女性の肝臓情報【肝臓数値への影響など】

 

肝臓の病気のなかでもアルコール性肝障害は女性に多く見られる病気です。

 

 

近年、女性のお酒の消費量は男性の消費量と比べてもそん色ないくらいに増えてきています。

 

会社での飲み会や、女子会などでお酒と共に盛り上がるのは珍しくありません。

 

しかし、女性は男性に比べてアルコールに対する分解スピードや影響などが表れやすいという特徴があります。
そのような理由で、いま女性を中心としてアルコール性肝障害が急増しています。

 

 

なぜ女性のアルコール性肝障害が多いのか?

 

そこには女性ならではの理由がありました!

 

女性は肝臓に負担がかかりやすい

 

男性と女性では肝臓の機能に大きな差があります。

 

アルコールは肝臓の働きによって分解・代謝されますので、肝機能が低ければ当然、アルコール性肝障害になるリスクも高くなります。

 

 

女性は男性と比較すると身体が小さく、筋肉量も少ないですよね。

 

じつは、アルコールは肝臓以外にも、筋肉によって分解されています。
筋肉量が少なく、肝臓が小さい女性がアルコールを分解しようとすれば、肝臓の負担が大きくなるのは当然です。

 

 

肝臓に負担をかけると脂肪肝や肝炎になり、肝機能の数値も高くなります。

 

女性特有の病気の原因になりますので、予防や対策が重要になってきますね。

 

肝臓病を予防するための対策

 

肝臓病を予防するためには肝機能をアップさせる必要があります。
対策としては

 

・肝臓に良い栄養素をバランスよく取り込む
・アルコールやタバコを減らす
・運動を心がける

 

などが考えられます。

 

肝臓にダメージを与えるアルコールやタバコは控えるようにしましょう

 

また、オルニチンやウコン、タウリンなどの栄養素は肝機能をアップさせる作用があります。
しじみや牡蠣などに多く含まれていますので、摂取するようにするとグッドです。

 

運動について

 

運動は肥満を予防し、脂肪燃焼しながら筋肉量を増やすことができます。

 

しかし、女性は運動が苦手という方も多く、どうしても不足しがちですよね。
ジョギングやウォーキングする時間が確保できないという場合には、サプリメントを飲む方法がオススメです。

 

肝機能をアップさせてくれるサプリメントは時間や場所を選びませんし、低カロリー低コストで有効成分だけを取り込むことができるので非常に便利です。

 

オルニチンはしじみに多く含まれていますが、肝臓病予防に必要な摂取量をとろうとするとかなりの量を食べなくてはなりません。
それでしたらサプリメントで摂取したほうがずっと効率が良いです。

 

 

じつはオルニチンは肝臓の働きを高めるのと同時に、基礎代謝を高めてくれる働きがあるのでダイエットにも有効です。

 

もし、肝臓の働きが気になる女性はサプリメントを上手につかってみてください♪

 

⇒当サイト推奨【オルニチン】サプリメントベストBへ

お悩み別肝臓情報解説

お酒タバコ

食事と肝臓

肝臓病の種類

>>クリック

>>クリック

>>クリック

有効成分

肝臓数値情報

脂肪肝

>>クリック

>>クリック

>>クリック

当サイト推奨肝臓サプリメント情報はこちら

 

関連ページ

総ビリルビンとは
総ビリルビンとは?総ビリルビンは体内でどう生成され、どのような形で体の外に排出されるのでしょうか?関係する内臓は?これを見れば全てがわかります。
間接型(非抱合型)ビリルビンとは?
総ビリルビンは2つのビリルビンに分けられるのですが、こちらではそのうちの間接型(非抱合型)ビリルビンの意味や基準値などの情報を纏めています。
直接型(抱合型)ビリルビンの意味
直接型(抱合型)も総ビリルビンを形成する2つの物質の一つ。直接型(抱合型)ビリルビンが多い場合、どういうことなのか、その生成過程などについて説明しています。
正常値ってどれくらい?自分は大丈夫?
総ビリルビンは生きている人なら誰でも作られる成分です。しかし基準値よりも高かったりするとそれは病気のサインかもしれません。
肝臓の検査は何科で行うの?
肝臓の検査は何科に行けばいいか、検査内容や費用について紹介しています