総ビリルビンが高いんだけど、基準値ってどれくらい?

 

【総ビリルビンの基準値】

 

 

1.6〜2.0mg/dLの高値だったら(軽度な基準値越え

 

総ビリルビンは一時的に高値を示すことがあります。案外再検査の時に高値だった総ビリルビンが基準値以内に戻るときもあります。不安な場合は、肝臓を高める取り組みが有効でしょう。

 

 

3.0mg/dL以上の高値(かなり高めの数値

 

基準値よりも倍の数値を示した場合は肝臓や胆道・胆嚢などの器官に何らかの異常や疾患がある可能性が高くなります。
速やかにかかりつけの医師に相談しましょう。

 

20mg/dL以上の超高値(異常値

 

この場合は、病気が発症し、進行している可能性が高い状態になります。
ただちに医師に相談し、治療を開始する必要があると言えます。

 

 

【総ビリルビンの異常値と病気の関係】

 

総ビリルビンの基準値が1.3mg/gL以上ある場合、次の疾患(病気)が考えられます。

 

・高ビリルビン血症
・溶血性貧血
・急性膵炎
・慢性膵炎
・膵臓癌
・胆嚢結石
・胆管炎
・うっ血肝障害
・閉鎖性黄疸
・体質性黄疸
・肝臓癌
・肝硬変
・脂肪肝
・敗血症

 

 

【見た目の症状は?】

 

ビリルビンは黄色い色素です。そのため、正常に体外に排出されず、血中など体内に留まると白目・肌・皮膚などが黄色く感じることがあります。
以前から総ビリルビンが高いと言われていて、何かおかしいな?と思ったらすぐ、検査を受けましょう。

 

総ビリルビンの数値は、「気にする気にしない」の話を除いて、何らかの原因によって引き起こされているのは間違いありません。
こちらではその総ビリルビンを高くする疾病について説明しているので、合わせてご覧ください。
→総ビリルビンを高くする疾病の詳細

関連ページ

総ビリルビンとは
総ビリルビンとは?総ビリルビンは体内でどう生成され、どのような形で体の外に排出されるのでしょうか?関係する内臓は?これを見れば全てがわかります。
女性は肝臓数値が高くなりやすいんですか?どんな理由がありますか?
女性の肝臓と数値が比較的高くなる理由について解説しています。女性は男性に比べて肝臓の働きは弱く、肝臓数値が高くなる傾向にあります。
間接型(非抱合型)ビリルビンとは?
総ビリルビンは2つのビリルビンに分けられるのですが、こちらではそのうちの間接型(非抱合型)ビリルビンの意味や基準値などの情報を纏めています。
直接型(抱合型)ビリルビンの意味
直接型(抱合型)も総ビリルビンを形成する2つの物質の一つ。直接型(抱合型)ビリルビンが多い場合、どういうことなのか、その生成過程などについて説明しています。