総ビリルビンと下げる具体的な方法

 

高い総ビリルビン値を下げる方法としては、
@生活習慣を変える。
A肝機能の向上を図る。
という二つの側面からアプローチしなければなりません。

 

 

肝臓に負担をかける生活習慣

 

現代人における肝臓への負担の原因は
・アルコール
・喫煙
によるものです。
よって【アルコール】【喫煙】を止める・減らすことが、肝機能を本来の働きに戻す為にとても重要です。

 

【アルコールの有害性】
アルコールには人体にとても有害な「アセトアルデヒド」という成分が含まれています。これを無害化するために肝臓はあなたに代わって働きます。
しかしこの「アセトアルデヒド」は、無害化する工程で、肝細胞を殺してしまいます

 

ある程度であれば自己再生能力によって回復しますが、過度の飲酒、習慣的な飲酒はその再生能力を超えて肝細胞を死滅させ、結果的に肝臓の機能が低下します。

 

 

【喫煙の有害性】
喫煙は一見肝臓との関わりがないと思われがちですが、実はその逆です。

 

喫煙は血液をドロドロにする作用を持っています。ドロドロの血液は流れがスムーズではない為、血中の栄養素を細胞の隅々に行きわたらせる働きが鈍ります。
肝臓には1時間あたり、なんと約90Lの血液が絶えず流入し、血中の毒素(ビリルビン等)を処理します。
この時、血液がドロドロで流れが悪いと体にビリルビンなどの毒素が処理しきれず、結果、総ビリルビン値の高値を招きます。

 

また、タバコには血管を収縮させる作用もあります。ドロドロの血液を細く収縮した血管の中を通るためには血圧を上げねばならず、結果的に心臓の負担にもつながります。

 

 

これらの有害性があるため、喫煙や飲酒を控える、又は減らす必要があるのです。

肝臓の働きを高める簡単な〇〇とは?!

 

前回お話ししたのは【肝機能を本来の働きに戻す方法】でした。

 

次にこちらでは、【肝臓の働きを強化する方法】をご紹介します。

 

 

 

肝臓の働きを強化する方法は、食事を見直すことです。
しかし、単に食事と言っても、肝臓に有効な成分を摂らなければなりません。

 

 

肝臓の働きを高める為に摂りたい「しじみ・牡蠣」

 

誰もが肝臓に良い食品は?と言われると、「しじみ」や「牡蠣」などを思い浮かべると思います。
これは間違いではなく、実は科学的にも立証されています。

 

 

「しじみ・牡蠣」が良いとされているには理由がある。

 

「しじみ・牡蠣」には
・アミノ酸(オルニチン・タウリン・コハク酸・チアミン)
・豊富なビタミン(ビタミンB1・B2・D)
・ミネラル成分(カルシウム・リン・鉄・コバル)
・グリコーゲン
が他の食べ物よりも豊富に含まれています。

 

中でも【オルニチン】は肝機能を高めるにあたって留意すべきポイントです。

 

 

 

なぜ「オルニチン」が有効なのか?

 

「血中からビリルビンを取り除く」などの働きである肝臓の解毒機能は、オルニチンが深く関係しています。

 

肝臓の解毒機能は実は【オルニチンサイクル】という仕組みによって行われています。
【オルニチンサイクル】とは、肝臓に運ばれた有害物質を無害化する一連の流れを指します。

 

この【オルニチンサイクル】の燃料となるのが、「オルニチン」というアミノ酸です。

 

 

オルニチンを使った実験結果
 
“「オルニチン」が総ビリルビンを下げるのか”については、既に【オルニチン研究会】という研究機関が調査済みです。

 

約3週間、被験者に毎日オルニチンを摂取してもらった結果、ほぼ全ての被験者の総ビリルビン値が減少

 

 

という結果が得られたそうです。

 

今ではテレビの健康番組でもオルニチンの特集が組まれるなど、これからより注目される事は間違いないでしょう。

 

 

「オルニチン」の必要摂取量について

 

オルニチンを豊富に含む食品1位は「しじみ」です。食パンのオルニチン含有量は100gあたり0.5mgです。
対して「しじみ」のオルニチン含有量は驚愕の100g当たり15mg。約30倍のオルニチンを含んでいます。

 

しかし重要なのはオルニチンの必要摂取量です。
オルニチンの必要摂取量は一日400mg〜1000mgと言われています。
これはしじみでいうと約2.6〜7kgになります。

 

価格(国産)が1kg=2,000円ほどだとすると、約4,000円以上もする計算になります。

 

 

いくら肝臓に良いと言っても、毎日しじみを食べるのは飽きてしまいますし、調理的・精神的・経済的にも続けられる方は少数派です。
そんな方が始めているのが、しじみの成分を凝縮したサプリメントです。

 

総ビリルビンを下げる効果があるサプリメントご紹介

 

こちらでは「しじみ」や「牡蠣」の成分を凝縮した、肝機能を高めたい人が実際に買っているサプリメントをご紹介します。

 

 

【サプリメントの有効性】
 
@成分
肝機能サプリメントが選ばれている最大の理由は、その成分です。

 

サプリメントの種類にもよりますが、総ビリルビンを下げる働きがある「オルニチン」以外にも、「タウリン」や「スクワレン」、そのほかにも人体で生成することが出来ない「必須アミノ酸9種類」が全て含まれているものもあります。

 

 

A価格
しじみでオルニチンを摂取しようとすると、お話ししたように一日4,000円以上かかってしまいます。とても非現実的です。

 

しかし、サプリメントは、種類にもよりますが一か月1,000円前後のものが大半です。一日当たりに換算すると、安いもので約30円から試すことができます。これが「成分」に次いで選ばれているポイントです。

 

 

B手ごろさ
オルニチンを摂ろうとすると、一日2kg以上食べなければなりません。しかし、サプリメントは小指の爪にも満たない小さいカプセルです。それを一日数粒飲むだけで、肝臓に必要な栄養素を補う事ができます。

 

また外出先でサッと取り出したり、飲み会前に補給したりと、携帯性にも便利なのが「成分」「価格」に次いで選ばれている理由です。

 

 

 

【最後に】
最後までお読みいただいてありがとうございます。
最後に、“肝機能サプリメントにチャレンジしている方”が実際に選んでいるサプリメントをランキングにしました。

 

特に1位のサプリメントは通常価格5,980円が、今なら980円で購入することが出来るので、管理人の私からもお勧めさせていただきます。

 

 

 

 

レバリズム・Lの特徴

国内静岡県産の「しじみエキス」は必須アミノ酸であるオルニチンが数ある食品の中でもトップクラスです。 さらに、岡山県産の「牡蠣エキス」・千葉県産のアイザメの肝油に含まれる「スクワレン」も配合され、肝臓機能と血液サラサラ効果の2つを1粒で得られるこれまでにない肝臓健康サプリメントです。 オルニチンサプリメント評価はなんと第一位。男女問わず97%の方々が満足しているオススメサプリメントです。

価格 モニター価格 税込980円
評価 評価5
備考 モニター価格は先着500名様限定
 

95%が大満足!【肝パワーEプラス】の特徴

■特徴
【肝パワーEプラス】の最大の特徴は、全ての材料に国産を使用している事。
ニンニク→長野県産
牡蠣→広島県産
南高梅→紀州産

さらに、その製法にもこだわっており、以下の安全指標に準拠しています。
・ハイクオリティ認証※1
・GMP取得工場での製造※2
※1 高品質と安全性が高いと第三者機関が定める指標
※2 厚生労働省が定める「品質管理基準」に適合した安全な工場の指標

■価格・キャンペーン情報
【肝パワーEプラス】は3粒5袋入り(約5日分)で、ただいま割引キャンペーン中です。通常価格1500円(外税)980円で購入することができます。このキャンペーン中に購入すると、送料と手数料が無料になるので、キャンペーン期間中の購入をお勧めします。

■こんな方に特におすすめ!
肝臓の数値が気になる方以外にも、
・数値を気にせずお酒を楽しみたい
・肝臓をはじめとして健康を増進したい
・お酒も飲みつつ、肝臓を労わりたい
こんな方々が【肝パワーEプラス】を始めています。

■愛用者の声
・お酒を飲んだ次の日も、一日の始まりがすっきり!初めて実感できるものに出会えました!
・上司にお酒を誘われても数値の心配をしなくて済むようになりました!いつも携帯しています。
・目覚めが違うという口コミを疑ってた私が間違っていました。サプリメントでここまで変わるのかと、驚いています。

価格 感謝価格980円
評価 評価4
備考 感謝価格は100名様限定!【手数料・送料】無料!
 
【やわたのしじみの力】の特徴

八幡物産株式会社【やわたのしじみの力】は、日本で一般的な「大和しじみ」ではなく、栄養素が「大和しじみ」の2倍と言われる「黄金しじみ」をのみを使用しています。 「やわたのしじみの力」には黄金しじみ約30個以上のエキスを5粒に凝縮しています。 オルニチン・Lシステインなどの栄養素は50種類以上も含まれています。さらに、独自の「肝臓エキス」も300mg配合されています。 初回半額で1粒あたりとても格安です。「いろんなサプリメントがあって迷う」という方には挑戦しやすいサプリメントとして人気です。

価格 送料無料 税込1,080円
評価 評価3
備考 初回のみ半額・送料無料

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

高い総ビリルビン数値は、あなたに向けた体からのシグナルです。
そのシグナルを受け止めるのも、無視するのもあなた次第です。

 

「今の健康」だけではなく、「将来を見据えた健康」をこの機会に
自分にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

 

更新履歴