリルビンを高めてしまう肝機能低下。肝機能を低下させてしまうものにストレスも関係するってしていましたか?こちらで詳しく解説しています。
最も重要な食生活
総ビリルビンは肝臓からのメッセージ。弱っていると総ビリルビンが高くなります。肝臓によい食生活を心掛け、肝機能を高めて総ビリルビンを下げましょう!
タバコは肝臓を殺す
総ビリルビンは肝臓の状態によって高くなったり低くなったりします。その肝臓にダメージを与えてしまうものに、なんとタバコが含まれるんです。 意外と知らないタバコと肝臓の関係をご覧ください。