総ビリルビンって何?

 

◆総ビリルビンとは?

 

総ビリルビンは、「直接型ビリルビン」と「間接型ビリルビン」の合計値です。

 

ビリルビンというのは、血液内にある赤血球(ヘモグロビン)から生成されます。
ヘモグロビンは約120日でその寿命が訪れ、破壊されます。

 

破壊されたヘモグロビンは「ヘム」「グロビン」の2つに変わり、その後
酵素によって「ヘム」と「ビリルビン」に姿を変えます。この時生成されるビリルビンを
間接型(非抱合型)ビリルビン」と呼びます。

 

また、血液を介して肝臓に運ばれた「間接型ビリルビン」は、胆汁(酵素)の働きによって
直接型(抱合型)ビリルビン」に変化します。
その後、便や尿の一部に混ざり、体外へ排出されます。

 

 

◆総ビリルビンが高値だったら何が考えられるのか?

 

総ビリルビンが基準値よりも高値だった場合、考えられるのは2つです。

 

@肝機能障害
A胆管障害

 

どちらもなくてはならない働きをもつ臓器の一つです。
つまりいずれかの検査を病院で行う必要があります。

関連ページ

女性は肝臓数値が高くなりやすいんですか?どんな理由がありますか?
女性の肝臓と数値が比較的高くなる理由について解説しています。女性は男性に比べて肝臓の働きは弱く、肝臓数値が高くなる傾向にあります。
間接型(非抱合型)ビリルビンとは?
総ビリルビンは2つのビリルビンに分けられるのですが、こちらではそのうちの間接型(非抱合型)ビリルビンの意味や基準値などの情報を纏めています。
直接型(抱合型)ビリルビンの意味
直接型(抱合型)も総ビリルビンを形成する2つの物質の一つ。直接型(抱合型)ビリルビンが多い場合、どういうことなのか、その生成過程などについて説明しています。
正常値ってどれくらい?自分は大丈夫?
総ビリルビンは生きている人なら誰でも作られる成分です。しかし基準値よりも高かったりするとそれは病気のサインかもしれません。